10月28日(水)リニューアル第74回放送
☆『FOOD STYLE NAVIGATION』☆

食のスペシャリティ・プログラム『FOOD STYLE NAVIGATION』。
番組パーソナリティは、名古屋を拠点に活動する人気アイドルユニット「dela」のキャプテン「沢井 里奈」、そして、番組アンカーマンとして、人気繁盛店をはじめとして、約2,500店以上のお店のデザインを手掛ける、愛知県西尾市が生んだスーパー建築デザイナー「神谷利徳」が、プロフェッショナルとしての独自の目線から、時にはユーモアたっぷりに、お迎えするゲストの「事業や店舗運営にかける熱い想い」、「お店づくりや料理・サービスに対するこだわり」に迫ります。


そして、番組が用意した様々なFOOD(食)にまつわるメニューから、元気や情熱をフルコースで発信していきます。
 
☆ 番組内コーナー ☆

★FOOD STYLEジャッジ
あらゆるFOOD(食べ物)に関する「あるある」を、毎週1つピックアップ。沢井さんと神谷さんが超個人的に、“有りか無しか”ジャッジしていくコーナーです。
今回のジャッジ・テーマは・・・
【ポテトフライを嫌いという人を聞いたことがない!】
確かに、ポテトフライはみんな好き!というイメージはありますよね?でも「嫌いな人がいない食べ物」ってあるんでしょうか?リスナーの皆さんは、みんなは好きだけど、自分は苦手という嫌いな食べ物ってありますか?


★イメージ予想レース
毎週お迎えするゲストさんのプロフィール資料などを参考に、その人柄や趣味、好きな異性のタイプなどをイメージして、どんな方なのか お互いに予想していきます。そして、ご本人に どちらのイメージが近いのかを聞いて、より近かった方が、試食コーナー「実食の鉄人」で、好きな物を先にいただけるという特権付きルールとなっています。

★ゲストゾーン
お迎えしたゲストは、愛知県常滑市で「清酒白老・澤田酒造」の六代目 蔵元として、古式伝承を大切にしながら「甑・和釜・麹蓋」を用いて、伝統的な酒づくりを引き継ぐ、澤田酒造株式会社の代表取締役、澤田薫さんです。

澤田酒造さんは、伝統を守り、全量のお酒を昔ながらの製法で造っているのが特徴です。一見非効率な部分もありますが、これは醸造文化をこの地に残すという意味合いもあるそうです。以前は知多半島にも多くの酒造メーカーがありましたが、時代の変化と共に、だんだんと廃れていっているのが現状の中、知多の酒文化を守るという使命感のもと、日々美味しいお酒造りに励んでいらっしゃいます。
最近ではコロナウイルスの影響もあり、「#enjoyhome」と銘打って、家飲みを楽しめるセットをオンラインで販売している他、毎年行っていた酒蔵開放も、今年はインスタLIVEを活用して行うなど、新しい取り組みにも積極的にチャレンジしています。

そんな澤田酒造さんの作る代表的なお酒「白老」は、精米が終わった白米を、洗米の後、水に浸し吸水させ木製の大型セイロを用いて蒸し上げる「蒸し米」の工程から、酒造りの最終段階で、酒母に蒸し米と麹と水を三回に分けて加えていく「モロミ(醪)」の工程まで、昔ながらの製法で製造しています。しっかりと米の旨さを出し、濃醇でありながら、一切雑味を出さないようにこだわっています。
◆澤田酒造 WEBサイト


★実食の鉄人
実食の鉄人『陳 利徳』と『道場 里奈三郎』が、本日のゲストである、澤田酒造の澤田さんにご提供いただいた、清酒「白老」と、おつまみにピッタリの「からしなす」を試食させていただきました。




果たして、実食の結果はどうだったのでしょうか??

