バックナンバー

2018
02月(2) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(2) 11月(1)
2017
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2016
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2015
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2014
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2013
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2012
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2011
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2010
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2009
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2008
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2007
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2006
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2005
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2004
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2003
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2002
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2001
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(1) 11月(1)
2000
11月(1)
番組審議会レポート
2010年5月度
エフエム愛知5月放送番組審議会が、去る5月11日、田中委員長をはじめ委員7名とエフエム愛知関係者が出席して開かれました。今回は、平成22年4月21日(水)午後9時00分〜午後9時55分にかけて放送された番組「Shikinamiの聲(こえ)」を試聴し審議を行いました。
委員からは「国立音大出身の3人のメンバーでしっかりした、力のある音楽家たちの番組で非常に風格があり、音楽性とさわやかさ、とても健全で知性を感じられる番組だという感じが非常しました。聴いていてとても安心しました。けれども、時々3人のトークが内輪の話になり間延びする感じになりますね。つまらなくなってくるのはしょうがないかなという感じがしますが、主でしゃべっている堤さんは声が非常に聴きやすく上手にまとめていました。合いの手はいらないのではないかと思いますので、もう少し整理して、進め方もまとめておくと良いと思います。即興のメッセージソングはどこかで聞いたような曲のような気もしますが、いい曲だと思いました。20〜40代の人が最後まで聞いてくれるかな?という感じがしました。弓の話、フレットの話、馬の毛よりも棒の方が値段が高いという話は非常に興味がありましたし、面白く聴けました。あと、“シキナミ”という言葉の連呼がちょっとしつこく感じました。」「全体的に癒されて良いなぁと思ったのですが、放送時間が水曜日午後9時〜9時55分という時間帯だと聴いていて眠たくなってしまうような気がしました。日曜日の夕方や朝の方が良いのではないかと思いました。3人のトークが若干内輪盛り上がり的になるのが少し気になりました。」「曲を1曲まるごと流している感じですね。少し長いように思います。歌詞があれば全部聴くのはわかるのですが、インストルメンタルの曲だと繰り返しになることが多いので間延びした感じを受けます。曲の間延びとトークの間延びの感じが両方あって、もう少し整理するなり、せっかく若い方たちで伝えたいことがたくさんあると思うので、もう少し欲張りにプログラムを盛り込んだ方が良いと思います。あと好みだと思いますが、お互いを「先生」とふざけて呼び合っていて、それもファンからすれば面白いことで、仲の良い表れの一つだとは思うのですが、逆に年配の方々でそういうことに対して敏感な方にとってはあまり耳障りのいい使い方ではないし、少し繰り返しが多かった点が気になりました。」「音楽は正統派で安心して聴けましたが、番組スタートしてから3回目ということもあるのかもしれませんが、トークについてはもっと意識をした方が、もっと音楽も生きてきて良い番組になると思います。せっかく正統派の音楽家たちなので、正当派の音楽の話を織り交ぜると面白いと思いました。弦の話は面白かったです。思わずじっと聴きました。ああいうアイディアは良いと思いました。即興の話、実際にその日にやっているというのはすごいなと思いました。その辺りもせっかくなので本当に即興だというその凄さを伝えると良いと思います。HPから聞けるということですが、リクエストしてくれた人にプレゼントされるといいですね。これからの3人の話が整理されてよりよくなっていくのを期待しています。」「生演奏と生音というコンセプトは非常に良いと思いますが、トークが間延びしているところもありますし、一人が何かをキーワードを言うと、それにみんなが追随するという場面が何度かあったので、それを注意していくと、今後回を重ねる毎にトークは良くなっていくと思いますので、それに期待して良い番組を作って頂きたいと思います。」「トークについてはみなさんのおっしゃる通りだと思います。一つ気になったのは、生演奏の部分ですが、非常に誰かの曲に似てると思いました。どこまでが著作権で、どこまで似ていれば・・・ということをかなりスタッフが意識をし、厳密にしないと、後でトラブルになるようなことは良くないと思います。ましてや今後CD化などを考えているならばなおさらですね。どこまでがコピーといわれるのかわかりませんが、知ってる人が聞くと「真似てないか?」と捉えられる曲だったので、スタッフ一人二人では難しいかもしれませんが、デリケートに扱わなくてはならないと思いました。」「55分番組にしては、長く感じるかもしれないなと思いました。弦の話とか音楽の話は興味深いものがあったので、そういう話をもっとたくさん入れると、また聴いてみたいなと思いました。3人の掛け合いは下手な感じですね。司会の子は上手だけれど、発音も悪くて早口で聞き取れない点があるので、もう少しゆっくりはっきり話してほしいと思いました。フリートークの方向性が打ち合わせされていれば落とし所が決まってくると思うのですが、行き当たりばったり的な感じがしました。あとは面白い番組だったと思います。55分番組の中で6曲ぐらいオンエアというのは、かなり少ないですね。曲とトークのバランスが均等になっているので、メリハリをつけて、トークはトークで圧縮させたりとか曲は曲で2曲ぐらい続けてみたりとかして、少し変化を付けてみると良いかもしれませんね。」などの意見が出されました。審議内容は、番組関係者に伝達し、今後の番組改善の参考としています。