バックナンバー

2018
02月(2) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(2) 11月(1)
2017
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2016
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2015
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2014
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2013
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2012
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2011
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2010
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2009
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2008
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2007
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2006
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2005
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2004
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2003
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2002
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2001
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(1) 11月(1)
2000
11月(1)
番組審議会レポート
2014年1月度
エフエム愛知1月放送番組審議会が、去る1月21日、田中委員長をはじめ委員5名とエフエム愛知関係者が出席して開かれました。
「今回は2013年12月、2014年1月にオンエアした特別番組の中から、「JFN年末年始特別番組『空を見上げて〜明日へのチャレンジ』」、「FM AICHI NEW YEAR SPECIAL 2014 新春“午(うま)”ラジオ! 馬力全開生放送!!」、「NEW YEAR SPECIAL JOY JOY WAVE リターンズ」についてエフエム愛知側から企画意図や内容を説明しました。

委員からは、「『JOY JOY WAVE』は30年ぶりの復活とのことだが、開局40周年のときの青木小夜子さんの『FMバラエティ』のように、時々、こうした昔の人気番組をリメイクしてもらえると嬉しい。全く同じ番組にしなくても、パーソナリティを替えて、同じような“テイスト”の番組をやったら面白いと思う。それで、コーナーゲストに当時のパーソナリティを呼んで、その頃を振り返る…。そうすると、懐かしさも出るし、若い人も新しく聴けると思う」

「私がFM AICHIを聴いているので、子どもが『ラジオを付けて!』というようになった。ロングセラーのお菓子は、親が食べさせるから子どももファンになる。アーティストもそうで、お母さんに連れられて一緒に行くようになる。それと同じで、最初の入り口として、親が昔の懐かしい番組を聴いて、親が聴くから子どもが聴く…という環境づくりをすることも大事なのではないか」

「以前あった『LET‘Sエコメンド』のような、学生が出演するコーナーもラジオに関心を持ってもらうきっかけにいいと思う」などの意見が出されました。

審議内容は、番組関係者に伝達し、今後の番組改善の参考としています。