2019/3/20 3月のまちことぶらり
えこさんがどこかの街を訪れて、
知っているようで知らない“まちのこと”を探す
祝日限定「まちことぶらり」


最終回のまちこと、
訪れたのはえこさん初上陸「阿久比町」!


ここ阿久比町は、童話「ごんぎつね」の作者、
新美南吉さんの故郷なんですよ。

たくさんの「新美さん」がお住いの
「新美エリア」に迷い込んだりして、
たどり着いたのは、「いたちだ公園」。


デンマークで誕生した
まるでアートのような大型遊具
「コンパン」が置いてあります!



このロゴ 見たことありますか~?


うんていや…

ボルダリングができたり…

うなぎパイのような板(?)を上ったり…

子供たちが夢中になる仕掛けがたくさん!



大人は筋肉痛になりそうな遊具でした。


再び車を走らせていると…

常滑のぶらり以来の…
ヤギさんにお会いしました!


こちらのヤギさん、
さくらさんと言います。


ヤギ・さくらさんの飼い主さんで、
菊農家の「ニダイメ」さんにお話を伺いました。


阿久比町は、菊のお花も有名で、
毎年 秋になると「みんなの菊花展」という
町民の皆さんが丹精こめて育てた菊が一堂に会すイベントを行っています。


生粋の阿久比っ子・ニダイメさんに
阿久比の魅力を伺うと
「自然が多くて、子供たちがのびのびと遊べる街」と仰っていました。

良い街ですね~


2代目さんとヤギのさくらさんとお別れをして、
最後に訪れたのは、
童話「ごんぎつね」の舞台にもなっている「権現山」。


長い階段を上ります。


たくさんの狐さんがお出迎えをしてくれます。





権現山には、
たくさんの野生の狐さんたちが暮らしているそうです。
今も狐さんたちに大切に見守られているんですね。


そんな素敵なお山にある神社
「五郷社」さんにご挨拶をして、
次の街へ向かいましょうか~。



知っているようで知らない"まちのこと"を探す、
祝日限定「まちことぶらり」。

また皆さんとお会い出来たら良いな~。





ありがとうございました!



♪できっこないをやらなくちゃ/サンボマスター
このページのTOPへ