バックナンバー

2018
02月(2) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(2) 11月(1)
2017
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2016
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2015
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2014
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2013
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2012
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2011
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2010
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2009
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2008
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2007
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2006
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2005
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2004
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2003
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2002
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2001
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(1) 11月(1)
2000
11月(1)
番組審議会レポート
2005年3月度
エフエム愛知3月放送番組審議会が、去る8日、田中委員長をはじめ委員5名とエフエム愛知関係者が出席して開かれました。
今回は2月5日(土)21時00分から放送された番組「RYUICHI KAWAMURA SATURDAY LOVE FLIGHT」を試聴し、各委員からは、「ラジオでの恋愛相談番組というとユーミンの番組を思い出しますが、それと比べると相談の中身は他愛ないものが多く、それに対するコメントも優しくて暖かな気持ちになりました。時々生放送という手法も、ファンの方にとっては、その日を楽しみにしたり、得した気分がしたり、なかなか心にくい感じがしました。」「番組の一部をネットで配信してオンエアがない場所でも楽しめるという方法が取られており、河村隆一さんのファンにとってはたまらない番組ではないかと思いました。」「インターネット連動のことですが、率直なところ、ホームページ・デザインが一世代前くらいの雰囲気です。もう少しソフィスティケイトされたデザインであってもいいと思いました。」「番組としては、なつかしさをおぼえると言いますか、若い頃に似たジャンルの番組を聴いたことを思い出しました。きれいにコーディネートされていました。放送時間帯から考えても、非常にきれいなイメージや河村さんの優しい語りかけなど今の路線を変えず、相談の内容があまり深い所に行かないほうがいいのではないかと思いました。恐いのはマンネリ化ですね。」などの意見が出されました。
また、「このホームページは携帯電話からも簡単にアクセスできるのですか?」という質問には、会社側が「スタジオ・ライブ・カメラは、携帯電話でも見られるようになっています。こうしたホームページを作っていていいのは、放送エリア外や海外からのアクセスもあることです。」と答えました。
審議内容は、番組関係者に伝達し、今後の番組改善の参考としています。