1/3(土)プレゼント
浅田義正著「いつか産みたいと思うなら いま知っておきたい18のこと」



を3名様にプレゼント!

締切は1/9(金)当日到着分有効です。


*このプレゼントにおける個人情報の取り扱いについて
○このプレゼントにご応募された方の個人情報は、当選者の決定および賞品に関するご連絡等に使用します。
○そのほかはFM AICHIのプライバシーポリシーに準じます。

応募はこちら
1/3(土)ON AIR
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

「GLOBAL R-VISION」は、「地域を元気にする」をキーワードに、地元で頑張る企業・モノづくりにこだわる企業の経営者をお迎えして、成功へのターニングポイントから、人・会社・ブランド力の魅力を紐解いていきます。ぜひ、皆さんの未来のビジョンを描くヒントにして下さい。


番組パーソナリティは、ブランディングプロデューサー・安藤竜二、アシスタントパーソナリティは、フリーアナウンサーの名越涼子がつとめます。



今夜、成功へのターニングポイントから未来のビジョンを語って下さるのは、「不妊治療を通じてみなさんの幸せを実現すること」を願いに、春日井と名古屋で、高度生殖医療を中心とした不妊治療専門のクリニックを運営する医療法人 浅田レディースクリニックの浅田 義正さんです。




医療法人 浅田レディースクリニック
院長 浅田義正氏

医学博士 
日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医 
日本生殖医学会認定生殖医療専門医

1982年3月 
名古屋大学医学部卒業

1988年
名古屋大学医学部附属病院産婦人科医員として「不妊外来」および、「健康外来(更年期障害・ホルモン補充療法)」の専門外来を担当

1992年
医学博士

1993年〜1994年
米国最初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精(卵細胞質内精子注入法:ICSI)の基礎的研究に従事

1995年
名古屋大学医学部附属病院分院にてICSIによる治療開始。以後、辞職まで名古屋大学の顕微授精症例の全症例を自ら担当同年5月、精巣精子を用いたICSIによる妊娠例の日本初の報告

1998年
ナカジマクリニック不妊センター開設・勤務

2004年3月
浅田レディースクリニック開院・勤務

2010年8月
浅田レディース名古屋駅前クリニック開院


◇2015年1月3日(土)オンエア内容再生はこちら↓◇



●1月3日(土) オンエア楽曲

『 JUST BECAUSE 』   シアーズ   

『 Klub Foot Shuffle 』 ロング・トール・テキサンズ

『 HOT REACTION 』 ザ・ストラット


サクセスアシスト 1/3(土)ON AIR
番組スーパーバイザー、税理士法人名南経営の吉田勤氏による、ゲストの成功へのターニングポイントを検証していくコーナーです。



今回お迎えしたゲスト、浅田レディースクリニック・浅田院長の成功へのターニングポイントについて、吉田勤氏に検証していただきました。

☆サクセスアシスト☆
12/27(土)ON AIR
「GLOBAL R-VISION」は、「地域を元気にする」をキーワードに、地元で頑張る企業・モノづくりにこだわる企業の経営者をお迎えして、成功へのターニングポイントから、人・会社・ブランド力の魅力を紐解いていきます。ぜひ、皆さんの未来のビジョンを描くヒントにして下さい。


番組パーソナリティは、ブランディングプロデューサー・安藤竜二、アシスタントパーソナリティは、フリーアナウンサーの名越涼子がつとめます。



今夜、成功へのターニングポイントから未来のビジョンを語って下さるのは、「全ての女性に笑顔を!!」をモットーに、名古屋市で、オーダーメイド人工乳房事業を展開する、株式会社 池山メディカルジャパンの池山 紀之さんです。



株式会社池山メディカルジャパン
代表取締役 池山 紀之氏

乳がんで胸を失ったり、変形したりした女性用の人工乳房の専門メーカーである池山メディカルジャパンは、残された側の胸から型を取り、なるべく自然な乳房を作る独自技術で急成長している。2011年には、再建手術の新手法も開発。「世界で競合相手がいない」という技術を武器に、世界進出を図っている。同社は2003年、池山紀之社長が男性の尿道圧迫を解消する器具「ステント」の製造会社として創業。大手医療メーカーの協力を経て、商品化に取り組んでいた。しかし、そのメーカーが事業から撤退。さらに厚生労働省の認可が下りず、05年に事業を断念した。一方、池山社長が会社の事業と並行して取り組んでいたのが人工乳房製作。乳がんで片胸をなくした妹に頼まれて始めた研究だが、大手下着メーカーの協力を得て、自然な見た目の商品作りに成功。05年の乳がん学会に発表すると、高い関心を集めた。特徴は、残された側の胸から型を取り、肌の色を調整して精巧に仕上げる手法。シリコーン製で専用接着剤を使い装着するが、柔らかさと見た目を本来の胸に近づけた。「胸を失ってもおしゃれな下着や温泉を楽しみたい」という女性の需要に着目し、06年、人工乳房の販売事業を始めた。初年度の売上高は300万円だが、3年で黒字転換を果たし、10年度は2億2千万円と急成長。国内では乳がんで胸の切除手術や温存手術を受ける人は年間5万人。胸を取り戻すには、人工乳房と再建手術の2つがある。同社は、人工乳房だけではなく再建手術も手がけることで、事業を拡大した。


◇2014年12月27日(土)オンエア内容再生はこちら↓◇



●12月27日(土) オンエア楽曲

『 MAGIC WORD CALLED LOVE 』 バットモービル 

『 NUMBER NINE TRAIN 』  ビートニクス  

『 ALAN FREEDOM 』  SIDE-ONE 


サクセスアシスト 12/27(土)ON AIR
番組スーパーバイザー、税理士法人名南経営の吉田勤氏による、ゲストの成功へのターニングポイントを検証していくコーナーです。



今回お迎えしたゲスト、池山メディカルジャパン・池山社長の成功へのターニングポイントについて、吉田勤氏に検証していただきました。

☆サクセスアシスト☆
このページのTOPへ