1月26日(水)リニューアル第138回放送
☆『FOOD STYLE NAVIGATION』☆

食のスペシャリティ・プログラム『FOOD STYLE NAVIGATION』
番組パーソナリティは、名古屋を拠点に活動するタレント「沢井 里奈」、そして、番組アンカーマンとして、人気繁盛店をはじめとして、約2,500店以上のお店のデザインを手掛ける、愛知県西尾市が生んだスーパー建築デザイナー「神谷利徳」が、プロフェッショナルとしての独自の目線から、時にはユーモアたっぷりに、お迎えするゲストの「事業や店舗運営にかける熱い想い」、「お店づくりや料理・サービスに対するこだわり」に迫ります。

そして、番組が用意した様々なFOOD(食)にまつわるメニューから、元気や情熱をフルコースで発信していきます。

 
☆ 番組内コーナー ☆

★FOOD STYLEジャッジ
あらゆるFOOD(食べ物)に関する「あるある」を、毎週1つピックアップ。沢井さんと神谷さんが超個人的に、“有りか無しか”ジャッジしていくコーナーです。
今回のジャッジ・テーマは・・・
【出にくくなったマヨネーズを振るとキャップが開いて大惨事になる】
プスッと音がして出にくくなったマヨネーズのボトル。ただ、ここからが本番ということで、力一杯ブンブン振って、最後まで使おうとすると事件が・・・。きちんとキャップが閉まっていなくて、中のマヨネーズが、床や壁、下手したら天井にまで飛び散るという大惨事に!泣く泣く掃除をすることになった経験、あるんじゃないでしょうか。


★イメージ予想レース
毎週お迎えするゲストさんのプロフィール資料などを参考に、その人柄や趣味、好きな異性のタイプなどをイメージして、どんな方なのか お互いに予想していきます。そして、ご本人に どちらのイメージが近いのかを聞いて、より近かった方が、試食コーナー「実食の鉄人」で、好きな物を先にいただけるという特権付きルールとなっています。

★ゲストゾーン
お迎えしたゲストは、2005年に岐阜県岐阜市で「創作すし酒房 卓」をオープン。現在は姉妹店の「すし卓 柳ヶ瀬店」や高級すしのテイクアウトブランド「赤酢 卓之介」を展開する、株式会社えん卓の代表取締役、大澤 卓也さんです。

岐阜県岐阜市折立に本店となる「創作すし酒房 卓」を2005年11月にオープンし、それから約3年後、2008年9月に「株式会社えん卓さんは創立されました。現在では、岐阜市弥八町にある姉妹店「すし卓柳ヶ瀬」や高級すしのテイクアウトブランド「赤酢 卓之介」を展開しています。そんな大澤さんは、伝統ある江戸前寿司や、新しい感性を融合させた創作すしを中心とした様々な逸品と居心地の良い空間、そして心を踊らせるサービスを提供しています。
創作すし酒房 卓 WEBサイト


★実食の鉄人
実食の鉄人『陳 利徳』と『道場 里奈三郎』が、『創作すし酒房 卓』自慢の「熟成握り」を試食させていただきました。




果たして、その結果はどうだったのでしょうか??


★おねだりトランプ(スペシャルバージョン)
指令の書かれた5枚の「おねだりトランプ」を、ゲストに選んでもらい、その無茶振り指令を忠実に再現し、合格点をもらえれば、リスナープレゼントがゲットできるというコーナーです。

果たして、おねだりは誰がやるのか!?そして、リスナープレゼントの行方は・・・??
詳しくは、番組Twitterをご覧ください。

 
■ radikoタイムフリー ■

☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!

radiko:FOOD STYLE NAVIGATION配信
   

   
■ 番組へのメッセージ募集中!! ■

番組では、リスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。番組や出演者への応援メッセージ、リクエストはもちろんのこと、FOOD STYLEジャッジのあるあるネタ等々、ぜひお気軽に送って下さいね。

専用応募フォーム
★番組へのメッセージ・リクエストはこちら★
1月19日(水)リニューアル第137回放送
☆『FOOD STYLE NAVIGATION』☆

食のスペシャリティ・プログラム『FOOD STYLE NAVIGATION』
番組パーソナリティは、名古屋を拠点に活動するタレント「沢井 里奈」、そして、番組アンカーマンとして、人気繁盛店をはじめとして、約2,500店以上のお店のデザインを手掛ける、愛知県西尾市が生んだスーパー建築デザイナー「神谷利徳」が、プロフェッショナルとしての独自の目線から、時にはユーモアたっぷりに、お迎えするゲストの「事業や店舗運営にかける熱い想い」、「お店づくりや料理・サービスに対するこだわり」に迫ります。