 
■ radikoタイムフリー ■

☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!

radiko:FOOD STYLE NAVIGATION配信
   

   
■ 番組へのメッセージ募集中!! ■

番組では、リスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。番組や出演者への応援メッセージ、リクエストはもちろんのこと、FOOD STYLEジャッジのあるあるネタ等々、ぜひお気軽に送って下さいね。

専用応募フォーム
★番組へのメッセージ・リクエストはこちら★
10月21日(水)リニューアル第73回放送
☆『FOOD STYLE NAVIGATION』☆

食のスペシャリティ・プログラム『FOOD STYLE NAVIGATION』。
番組パーソナリティは、名古屋を拠点に活動する人気アイドルユニット「dela」のキャプテン「沢井 里奈」、そして、番組アンカーマンとして、人気繁盛店をはじめとして、約2,500店以上のお店のデザインを手掛ける、愛知県西尾市が生んだスーパー建築デザイナー「神谷利徳」が、プロフェッショナルとしての独自の目線から、時にはユーモアたっぷりに、お迎えするゲストの「事業や店舗運営にかける熱い想い」、「お店づくりや料理・サービスに対するこだわり」に迫ります。


そして、番組が用意した様々なFOOD(食)にまつわるメニューから、元気や情熱をフルコースで発信していきます。
 
☆ 番組内コーナー ☆

★FOOD STYLEジャッジ
あらゆるFOOD(食べ物)に関する「あるある」を、毎週1つピックアップ。沢井さんと神谷さんが超個人的に、“有りか無しか”ジャッジしていくコーナーです。
今回のジャッジ・テーマは・・・
【りんごの皮は回して剥きたい】
秋から冬にかけて旬の「りんご」ですが、皆さんは、りんごの皮は どうやって剥きますか?子供の頃は、りんごを回しながら、皮を長く剥くのがカッコよく見えたり、どれだけ長く伸ばせるか挑戦したり、皆さんも経験あるかと思うんですが、今は、包丁を使わなくても 便利な調理器具で、数秒で皮が剥けたり、一瞬でカット出来たりもしますよね。


★イメージ予想レース
毎週お迎えするゲストさんのプロフィール資料などを参考に、その人柄や趣味、好きな異性のタイプなどをイメージして、どんな方なのか お互いに予想していきます。そして、ご本人に どちらのイメージが近いのかを聞いて、より近かった方が、試食コーナー「実食の鉄人」で、好きな物を先にいただけるという特権付きルールとなっています。

★ゲストゾーン
お迎えしたゲストは、大正15年から養鶏業を始め、現在は、愛知県常滑市で、鶏卵生産販売・洋菓子製造販売・農家レストランの運営を行う、株式会社デイリーファームの専務取締役、市田旭宏さんです。

デイリーファームさんは、元々はひよこ屋さんからスタートしましたが、現在はひよこ孵化は行っておらず、卵の生産が主業で1日に約10~13万個の卵を生産しています。特に飼料には強いこだわりがあり、海藻を加え自然な形でヨードがたまごに移行するよう工夫している他、栄養価の高い卵の生産にこだわっています。直営店としては卵を使ったプリンなど、スイーツを販売する「ココテラス」と卵を使った料理を提供する農家レストラン「レシピオ」を運営。生まれ育った地元常滑への恩返しの気持ちも含めて、こだわりの卵を美味しく楽しめるよう工夫しています。
そんなデイリーファームさん自慢の商品は、飼料の中に10%飼料米を配合した、コクがあって深い味わいの「米たまご」と、植物性たんぱく中心の遺伝子組み換えしていない主原料の飼料で育てた「白たまご」が代表的ですが、「ココテラス」では卵を使ったプリンやカステラ、「レシピオ」ではオムライスなどを楽しむことが出来ますよ。
◆デイリーファーム WEBサイト


★実食の鉄人
実食の鉄人『陳 利徳』と『道場 里奈三郎』が、本日のゲストである、デイリーファームの市田さんにご提供いただいた、専用のお醤油と共に卵本来の味を楽しめる「卵かけご飯」と、市田さんが試行錯誤して開発したココテラスの人気商品「プリン」を試食させていただきました。





果たして、実食の結果はどうだったのでしょうか??

