10/7(土)ON AIR
「GLOBAL R-VISION」は、「地域を元気にする」をキーワードに、この東海エリアで頑張る企業・モノづくりやサービスこだわる企業の経営者の皆さんをお迎えして、成功へのターニングポイントから、人・会社・ブランド力の魅力を紐解いていきます。ぜひ、皆さんの未来のビジョンを描くヒントにして下さい。

番組パーソナリティは、ブランディングプロデューサー・安藤竜二、フリーアナウンサー・石浜里奈の二人でお届けします。



今夜、成功へのターニングポイントから、未来のビジョンを語って下さるのは、名古屋市で高級地鶏の名古屋コーチンなどを扱う食肉卸業者、有限会社 鳥きんの鈴木 忠さんです。



★有限会社 鳥きん
代表者取締役 鈴木 忠氏

鳥きん WEBサイト



◇2017年10月7日(土)オンエア版再生はこちら↓◇

◆オンエア版(RADIKOタイムフリー)
※1週間限定です。

◇2017年10月7日(土)オンエア内容再生はこちら↓◇



●10月7日(土) オンエア楽曲

『 ROCKABILLY ROSE 』  ブレスレス  

『 AIN’T SHE SWEET 』 THE MACKSHOW

『 ワンパイントの夢 』 KOZZY IWAKAWA





★GLOBAL R-VISION 公式facebookページ★
Global R-Vison

9/30(土) 今週の「ブランドの逸品プレゼント」
今週のブランドの逸品プレゼントは、
まるや八丁味噌の「三河産大豆100%使用の八丁味噌」



三河産大豆と塩を原料に、重石を積上げ二夏二冬の歳月をかけて天然醸造で熟成させた八丁味噌です。

今回は、まるや八丁味噌の「三河産大豆100%使用の八丁味噌」を

抽選で3名様にプレゼント!

締切は10/6(金)当日到着分有効です。


*このプレゼントにおける個人情報の取り扱いについて
○このプレゼントにご応募された方の個人情報は、当選者の決定および賞品に関するご連絡等に使用します。
○そのほかは@FMのプライバシーポリシーに準じます。

応募はこちら
9/30(土)ON AIR
「GLOBAL R-VISION」は、「地域を元気にする」をキーワードに、この東海エリアで頑張る企業・モノづくりやサービスこだわる企業の経営者の皆さんをお迎えして、成功へのターニングポイントから、人・会社・ブランド力の魅力を紐解いていきます。ぜひ、皆さんの未来のビジョンを描くヒントにして下さい。

番組パーソナリティは、ブランディングプロデューサー・安藤竜二、フリーアナウンサー・石浜里奈の二人でお届けします。



今夜、成功へのターニングポイントから、未来のビジョンを語って下さるのは、「お客様満足」への追及をテーマに、1916年(大正5年)の創業以来、一戸建て注文住宅やリフォーム、公共事業工事を中心に、ガソリンスタンド、土地販売、アパート経営など行う、株式会社 山下組の山下 信康さんです。



★株式会社山下組
代表取締役 山下 信康氏

山下組 WEBサイト



◇2017年9月30日(土)オンエア版再生はこちら↓◇

◆オンエア版(RADIKOタイムフリー)
※1週間限定です。

◇2017年9月30日(土)オンエア内容再生はこちら↓◇



●9月30日(土) オンエア楽曲

『 I ’M A FOOL TO CARE 』 ジェラン・ワトキンス

『 GOOD OLD ROCK AND ROLL 』 THE MACKSHOW

『 WATCH YOUR STEP 』 KOZZY IWAKAWA





★GLOBAL R-VISION 公式facebookページ★
Global R-Vison

9/23(土) 今週の「ブランドの逸品プレゼント」
今週のブランドの逸品プレゼントは、
金トビ志賀の「ガマゴリうどん」



地域の魅力が詰まった全国の「ご当地うどん」を一同に結集した、2013年の滋賀県東近江市で開催された第三回大会にてアサリの風味を活かした蒲郡名物「ガマゴリうどん」がグランプリを受賞しました。金トビめんではその蒲郡の魅力が詰った「ガマゴリうどん」をご家庭でお楽しみいただけるセットを蒲郡市商工会議所青年部及び胡麻油の老舗メーカーである竹本油脂(株)と共同開発し商品化しました。


今週は、
金トビ志賀の「ガマゴリうどん」

抽選で3名様にプレゼント!

締切は9/29(金)当日到着分有効です。


*このプレゼントにおける個人情報の取り扱いについて
○このプレゼントにご応募された方の個人情報は、当選者の決定および賞品に関するご連絡等に使用します。
○そのほかは@FMのプライバシーポリシーに準じます。

応募はこちら
9/23(土)ON AIR
「GLOBAL R-VISION」は、「地域を元気にする」をキーワードに、この東海エリアで頑張る企業・モノづくりやサービスこだわる企業の経営者の皆さんをお迎えして、成功へのターニングポイントから、人・会社・ブランド力の魅力を紐解いていきます。ぜひ、皆さんの未来のビジョンを描くヒントにして下さい。

番組パーソナリティは、ブランディングプロデューサー・安藤竜二、フリーアナウンサー・石浜里奈の二人でお届けします。



今夜、成功へのターニングポイントから、未来のビジョンを語って下さるのは、「お客様の想いを大切に共に幸せを築く」をモットーに、三重県松阪市で、三重の木を使い、三重の職人が建てる木造注文住宅を提供する、有限会社 北山建築「想(こころ)ほーむ」の北山 裕史さんです。



★有限会社北山建築「想ほーむ」
代表取締役 北山 裕史氏

その昔、大工の棟梁(親方)といえば、近所の人から「家のことで困ったら棟梁に聞け」といわれるくらい、面倒見のいい家づくりのスペシャリストであった。北山建築のルーツも、そんな江戸時代から続く大工の家系。当時の想いをそのままに、それをハウスメーカーとして会社にしたのが現代表の北山裕史氏。大工としては7代目になる。家づくりのスペシャリストとしての北山建築がこだわっているのが、三重県産の木材を使った家づくり。こだわりの理由は、北山建築の顧客は、松阪から1時間圏内に住む家族が多く、家を建てる場所と同じ気候や風土の中で育ってきた木材を使うことで、できあがった家もその地域に馴染み、高い品質を保ちながら長持ちするからである。その証拠に、同社のある松阪市周辺には、2代前3代前が建てた家が、今でも立派に残っている。そんな地域に密着した家づくりを続けている北山建築、自然と顧客との付き合いも一生涯になる。同社で建てた住宅については、半永久的にアフターメンテナンスを実施。3カ月に1度の「オーナー様のお宅訪問」では、毎月自社で作成している情報誌を送っている。また毎年、感謝祭やBBQ大会など、すでに同社で家づくりをした顧客に楽しんでもらうイベントを開催。これらもすべて社員の手づくりによるものである。



北山建築 WEBサイト


◇2017年9月23日(土)オンエア版再生はこちら↓◇

◆オンエア版(RADIKOタイムフリー)
※1週間限定です。

◇2017年9月23日(土)オンエア内容再生はこちら↓◇



●9月23日(土) オンエア楽曲

『  She’s Gone  』 リバーサイド・トリオ

『 GOT MY MOJO WORKING 』 Kozzy Iwakawa

『 パーティやろうぜ 』  THE COLTS  





★GLOBAL R-VISION 公式facebookページ★
Global R-Vison

このページのTOPへ