5月27日のゲストはBOYS AND MEN
5月27日のゲストコーナーは
「BOYS AND MEN」からこの3人が登場してくれました!!



左から、田中俊介さん、水野勝さん、田村侑久さん♪

田村さんは去年10月以来2度目の登場、水野さんと田中さんは初登場でした。

ということで、番組会員番号も決めてもらいましたよ。

田中さん→128番
水野さん→1122番
そして田村さんは→7777777777番 です。

田村さんからは「単純すぎ!」って突っ込みが入っていましたが(笑)田中さんも水野さんもお誕生日の数字を番組会員番号に選んでくれました。

ありがとうございます(*^^*)

インタビュー冒頭では、この会員番号の話に続いて後輩たちとの交流についても話してくれました。
ファンの皆さんの間では有名な話もあったのかな?
色々な繋がりがあって、素敵な先輩後輩ですよね♪

続いては今回のメインテーマ「進化理論」について!!!
5月9日にリリースされたBOYS AND MENのNewシングルです。



今回の「進化理論」は、テレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」のオープニング主題歌にもなっているということで、いつものファンの方だけでなく、小さいお子さんからの反響もあるだそうです♪

水野さんは「この前、お店で小さい子が『ガンガンズダンダン♪』って歌ってくれてた所に遭遇した」って話もされていましたね。

キャッチーなメロディーと歌詞、そして真似して一緒に踊ったら楽しくなること間違いなしのダンスなど、注目ポイントいっぱいの「進化理論」。この作品をきっかけに、ますますボイメンの輪が広がっていきますね◎

さて、曲のタイトル通り、進化し続け色んなところで活躍しているボイメンの皆さんですが、この夏も直接会える機会が決まっています!!!

全国ツアー開催決定☆
■誠ツアー
6月24日(日) Zepp Tokyo
7月22日(日) Zepp Nagoya
8月3日(金) Zeoo Osaka Bayside

■YanKee5ツアー
10月6日(土) Zepp Sapporo
10月20日(土) BARK UP FUKUOKA

そして!!年明けには!!!
2019年1月14日
ナゴヤドームでの初ライブ☆


約半年後、ますます進化を遂げているであろうBOYS AND MENの皆さんが、ナゴヤドームでどんな景色を見せてくれるのか、今からとても楽しみです。

このナゴヤドームライブに向けて、田村さんがメンバーで初めての個人ツイッターをはじめました♪
メンバーとの色々な写真やボイメンの活動情報などツイートしているので、ぜひフォローしてチェックしてくださいね。
(この番組もツイッターをやってますので、一緒にフォローしてくださーい!!!!!)
5月20日のゲストはボイメン研究生
5月20日のゲストコーナーは
「BOYS AND MEN研究生」からこの3人が登場!!!



左から松岡拳紀介くん、米谷恭輔くん、古川流唯くん☆

スタジオに入ってきた瞬間から元気いっぱい!!

とーーーーーーーーーっても大きな声で「BOYS AND MEN研究生です!よろしくお願いします!!!!」と元気いっぱい、にっこにこ笑顔で挨拶をしてくれました(*^^*)

ボイメンの時も、祭nine.の時もそうなんですが、彼らが現れると、そこにいる人たちみんなが自然と笑顔になっちゃうからすごいです。

最初の挨拶だけでなく、打ち合わせもボリューム大き目で進んでいきます(笑)
初めて出演してもらうゲストの方には「番組会員番号」を決めてもらうんですが、何番にするのか考えてる時も賑やか!!

