バックナンバー

2018
02月(2) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(2) 11月(1)
2017
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2016
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2015
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2014
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2013
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2012
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2011
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2010
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2009
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2008
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2007
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2006
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2005
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2004
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2003
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2002
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2001
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(1) 11月(1)
2000
11月(1)
番組審議会レポート
2005年6月度
エフエム愛知6月放送番組審議会が、去る14日、田中委員長をはじめ委員6名とエフエム愛知関係者が出席して開かれました。今回は5月29日(日)19時から放送された番組「名古屋人はやっぱりシャチだがね〜尾張名古屋はシャチで持つ 金シャチが愛されるワケ〜」を試聴し、各委員からは、「面白かったです。テンポも良く楽しく聞けました。知らないシャチの秘密も知ることができました。」「全体的な進めかたとして講談調だったところが馴染めませんでした。落語の部分にも違和感がありました。対談のパートもあったわけですから、もう少し固い内容でも聞けたのではないかと思います。」「名古屋の人が、こんなにも金シャチにこだわっていたのかな?金シャチってこんなに大事にされていたのかな?と思いました。名古屋弁はきらいではありませんが、ここまでベタベタだとちょっと聴きづらいというのがあります。」「金シャチというテーマで、これだけきっちりと番組を作られたところを評価したいと思います。ただ、番組の内容は名古屋城博の内容と同じようなところが多く、名古屋城博に出かけた人にとっては新しい情報があまりなかったのではないでしょうか。いかにも名古屋の金シャチの番組という感じでした。もう少しクールなイメージで番組を作られると面白かったのではないかと思いました。」「もう少し突っ込んだ話が聞けるかなと思ったのですが、表面的なところが多かったという感じがしました。こういう特別番組で制作力をどんどん高めていって頂きたい。場合によっては、制作に当たって放送局以外の人たちの意見、聴取者のアイデアを参考にするとか、そういう取り組みもどんどんやってもらって、そこへプロの目を加えると充実した番組ができるのではないでしょうか?」などの意見が出されました。審議内容は、番組関係者に伝達し、今後の番組改善の参考としています。