バックナンバー

2018
02月(2) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(2) 11月(1)
2017
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2016
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2015
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2014
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2013
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2012
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2011
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2010
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2009
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2008
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2007
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2006
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2005
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2004
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2003
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2002
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 09月(1) 10月(1) 11月(1)
2001
01月(1) 02月(1) 03月(1) 04月(1) 05月(1) 06月(1) 07月(1) 10月(1) 11月(1)
2000
11月(1)
番組審議会レポート
2004年11月度
エフエム愛知11月放送番組審議会が、去る9日、田中委員長をはじめ委員5名とエフエム愛知関係者が出席して開かれ、今回は10月23日(土)26時00分〜30分に放送された「J-SLASH Rock Will Never Die」を試聴しました。
各委員からは、「3人のメンバー(パーソナリティー)がメンバー同士で話をしていて、聴取者に向かって話をしていない。あくまで相手は聴取者なのだということをパーソナリティーが認識して番組を作られた方が、今後もっと幅広い聴取者を得られることにつながるのではないかと思います。」「60年代70年代のロックが中心の楽曲紹介でなつかしい感じがしました。私より若い世代のパーソナリティーが、そういう楽曲を評価して語るところに興味を持って聴きました。ただ、音楽以外の話題については、ちょっと取って付けた感があり、無理をして話題の幅を広げようとしないで音楽の核心に触れたほうが番組として楽しいのではないかと思います。」「彼らはインディーズ・バンドということですが、名古屋のインディーズ・バンドが名古屋弁で語る番組があっても面白いですね。」「いかにも書かれすぎたというか、放送作家的な押し付けがましいいやらしさがなくて、勝手に3人でしゃべっているというあたりは深夜という放送時間帯を考えると、なかなかいい雰囲気だとも言えるのではないかと思いました。押し付けがましくないところが魅力です。」「野球の話でイチローと関連付けて音楽を流したところは試みとして面白いと思いました。野球選手に限らずスポーツ選手と音楽との関係には様々なものがあると思いますので、その辺を掘り起こすともっと面白くなるのではないかと思います。」などの意見が出されました。審議内容は、番組関係者に伝達し、今後の番組改善の参考としています。