「俺は、○番ーっ!!!!!」
「え?その番号使われてるんじゃない?」
「マジで!!!???ガーーーーン…じゃあじゃあ!!」

っていうような感じで、元気いっぱい決めてくれました。

米谷くん→215145番
松岡くん→2000.1208番
古川くん→20171119番


そんなボイメン研究生の3人に今回挑戦してもらったのは…
新曲「愛を頑張って」のタイトルにちなんだコーナー

「ドキドキフレーズで愛を頑張って~!!」

色々なシチュエーションを書いた紙をスタジオに用意し、それぞれが引き当てたシチュエーションにあった「ドキドキフレーズ」を行ってもらうというコーナーです。

「僕たち、普段あまりこういうことをしないんですよ~」
と、ドキドキそわそわしながらも体当たりで挑んでくれました。

ちなみに、挑戦してもらったシチュエーションは

●松岡くん●
『2人で歩いてたら彼女が躓いちゃった!手を差し出して一言』
『「最近うまくいかないな…」落ち込んでる彼女に一言』

●古川くん●
『後ろからハグ!からの一言』

●米谷くん●
『デート中、ほかの女性を目で追ってしまった!しかも彼女にばれた!!その時に一言』

という内容でした~♪

古川くんはお題を引いてからしばらく考え込む時間があったんですが、その間までも盛り上げようと、松岡くんが「じゃあ、その間に僕がもう1つ挑戦します!!」って体当たりで頑張ってくれたのが印象的でした。

「これでお蔵入りしたら、僕泣きます!!」って言ってた松岡くんですが、、、、ごめんなさい。
時間の関係で、泣く泣く2つほどお蔵入りになっちゃいました(涙

今回の「ドキドキフレーズ」♡
3人とも決まりきらず…という感じで、言い終わると同時に崩れ落ちてましたが、その一生懸命さと言い慣れてないこそばゆい感じが可愛くて、3人の魅力が表現されていたんじゃないでしょうか♪


さて、ボイメン研究生ですが、あの大物歌手「和田アキ子」さんのデビュー50周年記念シングルで凄いコラボをしています!!!

シングルタイトルは「愛を頑張って」☆
最大年齢差半世紀!
世代を超えた奇跡のコラボです。

和田さんのパワフルな歌声と研究生のフレッシュで元気いっぱいの歌声の組み合わせは、聴くだけでパワーがみなぎってきますよ。

公式サイトで公開しているMVも、ユニークでかっこいい仕上がりになっているので、ぜひチェックしてみてください。
5月13日のゲストは、ぱんち☆ゆたかさん♪
岡山県出身!
短ラン&ぼんたんに
パンチパーマがトレードマークの応援団長!!

ぱんち☆ゆたかさんが来てくれました♪



初登場ということで、番組会員番号も決めてもらいましたよ。

☆4126番☆


ゲーム「ボンバーマン」に関係する数字だそうです。
ボンバーマン懐かしすぎる~!!
私もスーパーファミコンでやってたな~♪

ぱんち☆ゆたかさんとは同世代ってことで、ボンバーマンの他にも中高生の時に聴いてた音楽の話とか、テレビ番組の話とか、インタビューの合間には懐かしい話題でも盛り上がりました。

同世代トークって楽しいですね(*^^*)

そして、新曲「あなたに贈る歌」に込めた想い、歌を通して繋がった甲斐拓也選手(ソフトバンク)とのお話など、ぱんち☆ゆたかさんの人柄が伝わってくるお話を沢山聞かせてくれました。

偶然にも、インタビューのオンエア日が「母の日」っていうのも新曲にぴったりでしたね。

ぱんち☆ゆたかさん、全国の人に直接歌を届けに行きたいという想いから、各地での路上ライブも行っています。47都道府県を全てまわり終え、今は2巡目だそう。
ツイッターや公式サイトなどで随時情報を発信されているので、ぜひチェックしてみてください!!

 
5月6日のゲストはLead♪
約1年ぶりに「Lead」の皆さんが来てくれました。





新曲「Bumblebee」の歌詞にある
Ring Ding Dong♪
Ring Ding Dong♪
の部分の振付をレクチャーしてくれましたね。

イベントでは、ファンの人も一緒にこの振付をして盛り上がっているんだよ~というお話もありましたが、今回はラジオの前で一緒にやってくれた人いたかな~?