そして、番組が用意した様々なFOOD(食)にまつわるメニューから、元気や情熱をフルコースで発信していきます。
 
☆ 番組内コーナー ☆

★FOOD STYLEジャッジ
あらゆるFOOD(食べ物)に関する「あるある」を、毎週1つピックアップ。沢井さんと神谷さんが超個人的に、“有りか無しか”ジャッジしていくコーナーです。
今回のジャッジ・テーマは・・・
【あたり付きの お菓子で当たりが出たけど、大人なると恥ずかしくて交換できない】
子供の頃は、駄菓子屋さんで お菓子の当たりが出たら、もう1個おまけでもらえるということで、大喜びで交換しに行った覚えがあります。ただ大人になってから、たまにコンビニで買うお菓子やアイスにも くじが付いていて、それで当たりが出たとしても、なかなか恥ずかしくて、再びレジまで持って行って交換ってなかなか難しいですよね。ちなみに皆さんは、当たりくじを持って、恥ずかしがらずに交換できますか???


★イメージ予想レース
毎週お迎えするゲストさんのプロフィール資料などを参考に、その人柄や趣味、好きな異性のタイプなどをイメージして、どんな方なのか お互いに予想していきます。そして、ご本人に どちらのイメージが近いのかを聞いて、より近かった方が、試食コーナー「実食の鉄人」で、好きな物を先にいただけるという特権付きルールとなっています。

★ゲストゾーン
お迎えしたゲストは、IT企業の酒販事業部として2020年に大須でオープン。日本初のメキシコ蒸留酒専門の酒販店「酒商金右衛門(Agave Spirits Gallery)」の運営を行う、株式会社デジタルダイブの取締役社長 小池 正人さんです。

今回は久しぶりのロケということで、名古屋市中区大須にある「酒商金右衛門(Agave Spirits Gallery)」にお邪魔しました。(※1月上旬にロケを実施しています)


「酒商金右衛門(Agave Spirits Gallery)」は、メキシコの蒸留酒類であるテキーラやメスカルなど「Agave」を原料とする原産地呼称のスピリッツを専門的に紹介している、日本初の展示ギャラリーです。テキーラやメスカルなどに代表されるメキシコの蒸留酒の素晴らしさ、魅力を伝える活動を目指して開設された「酒商金右衛門(Agave Spirits Gallery)」は、古⺠家を改装したギャラリーとなっており、1Fは売り場・試飲カウンター、2Fは展⽰とサロンスペースになっています。



ギャラリーで展⽰をしているボトルは900種類以上、試飲できるボトルは350種類以上ギャラリーセレクト商品の販売は190種類以上と圧倒的なボリューム。⽇本未⼊荷品も数多く試飲出来るそうですよ。
酒商金右衛門(Agave Spirits Gallery)WEBサイト


★実食の鉄人
実食の鉄人『陳 利徳』と『道場 里奈三郎』が、『酒商金右衛門(Agave Spirits Gallery)』自慢の「テキーラ」「メスカル」「ライシージャ」を試飲させていただきました。




果たして、その結果はどうだったのでしょうか??


★おねだりトランプ(スペシャルバージョン)
指令の書かれた5枚の「おねだりトランプ」を、ゲストに選んでもらい、その無茶振り指令を忠実に再現し、合格点をもらえれば、リスナープレゼントがゲットできるというコーナーです。

果たして、おねだりは誰がやるのか!?そして、リスナープレゼントの行方は・・・??
詳しくは、番組Twitterをご覧ください。

 
■ radikoタイムフリー ■

☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!

radiko:FOOD STYLE NAVIGATION配信
   

   
■ 番組へのメッセージ募集中!! ■

番組では、リスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。番組や出演者への応援メッセージ、リクエストはもちろんのこと、FOOD STYLEジャッジのあるあるネタ等々、ぜひお気軽に送って下さいね。

専用応募フォーム
★番組へのメッセージ・リクエストはこちら★
1月12日(水)リニューアル第136回放送
☆『FOOD STYLE NAVIGATION』☆

食のスペシャリティ・プログラム『FOOD STYLE NAVIGATION』
番組パーソナリティは、名古屋を拠点に活動するタレント「沢井 里奈」、そして、番組アンカーマンとして、人気繁盛店をはじめとして、約2,500店以上のお店のデザインを手掛ける、愛知県西尾市が生んだスーパー建築デザイナー「神谷利徳」が、プロフェッショナルとしての独自の目線から、時にはユーモアたっぷりに、お迎えするゲストの「事業や店舗運営にかける熱い想い」、「お店づくりや料理・サービスに対するこだわり」に迫ります。


