バックナンバー

2018
02月(2) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(2) 11月(1)
2017
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2016
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2015
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2014
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2013
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2012
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2011
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2010
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2009
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2008
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2007
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2006
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2005
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2004
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2003
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2002
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2001
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(1) 11月(1)
2000
11月(1)
番組審議会レポート
2017年10月度
エフエム愛知10月放送番組審議会が、去る10月17日、後藤委員長をはじめ委員4名とエフエム愛知関係者が出席して開かれました。今回は平成29年9月10日(日)19:00~19:30に放送された番組「名古屋民放ラジオ5局リレー特別生放送 YumeTube~あなたの夢をラジオがつなぐ~」を試聴し、審議を行いました。

委員からは、「パーソナリティのSEAMOさんが、ゲストの東海オンエアの、ラジオ慣れしていない部分に配慮しながら、進行をしていたのは良かったと思います。他方で、SEAMOさんが自嘲気味に喋って、5局リレーという趣旨があまり伝わらなかったのは残念でした。@FMのオンエアが、番組の途中までの放送だった、というのもありますが、あまり深みのある話はなかったですね。」

「ラジオ局同士が力を合わせて、こういった試みを行う事は、意図としてはすごく理解できます。せっかくやるのであれば、ラジオ放送の中だけではなくて、もっと広くアピールしたら良いと思いました。SEAMOさんは、テンポが良くて、ユーモアも交えていて、良かったなぁと思います。ゲストの東海オンエアについては、私自身は理解できないですが、中高生の方からすると、こういう人たちが人気なのかなとも思いますし、ターゲットが10代の男女という事なので、これはこれで良いのではと思います。」

「SEAMOさんは、ちょっと緊張気味で、名古屋っぽい喋りも強かったですけど、口切れが良いし、勢いがあって、説明も上手でした。途中でクスッと笑ったり、自虐的になるのも、私は良かったと思います。この後に他の局で、リレー形式で放送するという事で、最初に放送した@FMさんは損だと思いました。30分のうちに前置きと、番組の説明に時間を取られて、ちょっとダラダラしたかなと思います。」

「この企画を、5局で成立させる事自体がすごい事だと思いますし、こういう企画を、ラジオの世界でどんどんやっていくのは、良い事だと思います。内容については、最初は色々あるかもしれませんが、こういうものは応援されるべきで、どんどん広がっていって欲しいです。ただ、今回のこの番組に関しては、ノンリスナーの若い世代と、その周辺の既存のリスナー層との橋渡しが、圧倒的に足りなかったと思いました。ゲストの東海オンエアの背景だとか、説明が無いままに話がどんどん展開されて、リスナーにとっては、ゲストの事が掴めないまま進行していた様に感じました。そこが無いと、既存リスナーとしてはどうしても置いて行かれた感が出るので、結果的にチャンネルを変えたり、聴くのを止めるという事に繋がってしまいかねないと、若干残念に感じました。番組に電話出演したリスナーの方が上手く話せなかったのも、今の若い世代の方にとって、公共の電波に出ているという感覚が薄く、ラジオに出演するという感覚自体がない、という事もあると思うので、こちら側が歩み寄っていく部分と、向こう側から歩み寄ってもらう部分を、上手くバランスを保ちながら番組を作るのが必要だと思います。」

などの意見が出されました。

審議内容は、番組関係者に伝達し、今後の番組改善の参考としています。