あと印象的だったのは、「Bumblebee」のMV撮影秘話!

ドキドキのストーリー仕立てパートと、かっこいいダンスパートが組み合わさった今回のMV。
まさか、ヒロイン役の女性がカメラ付きのヘルメットをかぶって撮影していたとは!!綺麗なパーティードレスとヘルメットの組み合わせが違和感ありすぎて、3人も笑いそうになって危なかったそう。
確かに想像するとシュールですよね(笑)

でも、そのおかげで、ヒロイン目線でLeadの3人にエスコートされてる気分を楽しめるので、感謝感謝です。


すっかりはまって、あれから何度も見ています。
↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=7Tjx_HgMHno



「Lead」の皆さん、7月18日にはNewアルバムの発売、8月からはツアーの開催が決まっています。
この夏も沢山のドキドキを届けてくれそうですね。

またのお越しもお待ちしています~♪
4月29日はキスマイ「Yummy!!」特集♪
Kis-My-Ft2 Newアルバム「Yummy!!」特集を開催しました!!
いかがでしたか?

今回は、皆さんにも「アルバムのイチOshi曲を教えてください」というお願いとともにメッセージを募集したところ、沢山の方に参加してもらうことができました。

ありがとうございます。

そのメッセージを集計して、番組オリジナルの「オシラジリスナーYummy!!人気曲ランキング」も発表しました☆

せっかくなのでこのブログでも振り返っていきましょう~。

10位 「Mr.Starlight」
9位 「Clap-A-Holics(玉森さんソロ)」
8位 「友+情をくっつけて」
7位 「HAPPY☆DAY」
6位 「Break the Chains」

4位 「Super Tasty!」
    「We are キスマイ!」
2位 「FREEZE」
    「蜃気楼」
1位 「カ・ク・シ・ゴ・ト(北山さんソロ)」

という結果になりました。
あなたのOshi曲は入っていましたか?
ツアーも始まったので、ライブを見てOshi曲が変わったって方もいるかもしれませんね(*^^*)


さらに今回は、キスマイから番組会員番号299番の宮田さんと、1000番の千賀さんがコメントを届けてくれましたね。

千賀さんが進行役を務めつつ、2人で「みゃ~みゃ~」したり、宮田さんの名古屋弁が聞けたりと、とってもYummy!!なコメントだったんじゃないでしょうか♪


*** *** *** *** ***


ここからは、「Yummy!!」特集をやるにあたって、アルバムを聞きこんだ原の個人的な感想をつらつらと書きますので、お時間のある方だけよかったらお付き合いください(笑)
ちなみに、感想はライブを観る前に書いたものがメインです。

では、アルバム収録順に書いていきます。
(シングル曲は割愛します)

『Invitation』
→ファンクテイストで華やかなサウンドがかっこいい!
 特別な世界観に一瞬で誘い込んでくれる、アルバムの導入にぴったりな曲。
 ストーリー性のある歌詞なので聴いてるだけで画が浮かび、ラブストーリーを楽しんでいるかのような気分になる。楽しい♪


『Mr.Star Light』
→キラキラでポップ♪
 やんちゃでキュートなキスマイを楽しめる曲。
 冒頭の「オレが行きます」「いや、オレが行きます」とか、言葉の掛け合いもわちゃわちゃ感があって楽しい。
 そしてラップパートは次々に出てくる曲名にわくわく♪
 7周年、7枚目のアルバムが、7人にとって大切な節目なんだな。特別な1枚なんだなっていうのを感じる。


『Break the Chains』
→舞祭組の、わっ!で磨きをかけた4人の骨太なラップから始まるのが最高にかっこいい!いや本当にかっこいい!!
 舞祭組の、わっ!きっかけで宮田さんのラップの魅力に気付いた私は、このタイミングでこういう曲を聞けたことにとても興奮しましたw
 ラップパートに続く玉森さんのボーカルも映える!!
 あと、サビで入る合いの手のラップもいいな~
 1番は二階堂さん、2番は千賀さんが担当しているので、2人のボーカルの対比も活きていて曲の大切なスパイスになっているように感じる。
 重厚なギター音、スクラッチ音も気分が上がります。
 ライブでの披露も期待しかありません。(期待どおりでした!)


