10月のルーキーは・・・!


ハルカミライ



New Album『星屑の歌』
2017/11/22 on sale
1,944yen(tax in.)

1.ウルトラマリン
2.predawn
3.俺達が呼んでいる
4.ファイト!!
5.Mayday
6.君は何処へも行けない
7.October's
8.宇宙飛行士
9.パレード



【Nozomiのすゝめ】

歌詞や音をじっくり解釈する前の、まだ何もこのバンドの事を分かっていないけど、心に何かがある時間って言うものが私は多かれ少なかれ有るのだが、言いようの無い爽快感と夜明け前の汚れの無い空気を吸っている時の感覚と同じものを感じた。「ド直球で純粋」一言で言えば最初の印象はこれだ。久しぶりにこの言葉にしっくりくるバンドだと思う。更にそこから理解をしてみたくて、歌詞や曲の展開に注目したりして聴くんだけども、そこで「ド直球で純粋」の印象が崩れてくる。自分の苦悩を歌詞や、くるっとリズムパターンを変えて違う角度で伝えてくれる。色んなアプローチをしてくれるから「ド直球で純粋」と言う言葉で片付けられなくなる。こうなったらきっとハルカミライの手中に収まっているんだろうな。全部聴き終わった私の今の気分は「風呂上がり」かな。凄く気分が良い。
9月のルーキーは・・・!


RED DOG



2nd mini Album『Dusk』
now on sale
1,500yen(tax in.)

1.ライアンサー
2.DISTANCE
3.感情リスペクト
4.WRONG WAY
5.最後の花火
6.LOTUS
7.No.2



【Nozomiのすゝめ】

ROCK YOU!が始まったばかりの頃にゲストとして出てくれた彼等。1年以上経って、彼等の作品を聴いて驚いた。同じバンドとは思えないくらい、何と言うか、地に足がしっかり着いていると感じた。音作りや、曲のドラマチックな展開、そう言った事に、きちんと意味を持たせて作られていると思う。実年齢的にも、大人と子供の狭間のRED DOG。この年代ならではの葛藤が歌詞から見える。彼等の良いところは、葛藤に対して絶対に折れない意志と、真っ直ぐな誠実さがある事だ。子供と言える年齢の子が聴けば、漠然とある未来に対しての不安に希望が持てる鍵になると思うし、また大人が聴けば、忘れていた心の大切な部分が取り戻す事が出来るのではないかと思う。
8月のルーキーは・・・!
Omoinotake




『beside』
2017.8.2(wed) release
1,800yen(tax out.)

1.Ride on
2.Freaky Night
3.All of love
4.Life goes on
5.Sunshine Girl
6.Bedroom



【Nozomiのすゝめ】

その日の天気や、今の自分の置かれている環境で音楽を選ぶ事はよくある事だ。逆に、なりたい気分に合わせて音楽を選ぶ事もある。どんな選び方をしたとしても、Omoinotakeの音楽はちょうど良く当てはまる。音と歌詞の湿度が丁度気持ち良い所にくる。悲観しすぎず、優しく元気をくれるバンドだ。ジャズ・ポップス・ロックが上手く融合して、くるくる回ってバターになって溶けちゃった。そんな感じ。小気味良いリズムに小躍りしたくなったり、ゆっくりコーヒーを飲みながらメロウな気分になれたり。彼等の人の良さと音楽を楽しんでいる様子が音からヒシヒシと伝わって来る彼等の作品「beside」。いつでもどんな時でも、彼等の音楽になら無責任に身を任せて大丈夫!必ず極上の気分になれます。
7月のルーキーは・・・!
ank



mini album『そこには思いっきり愛があるからな』
now on sale!
1200yen(tax out.)



【Nozomiのすゝめ】
「そこには思いっきり愛があるからな」。文字通りだった。ただハッピーなだけでは無い。どんな瞬間でも味方でいてくれる、勇気をくれる、ワクワク楽しいのに安心も同時にくれる不思議な作品だ。Vo/Baまやみきの少年のような中性的な声もあって、聴き方によって同性から贈られる言葉か、はたまた異性の友人や恋人からか。自分の中のその言葉を言って欲しい相手でふっと再生される気がする。魅力的な声である。そして、会った事は無いがankの人の良さをめちゃくちゃ感じられる。機械的なお洒落とかスタイリッシュとか、そういうものを追求した音楽も勿論好きだが、こういった作り手の人間性が手に取るように伝わる作品はそう無いと思うので、そういった意味でも一度聴いて体感してみて欲しい。最後に、これを聴いて私が一番始めに思ったのは「ankとクラスメイトになりたかったなー」だ!!!
6月のルーキーは・・・!


神はサイコロを振らない




2nd mini album『subim』
now on sale!


【LIVE INFO】
2017.8.13(SUN)TREASURE05X 2017


【Nozomiのすゝめ】

駆け抜けるような力強さの中に、時々顔を出すセンチメンタリズム。表情豊かなVoの声の表現力に、緊迫感のある演奏がとても気持が良い。程よい緊張感が続くとふと、暖かみを感じられる瞬間があったり。一曲を通して、また今回の2nd mini album 「subim」を全体で聴いても心が色々な方向に引っ張られる。mini albumでこのボリュームと衝撃なんだから、full albumが出たらどうなるんだろうと勝手に想像をかき立てられワクワクしてしまう。次にどんな作品が出るか、「subim」をじっくり聴きながら待ちたいと思う。
友だち追加
このページのTOPへ