そして、番組が用意した様々なFOOD(食)にまつわるメニューから、元気や情熱をフルコースで発信していきます。
 
☆ 番組内コーナー ☆

★FOOD STYLEジャッジ
あらゆるFOOD(食べ物)に関する「あるある」を、毎週1つピックアップ。沢井さんと神谷さんが超個人的に、“有りか無しか”ジャッジしていくコーナーです。
今回のジャッジ・テーマは・・・
【飲み物にガムシロップを入れたけど、あまり混ぜてなくて、最後に めっちゃ甘!ってなる】
アイスコーヒーやアイスティーなど、冷たいモノを飲む時に甘みを足す用のガムシロップ。ただ、ガムシロを入れたのはいいけど、しっかり混ぜないと最後に悲劇が待ち受ける結果に・・・。最初は、あれっ!?そんなに甘くないな、ガムシロが足りなかったかな・・・と思って飲み進めると、底の方にガムシロがたまっていて、最後は めっちゃ甘っ!ってなってしまいます。。。皆さんも一度は そんな経験があるんじゃないでしょうか。


★イメージ予想レース
毎週お迎えするゲストさんのプロフィール資料などを参考に、その人柄や趣味、好きな異性のタイプなどをイメージして、どんな方なのか お互いに予想していきます。そして、ご本人に どちらのイメージが近いのかを聞いて、より近かった方が、試食コーナー「実食の鉄人」で、好きな物を先にいただけるという特権付きルールとなっています。

★ゲストゾーン
お迎えしたゲストは、1907年(明治40年)創業、「元祖 鯱もなか」「金しゃちパイ」「なめらかプリン」が看板商品の老舗菓子店、有限会社 元祖鯱もなか本店の4代目で代表取締役の古田 花恵さんと旦那様で専務取締役の憲司さん、ご夫婦です。

明治40年から続いている会「元祖鯱もなか本店」さんは、もともと花恵さんの曾祖父様が名古屋・伏見に開いたお店です。開店してからみるみる人気店になっていったお店でしたが、戦争で全焼してしまいます。それでもめげずに、現店舗である大須にお店を構え再スタートを切りました。その後は花恵さんのお父様の代で、金シャチまんじゅうの開発や洋菓子専門店のエポーラールの立ち上げも行いました。しかし、お父様は大変な仕事ということを誰よりも理解していたので、花恵さん達には好きに生きてほしいと思い、お店をたたむつもりでいたそうです。しかし、コロナ禍で、お客さんの声を聞く機会があり、そこで多くの温かい言葉をかけていただいたことをきっかけに、こんなに愛されているお店を途切れさせてはいけないという思いから継ぐことを決めたんだそうです。

そんな「元祖鯱もなか本店」さんの看板商品が、名古屋城天守閣上の「金のしゃちほこ」をモチーフとした「元祖 鯱もなか」。1921年(大正10年)に創製以来、100年以上、今もなお愛されている名古屋銘菓です。純粋な糯米だけで焼き上げた香ばしいもなかの皮に、独自の製法でじっくりと炊きあげたつぶ餡をはさんで作っています。素朴な菓子であるだけに、その味と製法にはこだわりを持ち、特に、自家製餡は常連さんにも大好評なんですよ。
元祖鯱もなか本店 WEBサイト


★実食の鉄人
実食の鉄人『陳 利徳』と『道場 里奈三郎』が、『元祖鯱もなか本店』自慢の「手作り鯱もなか」を試食させていただきました。


パリッとしたもなか皮と、甘さをおさえたつぶ餡がセットになった「手作りキット」です。いつでも好きなときに、詰めたてのサクサクとしたもなかを楽しめるんですよ。
果たして、その結果はどうだったのでしょうか??


★おねだりトランプ(スペシャルバージョン)
指令の書かれた5枚の「おねだりトランプ」を、ゲストに選んでもらい、その無茶振り指令を忠実に再現し、合格点をもらえれば、リスナープレゼントがゲットできるというコーナーです。

果たして、おねだりは誰がやるのか!?そして、リスナープレゼントの行方は・・・??
詳しくは、番組Twitterをご覧ください。

 
■ radikoタイムフリー ■

☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!

radiko:FOOD STYLE NAVIGATION配信
   

   
■ 番組へのメッセージ募集中!! ■

番組では、リスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。番組や出演者への応援メッセージ、リクエストはもちろんのこと、FOOD STYLEジャッジのあるあるネタ等々、ぜひお気軽に送って下さいね。

