バックナンバー

2018
02月(2) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(2) 11月(1)
2017
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2016
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2015
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2014
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2013
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2012
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2011
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2010
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2009
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2008
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2007
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2006
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2005
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2004
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2003
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2002
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2001
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(1) 11月(1)
2000
11月(1)
番組審議会レポート
2015年5月度
エフエム愛知5月放送番組審議会が、去る5月12日、田中委員長をはじめ委員4名とエフエム愛知関係者が出席して開かれました。今回は平成27年5月2日(土) 9時30分〜9時55分にかけて放送された番組「CHEERS PROJECT」を試聴し審議を行いました。

委員からは、「とても社会的意義のある番組だと思いました。ご自宅で子育てをされているお母さんが、孤独感を感じるとか、誰にも助けてもらえないといったような事がある、というのはよく耳にしますし、そういう方に有益な情報を提供してあげられる、という事自体が、この番組の意義のある所ではないかなと思います。」

「パーソナリティの吉川さんの声がすごく爽やかで、聴きやすいと思いました。今回のゲストのように、有名ではないけれども、色々なジャンルで活躍されている女性のお話を聴けるというのは、良いと思います。ただ、言葉の説明であるとか、お店の詳しいデータであるとかを、もう少し入れ込めたらいいのではと思います。」

「意義の大きい番組であるがゆえに、伝え方を間違えると、非常に難しい問題となりえるのではと感じました。吉川さんもすごく言葉の使い方を悩みながら、丁寧に喋っていましたが、今後も、そういう部分の配慮は必要になってくると思います。」

「男性も子育てされることもあるでしょうし、男性に全く無関係の話では無いと思いますので、男性へのアドバイスなど、もう少し男性も引き込むようなものがあると、より色んな人が聴ける番組になるのではと思います。」

「ゲストからいまひとつ話を引き出せておらず、ゲストの方がどんな活動をしていて、どんな理由で活動を始められたのか、よく分からないまま番組が進行している様に感じました。また、ゲストの方のお話に家庭の色が見えず、せっかく「女性を応援していこう」という良いコンセプトがあるのに、今一つ共感が出来なかったです。自分の活動だけでなく、家庭でどう過ごしているのか、周りの方がどうバックアップしているのかなどが分かると、より共感できる内容になると思います。」

「ちょっと時間の無い中で編集をしていたように感じました。ゲストが素人の方なので、緊張もされると思いますし、思ったように喋れない事もあると思います。ディレクターの書いたスクリプトに合わせて話を聞くのではなく、ゆっくり時間をかけて取材をすることが重要でないかと思います。」などの意見が出されました。

審議内容は、番組関係者に伝達し、今後の番組改善の参考としています。