バックナンバー

2018
02月(2) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(2) 11月(1)
2017
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2016
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2015
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2014
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2013
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2012
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2011
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2010
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2009
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2008
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2007
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2006
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2005
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2004
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2003
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2002
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2001
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(1) 11月(1)
2000
11月(1)
番組審議会レポート
2014年11月度
エフエム愛知11月放送番組審議会が、去る11月11日、田中委員長をはじめ委員5名とエフエム愛知関係者が出席して開かれました。今回は、平成26年10月30日(木)午後8時00分〜午後8時20分にかけて放送された番組「HARAJUKU KAWAii!! RADIO」を試聴し審議を行いました。

委員からは「非常に元気で明るい番組で、ターゲットの10代〜20代の女性にとってはいろんな情報が聴けるのかなと。ただし、たまに「ん?」と思うような言葉づかいだったり、“先々週”のことを懐かしいと言ってみたり。そういった首をかしげてしまうようなところも。そして、タイトルを聞くと“HARAJUKUカルチャー”情報があるのかなと思いきや、そのキーワードはほとんど出てこなかったのも気になりました。が、全体的にはテンポ良く、20分番組という時間の中で展開していくトークとしては、対象年齢なども考慮するとよくまとまった番組でした。」

「すごく元気があって良いですね。若い子たちは楽しく聴けるんだろうなと。冒頭でマンスリーゲストにこれまでの聞いてきたことを総括的にまとめていたので、聴く方への配慮もあって良かったです。雑誌とのコラボということで、雑誌から興味を持って聴く人もいるだろうし、逆に放送を聴いて雑誌を見てみようと思う人も出てくると思うので良いのではないでしょうか。」

「家で何度か聴いたことがあったんですが、この番組がFM AICHI制作ということを気づけませんでした。確かに“KAWAii”はHARAJUKU発信のカルチャーですが、今やもう”KAWAii“というのは日本全体の若い女の子のカルチャーであれば、当初は”HARAJUKU KAWAii!! RADIO“というタイトルに意味があったかもしれませんが、今は”KAWAii!! RADIO“で良くて、それを愛知から発信していくかたちになっても差支えないのかなと。せっかくFM AICHIから発信しているにので、もっとFM AICHI色を出していけるといいですね。今回の近藤夏子さんが進行していく木曜日に関しては、近藤さんがゲストさんのお話を聞くスタイルなのかなと思ったら、近藤さんのキャラクターが強いので、これは近藤さんの番組なんだなと。ただ、この先のスタイルとしてはもう少しお話を聞く側にまわるようなそういう才能の発揮の仕方もあるかなと。これからいろんな新しい試みがあると良いなと思っています。」

「近藤さんのしゃべり方は関西弁がとても強いんですが、ハキハキと聴きやすかったです。キャラクターもしっかり出ていましたし。ただ、ふたりとも話す内容が少し幼いですね。リスナーと等身大で作っている番組として良いのかなと。」

「リスナーの反応なども紹介して、ラジオを身近に感じてもらうきっかけにしていけると良いですね。」などの意見が出されました。

審議内容は、番組関係者に伝達し、今後の番組改善の参考としています。