11月のルーキーは・・・!

ヤバいTシャツ屋さん

1st full album『We love Tank-top』
2016.11.2(wed) release
2,480yen(taxout)

2017.1.27(Fri) 名古屋 APOLLO BASE
“We love Tank-top”TOUR 2016-2017

【Nozomiのすゝめ】

第一印象は、「発育の良い中学生」。外身は大人だけど、中身はフレッシュぷりぷり中学生な気がする。大人げないとかの悪口ではなくって、自分の思った事に対して素直、全力と言う意味でだ。このアンバランス感がヤバイ。怖いもの知らず過ぎてヤバイ。人が言わんようにしてた事ホイと言っちゃうからヤバイ。Tシャツ屋さんなのにシャツとか着てる時があるのもヤバイ。そんな感じでこのバンドはヤバイ事が多過ぎる。例を出していこうもんならキリがない。なんだか、色々と相手の顔色伺ったり、笑顔を作るとか共感出来る部分探したりアホ臭くなった。これからは素直に生きよう。ありがとう、ヤバイTシャツ屋さん。あと何が一番ヤバイかって、Voがイケメンだ。ズルいやろ。
10月のルーキーは・・・!

パノラマパナマタウン


2nd mini album『PROPOSE』
NOW ON SALE
¥1,500(taxout)
<収録曲>
 1. Gaffe
 2. シェルター
 3. Elephant(in the room)
 4. ホワイトアウト
5. MOMO


2016.10.22(Sun) 神戸 太陽と虎
パノラマパナマタウンのPROPOSEツアー 神戸編
〈ゲスト〉Creepy Nuts

2016.11.4(Fri)東京 SHELTER
パノラマパナマタウンのPROPOSEツアー 東京編
〈ゲスト〉 後日発表!
【Nozomiのすゝめ】

すげー好き。何が好きってセンスが抜群に飛び抜けている所。良くも悪くも「センスが有る風」のバンドが多い中、感覚の純度が高い本物だ。センスが有る様に見せるのも相当な努力が必要だから「有る風」なバンドを否定する気はないけれど、そういったバンドが到達できない次元にいるバンドだと思う。彼らは、客観的に自分や他人を見通していると思う。現実を受け入れた上での葛藤から来る自分達の「核」がはっきりしている。自分達の理想ばかりを歌うバンドは地に足着いてない感じが個人的に不愉快だ。嘘くさいし、波瀾万丈な経験をしてきたのかも分からん奴らから元気なんてもらえる気がしないし。パノラマパナマタウンは正直だ。このまま突っ走って欲しい
友だち追加
このページのTOPへ