バックナンバー

2018
02月(2) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(2) 11月(1)
2017
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2016
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2015
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2014
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2013
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2012
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2011
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2010
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2009
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2008
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2007
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2006
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2005
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2004
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2003
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2002
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2001
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(1) 11月(1)
2000
11月(1)
番組審議会レポート
2011年2月度
エフエム愛知2月放送番組審議会が、去る2月8日、田中委員長をはじめ委員3名とエフエム愛知関係者が出席して開かれました。今回は、平成23年1月23日(金)午後4時00分〜午後7時00分にかけて放送された番組「内藤聡のCountdown DRAGOON」を試聴し審議を行いました。

委員からは「さすが内藤さんというところか、非常に聴きやすい声ですし、掛け合いも内藤さんが主で土井さんがそれにうまく補助していくタイプで、テンポよく聴けました。今日のテーマが名物先生・忘れられない先生のメッセージということで季節にも合っていて良いなぁと思ったのですが、“削除できないあのメール”のコーナーで、これはテーマと共通で恩師からのメールのことかと思っていたので、自分が学生の頃はメールはなくてポケベルの時代だったものですから、僕の時代は考えられない、今の時代でも恩師からのメールってあるのかな? どんなのが出てくるのかな?と思っていたら、結局テーマとは全く関係ない友達からのメールだったということで、このコーナーは必要だったのかなと思いました。今の時代、簡単に携帯の機種変更とかができるので削除できないメールというのがあるのかな? 正直疑問で、流れを妨げているように感じました。それから“どえらい映画(え〜が〜)”コーナーは、今まで聴いた映画のコーナーと違って、ちゃんとパーソナリティが映画を観ていて、その感想、どこが面白かったかを言うというのは非常にすばらしいと思いました。ただ、今回だけかもしれませんが、今回の映画が小説を映画化しているものなので、小説の内容を知っている人であれば良かったかもしれませんが、知らない人にとってはそもそもどういう話なのかがいまいちわかりにくかったので、作品の時代背景や内容をもう少しわかりやすく説明していただけるとより良かったと思いました。 全体的には良い番組だと思いました。」
「特に注文つけるところもなく、無に聴けました。どちらかというと情報番組でしょうから、もっといろいろな情報があった方が良いのではないでしょうか、逆に今回はテーマ(恩師)のインパクトが強すぎたのではないかと思います。今回はうまくまとまってしまった可能性もありますので、そういう意味で今後どっちを求めていくのかを考えられた方が良いのではないでしょうか?FM AICHIだから聴くのではなく、FM AICHIの放送の中身を聴きもらすともったいないとか、聴き逃したくないという意識を持たせる番組を制作していかなくては、以前のように有名アーティストがゲストならファンが聴くという考え方では、聴取者が減っていくのではないかと思います。時には極端に特徴のあるような、絞り込んだ番組など多種多様な番組も必要なのではないかと思います。平生から情報収集をしておくと、良いのではないかと思いました。」
「聴きやすい番組でした。武田鉄矢の話がどこまで行くのかなと思って期待していたら導入だけだったり、今度は恩師の話でどこまでいくのかなと思ったら、恩師の話だけじゃなかったということもあって、それはそれで良いのかもしれませんが、テーマを持ってやっていくというコンセプトを最初にパーソナリティが説明すると、聴いてるリスナーも方向性がはっきり見えて番組に参加しやすいのではないかと思いました。」などの意見が出されました。

審議内容は、番組関係者に伝達し、今後の番組改善の参考としています。