バックナンバー

2018
02月(2) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(2) 11月(1)
2017
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2016
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2015
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2014
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2013
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2012
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2011
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2010
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2009
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2008
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2007
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2006
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2005
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2004
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2003
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2002
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2001
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(1) 11月(1)
2000
11月(1)
番組審議会レポート
2008年4月度
エフエム愛知4月放送番組審議会が、去る8日、田中委員長をはじめ委員5名とエフエム愛知関係者が出席して開かれました。
今回は、平成20年3月30日(日)午後9時00分〜午後9時30分にかけて放送された番組「大山百合香のSEA OF LOVE」を試聴し審議を行いました。
委員からは「アルバム発売のPRが強く感じられました。番組として成立させるためにはもう少し内容的工夫が必要で、その方が大山さん自身のことも理解出来るでしょうし、語りがあって楽曲を流すという番組を放送する以上は、語りの部分ももう少し深い話があったほうが良いのではないでしょうか。ひとつ引っかかったのは、ハガキを読んだ時にリスナーの名前を見失っていましたが、収録ならばちょっと準備不足なのが否めないという気がしました。スタッフの問題かと思います。この番組は1年ぐらい継続していますが、前回の二千花の番組と比較して聞くと、二千花さんの方がボキャブラリーが豊富なんだなと感じました。セリーヌ・ディオンについてのコメントも面白い感想が聴けなくて、彼女自身の楽曲についても上手にしゃべれていないと思いました。全体的にやはり物足りないという感じがしました。30分番組を彼女自身が喋るには技量的に足りないのかなと思いました。楽曲は素直に聴けていい歌声で良かったのですが、しゃべりについてはもっと勉強が必要だと思います。」、「番組のコンセプトがぼけていると思いました。声の質は落ち着く良い声だし、かわいさもあります。わざと修正しないで、かわいさをアピールしたのかなと思いました。しかし話が何にも残っていないというところを考えると、もう少しどういう話をするか作りこみと打ち合わせを十分に行った方がいいと思いました。」などの意見が出されました。審議内容は、番組関係者に伝達し、今後の番組改善の参考としています。