 
■ radikoタイムフリー ■

☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!

radiko:FOOD STYLE NAVIGATION配信
   

   
■ 番組へのメッセージ募集中!! ■

番組では、リスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。番組や出演者への応援メッセージ、リクエストはもちろんのこと、FOOD STYLEジャッジのあるあるネタ等々、ぜひお気軽に送って下さいね。

専用応募フォーム
★番組へのメッセージ・リクエストはこちら★
10月14日(水)リニューアル第72回放送
☆『FOOD STYLE NAVIGATION』☆

食のスペシャリティ・プログラム『FOOD STYLE NAVIGATION』。
番組パーソナリティは、名古屋を拠点に活動する人気アイドルユニット「dela」のキャプテン「沢井 里奈」、そして、番組アンカーマンとして、人気繁盛店をはじめとして、約2,500店以上のお店のデザインを手掛ける、愛知県西尾市が生んだスーパー建築デザイナー「神谷利徳」が、プロフェッショナルとしての独自の目線から、時にはユーモアたっぷりに、お迎えするゲストの「事業や店舗運営にかける熱い想い」、「お店づくりや料理・サービスに対するこだわり」に迫ります。


そして、番組が用意した様々なFOOD(食)にまつわるメニューから、元気や情熱をフルコースで発信していきます。
 
☆ 番組内コーナー ☆

★FOOD STYLEジャッジ
あらゆるFOOD(食べ物)に関する「あるある」を、毎週1つピックアップ。沢井さんと神谷さんが超個人的に、“有りか無しか”ジャッジしていくコーナーです。
今回のジャッジ・テーマは・・・
【勝手に人のお皿に乗せてくる女子】
以前「一口ちょうだい女子」についてジャッジをしましたが、逆に「勝手に人のお皿に乗せてくる女子」も多いと思いませんか?今はソーシャルディスタンスで出来ませんが、相手も食べたいんじゃないか と勝手に決めつけたり、早くお皿を片付けたい時や、苦手な物がある時などに、良かれと思って 人のお皿に 勝手に乗せてしまうことありませんか?


★イメージ予想レース
毎週お迎えするゲストさんのプロフィール資料などを参考に、その人柄や趣味、好きな異性のタイプなどをイメージして、どんな方なのか お互いに予想していきます。そして、ご本人に どちらのイメージが近いのかを聞いて、より近かった方が、試食コーナー「実食の鉄人」で、好きな物を先にいただけるという特権付きルールとなっています。

★ゲストゾーン
お迎えしたゲストは、2009年創業、ドイツの食肉加工品の製造・販売を行う、“ドイツ国家認定 食肉加工マイスターの店”
「AkitaHam(アキタハム)」の、秋田健博さんです。

秋田さんは、プロサッカー選手を目指し渡独。約3年間、チームに所属しますが、膝の怪我と年齢面からサッカーを続けることを断念。その後、日本に帰国する選択をせず、一人バイエルンに残り、ドイツのマイスター制度の元、食肉加工店で修業に入り、その後、マイスター養成施設にて国家資格であるマイスターの称号を取得。ビオ大国としても有名であるドイツの加工品よりも『より安全で安心な加工品を』をモットーにして、結着剤であるリン酸塩や化学調味料、ミックススパイスを使用せず、100年前のドイツのレシピをもとに本来あるべき食肉加工品を追求しています。
◆ドイツ国家認定食肉加工マイスターの店 AkitaHam WEBサイト


★実食の鉄人
実食の鉄人『陳 利徳』と『道場 里奈三郎』が、本日のゲストである、『AkitaHam』の秋田さんにご提供いただいた、自慢の「レバーケーゼ」「ヴィーナー」「シュレマーシンケン」を試食させていただきました。

◆レバーケーゼ
腸詰にしないで、食パンのように生地を型に入れて焼成したソーセージの一種でドイツのソウルフードと言っても良いくらいのソーセージ。

◆ヴィーナー
燻製のスタンダードソーセージ。

◆シュレマーシンケン
もものハム。熟成を促すものを使用していないため、漬け込みに2か月かかる。

果たして、実食の結果はどうだったのでしょうか??