専用応募フォーム
★番組へのメッセージ・リクエストはこちら★
1月5日(水)リニューアル第135回放送
☆『FOOD STYLE NAVIGATION』☆

明けましておめでとうございます。
本年も「FOOD STYLE NAVIGATION」をよろしくお願い致します。食のスペシャリティ・プログラム『FOOD STYLE NAVIGATION』
番組パーソナリティは、名古屋を拠点に活動するタレント「沢井 里奈」、そして、番組アンカーマンとして、人気繁盛店をはじめとして、約2,500店以上のお店のデザインを手掛ける、愛知県西尾市が生んだスーパー建築デザイナー「神谷利徳」が、プロフェッショナルとしての独自の目線から、時にはユーモアたっぷりに、お迎えするゲストの「事業や店舗運営にかける熱い想い」、「お店づくりや料理・サービスに対するこだわり」に迫ります。

そして、番組が用意した様々なFOOD(食)にまつわるメニューから、元気や情熱をフルコースで発信していきます。

 
☆ 番組内コーナー ☆

★FOOD STYLEジャッジ
あらゆるFOOD(食べ物)に関する「あるある」を、毎週1つピックアップ。沢井さんと神谷さんが超個人的に、“有りか無しか”ジャッジしていくコーナーです。
今回のジャッジ・テーマは・・・
【食べ物の賞味期限が自分の誕生日だとラッキー♪ってなる】
なんとなく お店で買った食べ物の賞味期限(消費期限)の欄をパッと見たら、自分の誕生日と同じだった・・・っていう事、たまにありますよね。そんな偶然のプチラッキーに、ちょっと気分が上がったりしませんか。他にも飲食店での支払い金額がゾロ目だったり・・・。皆さんは、そんな事で気分は上がる、上がらない!?


★イメージ予想レース
毎週お迎えするゲストさんのプロフィール資料などを参考に、その人柄や趣味、好きな異性のタイプなどをイメージして、どんな方なのか お互いに予想していきます。そして、ご本人に どちらのイメージが近いのかを聞いて、より近かった方が、試食コーナー「実食の鉄人」で、好きな物を先にいただけるという特権付きルールとなっています。

★ゲストゾーン
お迎えしたゲストは、1907年(明治40年)創業、東海地方を中心に、量販店や外食産業向けの米穀の卸売販売を行う他、オンラインショップ「ハーベストシーズン」を展開する、株式会社ハナノキのマーケティング部 部長、前田 江里佳さんです。

ハナノキさんは、お百姓さんをしていた初代が、農業を捨てて、村の米を集めて売る商売人になったのがきっかけ。そこから事業を拡大していき、大型精米工場の設立、愛知県内の給食用のお米の指定工場化などの歴史を経て、平成14年には品質に関する国際規格の審査登録をし、「米販売業」から「米商品製造販売業」へと転換を遂げました。そして、平成18年には、無洗米も製造できる瑞浪工場や、オンラインショップ「ハーベストシーズン」をオープンしました。

「ハーベストシーズン」は、ハナノキさんが楽天市場・Amazon・YAHOO!などに出店しているオンラインショップで、365日どんなときも、お客様にとって”実りの秋”でありたい、そんな願いから「ハーベストシーズン(収穫期)」と名付けられました。こだわりの無洗米や白米、雑穀、玄米、古代米などを販売している「ハーベストシーズン」は、楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤー 米ジャンル大賞(1位) に2013年、2014年、2017年、2020年と4度も輝いているんですよ。
オンラインショップ「ハーベストシーズン」


★実食の鉄人
実食の鉄人『陳 利徳』と『道場 里奈三郎』が、『ハーベストシーズン』自慢の「無洗米 あきたこまち」「健美玄米」、そして、ご飯のお供「細ごぼうキムチ・牡蠣かき入りのり佃煮・カリカリちりめんじゃこオリーブオイル漬け」を試食させていただきました。

果たして、その結果はどうだったのでしょうか??


★おねだりトランプ(スペシャルバージョン)
指令の書かれた5枚の「おねだりトランプ」を、ゲストに選んでもらい、その無茶振り指令を忠実に再現し、合格点をもらえれば、リスナープレゼントがゲットできるというコーナーです。

果たして、おねだりは誰がやるのか!?そして、リスナープレゼントの行方は・・・??
詳しくは、番組Twitterをご覧ください。
■ radikoタイムフリー ■

☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!

radiko:FOOD STYLE NAVIGATION配信
   

   
■ 番組へのメッセージ募集中!! ■

番組では、リスナーの皆さんからのメッセージを募集しています。番組や出演者への応援メッセージ、リクエストはもちろんのこと、FOOD STYLEジャッジのあるあるネタ等々、ぜひお気軽に送って下さいね。

専用応募フォーム
★番組へのメッセージ・リクエストはこちら★