メッセージはこちら
リクエストボタン ツイッター リンクボタン ライン 友だち追加ボタン 写真付きメッセージボタン
写真付き投稿の注意事項

---------------------------------
※メールに下記をご記入下さい。
◆必須で記入項目
名前(ラジオネーム)・フリガナ・メッセージ

◆応募企画で投稿の場合の追加記入項目
性別・年齢・郵便番号・住所・電話番号
---------------------------------

ハッシュタグ
#ROCKYOU807
1月のルーキーは・・・!


Lucie, Too





1st EP『CHIME』
12/4 ON SALE

1.Chime
2.あなたの光
3.ゆらゆら
4.カラー



12月のルーキーは・・・!
OCEANS





1st Album『シナリオストーリー』
11/13 ON SALE

1.Boys
2.太陽ロック
3.SUPER 2
4.TONY
5.空白
6.BLUE
7.光絵
8.メッセージ
9.wanna be
10.シーズンズ

【Nozomiのすゝめ】
やりたいようにやりました感凄い。そんなところにそんなド派手なドラムのフィル入れるんだとか、とにかく野性味がやばい。綺麗に整えられたロックバンドも好きだけど、開放感あふれる野生のロックバンドを久々に知った。青春とか若者特有の考え方、感情、そう言ったものがテーマの曲は世の中に腐る程あるけど、Oceansの曲はどれもそういった事の純度が激高だ。もう苦しくなって笑けてくるくらい。あんまり人に対して友達になりたいとか思わないけど、Oceansは会ってみたいなって思った。絶対素直で良い人達だと思う。それが当たっていようがどうだろうが、会ってもない人に人柄まで想像させてしまえる作品は素晴らしいと思う。
11月のルーキーは・・・!
Slimcat





1st Full Album『Bleachers』
11/20 ON SALE

1.Forever Young
2.You and I
3.Killer Boots
4.Time Machine
5.Alive
6.Be Who You Are
7.Amanda
8.Good Songs on the Radio
9.Summertime
10.Shine Like Me
11.I'm Going Home



【Nozomiのすゝめ】
懐かしさと、音楽を掘り進めたいって時期のキラキラ感。それが二つ並んで突っ走ってるみたいなバンド。なんか、ROCKってこの感じが良いんだよなぁって改めて思えた。ROCKって、時代によって流行り廃りは勿論あるけれど、それって大きくみたらROCKの中では凄く小さな変化でしか無いと私は思う。良いものはずっと良い。何年たっても新鮮だし心に響く。Slimcatはそれをインプットしてキチッとアウトプットしてくれている。彼等のルーツは60年代から現代までの海外バンドがルーツになっている。個人的にそういう人が作った音楽は好きだ。声も良い。鼻にかかった少し掠れた声が日本人離れしている。そして何より良いと思ったのは、いつだったかvo/gt小川がFOALSのTシャツを着ていた事だ。これにつきる。
10月のルーキーは・・・!
osage




1st Mini Album『October.』
10/9 ON SALE

1.アナログ
2.Greenback
3.1954
4.ginger air
5.セトモノ
6.スープ

[Live Info]
osage 「October.」 Release Tour

12/1 SUN CLUB ROCK'N'ROLL etc...


【Nozomiのすゝめ】
よくもこんなにも微妙な心の動きや揺らぎをとらえられるなぁっていうのが、最初に頭に浮かんだ。私はあまり繊細な感情に目を向けられないタイプだから、すごく羨ましかったし、尚且つそれを言葉にして、音をつけて音楽にしている事が素直に素晴らしいと思う。心の揺らぎ、これは凄く切ない部分から荒ぶっちゃう部分まで、とても振り幅が大きいものだと思うんだけど、一曲の中でそれを広く感じられる。海の波の出来始めってどんなものか知らないけど、小さなうねりが海岸に届くまで、そんな感じなのかな?今の時代って、SNSとかで他人の考えなんて昔より簡単にのぞけちゃうからこそ、自分や他人の機微に敏感になってしまう人が多いと思う。そんな人ほど聴いてほしいアーティストかも。
9月のルーキーは・・・!
なきごと




1st Mini Album『夜のつくり方』
9/18 ON SALE

1.合鍵
2.メトロポリタン
3.ユーモラル討論会
4.のらりくらり
5.深夜2時とハイボール
6.ドリー

[Live Info]
なきごと「夜のつくり方」Release Tour 2019

11/10 SUN 名古屋 RAD SEVEN etc...


【Nozomiのすゝめ】
目の前に光なんて無いのに目の前がキラキラ光って見えてくるような、そんな音に、現実と空想の狭間のような少し捻れた歌詞が、何とも独特の雰囲気を醸し出している。言葉を引っ掛けて遊んでいるところなんかも、音楽できちんと遊んでいる感じがしてワクワクする。音が割とヘビーなのに声がとっても甘くて、その二面性も堪らない。塩キャラメルとか生ハムメロンみたいな感じっていうか、絶妙な違和感ってハマると抜けられなくなるんだよねって私は思う。音楽が飽和してる今、欲しかったスパイスだ。丁度少し心の痛い部分をすくい上げて、宇宙に放り投げて散らしてくる感じもずるい。これがなきごとに対しての私の印象だ。
このページのTOPへ