 
■ radikoタイムフリー ■

☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!

radiko:FOOD STYLE NAVIGATION配信
   

   
■ 番組へのメッセージ募集中!! ■

番組では、リスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。番組や出演者への応援メッセージ、リクエストはもちろんのこと、FOOD STYLEジャッジのあるあるネタ等々、ぜひお気軽に送って下さいね。

専用応募フォーム
★番組へのメッセージ・リクエストはこちら★
10月7日(水)リニューアル第71回放送
☆『FOOD STYLE NAVIGATION』☆

食のスペシャリティ・プログラム『FOOD STYLE NAVIGATION』。
番組パーソナリティは、名古屋を拠点に活動する人気アイドルユニット「dela」のキャプテン「沢井 里奈」、そして、番組アンカーマンとして、人気繁盛店をはじめとして、約2,500店以上のお店のデザインを手掛ける、愛知県西尾市が生んだスーパー建築デザイナー「神谷利徳」が、プロフェッショナルとしての独自の目線から、時にはユーモアたっぷりに、お迎えするゲストの「事業や店舗運営にかける熱い想い」、「お店づくりや料理・サービスに対するこだわり」に迫ります。

そして、番組が用意した様々なFOOD(食)にまつわるメニューから、元気や情熱をフルコースで発信していきます。

 
☆ 番組内コーナー ☆

★FOOD STYLEジャッジ
あらゆるFOOD(食べ物)に関する「あるある」を、毎週1つピックアップ。沢井さんと神谷さんが超個人的に、“有りか無しか”ジャッジしていくコーナーです。
今回のジャッジ・テーマは・・・
【コーヒー好き男子はモテる】
ある調査で「男性にはコーヒーを飲んでほしい」と思う女性は66%、また、数あるコーヒードリンクの中でも、「ブラックコーヒーを飲んでいる男性がかっこいい」と思う女性が86%、という結果が出ているんだそうです。皆さんはいかが思われますか?


★イメージ予想レース
毎週お迎えするゲストさんのプロフィール資料などを参考に、その人柄や趣味、好きな異性のタイプなどをイメージして、どんな方なのか お互いに予想していきます。そして、ご本人に どちらのイメージが近いのかを聞いて、より近かった方が、試食コーナー「実食の鉄人」で、好きな物を先にいただけるという特権付きルールとなっています。

★ゲストゾーン
お迎えしたゲストは、昭和43年創業。現在、三重県の桑名市、四日市市、松阪市に自家焙煎の珈琲専門店『HORI COFFEE』を5店舗展開する、有限会社ホリの代表取締役、堀 祐輔さんです。

『HORI COFFEE』さんは、創業者の堀隆和さんが、本物の珈琲で伊勢の国・桑名の人々を元気にしたい!との願いから珈琲を自家焙煎することを決意し、スタートしました。しかしながら、桑名で一番に先駆けて取り組んだその道は、苦難に次ぐ苦難の連続でした。何度も何度も失敗を繰り返し、1万5千杯に相当する貴重なーヒー豆を無駄にしながらも、焙煎し続け、試行錯誤の末、味わい深く芳醇なアロマ溢れる唯一無二の一杯にたどり着きました。

そんな『HORI COFFEE』さん自慢の「ホリブレンド」は、 1万5千杯に相当する貴重なコーヒー豆を無駄にしながらも焙煎し続け、試行錯誤の末、8種類の配合でオリジナルブレンドを完成させた、味わい深く芳醇なアロマ溢れる唯一無二の一杯です。
また、人気の「チーズケーキ」は、「珈琲に合うチーズケーキをつくりたい。」というテーマで試行錯誤を繰り返し誕生した逸品です。焼き方や製法にも徹底的にこだわり、スチームラックオーブン『ZEN』により、「焼く」機能と「蒸す」機能を合わせて“焼き仕上げることを可能にし、しっとりとした口どけの良い食感を実現しました。
◆HORI COFFEE WEBサイト(楽天)


★実食の鉄人
実食の鉄人『陳 利徳』と『道場 里奈三郎』が、本日のゲストである、『HORI COFFEE』の堀さんにご提供いただいた、自慢の「有機栽培ホリブレンド・ドリップ・パック」「クラシックチーズケーキ」を試食させていただきました。



果たして、実食の結果はどうだったのでしょうか??

 
■ radikoタイムフリー ■

☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!

radiko:FOOD STYLE NAVIGATION配信
   

   
■ 番組へのメッセージ募集中!! ■

番組では、リスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。番組や出演者への応援メッセージ、リクエストはもちろんのこと、FOOD STYLEジャッジのあるあるネタ等々、ぜひお気軽に送って下さいね。

専用応募フォーム
★番組へのメッセージ・リクエストはこちら★