10月のルーキーは・・・!


climbgrow




4st Mini Album『CROSS COUNTER』
9/5 ON SALE

1.革命を待つ
2.未来は俺らの手の中
3.LILY
4.GOLDEN HOUR
5.PAPER PLANE
6.BABY BABY BABY

[Live Info]
“CROSS COUNTER” release tour
10/14 SUN APOLLO BASE
「UNITED SHIGA」w/ WOMCADOLE、街人、Rocket of the Bulldogs
11/30 FRI APOLLO BASE
etc...
9月のルーキーは・・・!
スロウハイツと太陽




1st Mini Album『視えないカタチ』
7/11 ON SALE

1.光の中で
2.エキストラ
3.本当につらくなってしまったあなたへ
4.それでも生きていくあなたへ
5.1960
6.ラストシーン

[Live Info]
スロウハイツと太陽 1st mini album「視えないカタチ」リリースツアーファイナルワンマン “消えないコトバ”
10/20 SUN APOLLO BASE
etc...


【Nozomiのすゝめ】

全編を通して、目の間にいる人間の誰にも言えなかった想いや、秘密を告白されている気分になった。そういう時って、とてつもなく精神がざわついて心臓がゆっくりと握りつぶされる感覚になる。こんな事聞いちゃいけない。私なんかが聞いて良かったのか?でもちょっと待って、少なからず自分の中にもある気持ちだよな。その放っておこうとしていた気持ち、答えを探す事を諦めていた気持ちに対して、その人の求める答えになるかは分からないが、優しくすくい取り少々荒々しくぶちまける楽曲はとても美しい。力強い歌声や、情景がくっきり浮かぶポエトリーリーディングでの歌詞の伝達が生々しい魂を感じる。その後ろで流れる夕日が沈む瞬間の儚い瞬間に似たサウンドも頭に突き刺さる。
8月のルーキーは・・・!
FOMARE




Mini Album『0.02』
8/8 ON SALE

1.君の涙が乾く頃
2.夢から覚めても
3.HANABI
4.mirror
5.雨の日も風の日も
6.新しい歌

[Live Info]
small indies table tour 2018
9/18 TUE APOLLO BASE
FOMARE presents“0.02”TOUR ~君との距離が0になるよ~
11/14 WED 鈴鹿ANSWER
11/15 THU 名古屋CLUB QUATTRO
etc...

【Nozomiのすゝめ】

人間関係、男女関係の際どい一瞬を切り取った心臓がぎゅっとなる様な切ない歌詞なのに、程よいエモさを残しつつも爽やかで優しいサウンドが身に染みる。ちょっとした喪失感を感じたり、それが原因で何かが怖くなったり、日常に潜む「不安」を歌詞で洗い出し、浮き上がって来たものを音で「案外心配しなくても大丈夫なのかも」と思わせてくれる、浄化してくれる、そんな楽曲達を届けてくれている気がする。FOMAREの最新作「0.02」、これを聴いている間だけは世界に嘘は無いな、なんて気にもなれる。とにかく素直!真っ直ぐな歌を歌ってくれるFOMAREは、今のこの世界にちょっとした幸せと活力を届けてくれるはず。
7月のルーキーは・・・!
Unblock




Album『京阪萱島駅』
NOW ON SALE

1.萱島駅
2.エピローグ
3.明日に向かう
4.産声
5.morrow
6.ブレークアウト
7.サイレン
8.光
9.午前二時

[Live Info]
Unblock「京阪萱島駅」リリース“誰かの隣で生きているツアー”
8/15 WED 栄Party'z
10/30 MON 大阪・梅田CLUB QUATTRO(ツアーファイナル)
etc...

【Nozomiのすゝめ】


耳に音が入って来た瞬間に、水彩画の様な淡くてノスタルジーな世界が広がったかと思えば、全く別のタッチの色濃い情景が勝手に頭に流れ込んでくる。曲の意味みたいなものを考える前に、すっと身体に入って来て想像力をUnblockに乗っ取られる。そんなイメージだ。けして洗脳とかなんて言うかケミカルなものではなくて、水や空気みたいなもの。それくらい人の気持ちと身体に馴染む音楽だと思う。ちょっと切なくてヒリッと美しくもフラストレーションを爆発させる様な力強さに、クリアなのにも関わらず時々淀みを見せてくる声が複雑に、絶妙に混じり合っている。この複雑さが無いと人もバンドも面白くないと思う。つまりUnblockはどこから見ても愛おしいと思えると言う事。
6月のルーキーは・・・!
moon drop




1st Mini Album 『花束のかわりに』
NOW ON SALE

1.花束のかわりに
2.アイボリー
3.恋の断捨離
4.オレンジ
5.至福の時を
6.dear Girl
7.やさしい唄


【Nozomiのすゝめ】


日常で流れて行ってしまう些細な出来事や感情、そんなものをすくいとって甘酸っぱいメロディと歌詞と、歪みきっていないバンドサウンドとセンチメンタルな声でふっと力を抜かせてくれる。moon dropと同年代の子が聴けば心臓がキュッとなってたまらなくなってしなうんだろう。もっと大人になってから聴けば、あの頃を思い出して懐かしさと忘れたものに気がつくんだろう。そんな事を思う。いずれにせよ、誰が聴いたって何かしら心の奥からジュワッと湧いてくるものがあるはず。自分の中でどんな変化があるのかは、聴かないと分からないお楽しみ。一人でいる時に一度じっくり聴いてみて欲しい作品です。
このページのTOPへ