『Toxxxic』(藤ヶ谷さんソロ曲)
→毒っけのあるセクシーさ、意味深な歌詞。
 「あなたじゃないとダメみたいって叫びなよ」って!!!
 さすが「色気はナンバー1♪」な藤ヶ谷さんです。
 うふふっふー♪もクセになってます。


『蜃気楼』
→歌の言葉尻に儚さや切なさが滲む歌い方が印象的。
 繊細かつ要所要所に溢れ出たかのような強い願いも感じられるなど、とにかく7人の歌声が魅力的!
 キスマイの歌力を存分に楽しめる曲。
 7人それぞれ、どのパートをとっても最高なんですが、二階堂さんと千賀さんのボーカルの対比が好きなので、2番の出だしがイチOshiポイントです。
 ライブでは白シャツなどシンプルな衣装と照明の中、7人の歌声に浸りたいと思っていました。
 (実際にライブを見た今…より一層好きな曲になりました。)


『カ・ク・シ・ゴ・ト』(北山さんソロ曲)
→今回も、北山さんが自ら作詞・作曲を手掛けています。90年代を彷彿とさせる曲調が北山さんと同世代の私にはエモイです。マイナーな曲調に哀愁漂う北山さんのボーカルも相性抜群!!
 北山さんが「国民の元カレ」と言われるのはこういうところ!?と思うくらいに北山さんの何とも言えない色気が爆発しています。これは惑わされる女性続出なのでは。。
大人の男、北山宏光!!な色気を醸し出しています。


『セルフィー』
→爽やかなアコースティックサウンドが気持ちいい♪
 イントロが流れ始めた瞬間に胸が躍るハッピーな1曲。
 ライブ終盤かアンコールで聴きながら、その日のライブの楽しかったシーンを振り返りたい。一方で、夏の終わりに聴いたら胸がギュッと切なくなりそうな気もする。
 1番の歌いだしが宮田さんなのも新鮮◎
 「あの空へと」から急に歌い方が変わるのも宮田さんの表情豊かなボーカルを楽しめるポイント。


『青春Don't Stop!!』
→超前向き曲!!!!!
 青春ソングなんだけど、10代のそれじゃなく、ちゃんと年齢にあった歌詞になっている「大人の青春ソング」っていうのがいいな♪幅広い分野で、時に体も張って挑戦し続けているキスマイの姿勢・魅力が表現されているようにも感じた。
 「夢」が「You&Me」って表記されているのも同日発売のシングルとリンクしていて素敵。


『Super Tasty!』
→今回のアルバムの世界観を1番ストレートに表現してる曲。パッと聞き、食べ物関係のフレーズが散りばめられていてポップでかわいい曲なんだけど、よく歌詞に注目するとジーンとくることを歌ってる!
 「弱音も吐いちゃってイイ ボクらのそばで」
 「タヨろうぜ、マモろうぜ」
 「君からのSOS逃さないよ」
 「笑い・ナミダも共に描こう」
 ファンへのメッセージ?グループの絆?どっちもかな?


『Clap-A-Holics』(玉森さんソロ曲)
→かなりのEDM曲。
 高低差の激しいボーカルも見事に歌いこなしていてビックリしました!かっこいい!!玉森さんの中にこんなにも色々な声があったなんて!!あと、サックスも印象的です。
 これは確実に踊りたくなる曲。ライブでもテンション上がりそう~♪


『FREEZE』
→ギタリストMIYAVIさんの重厚なギターがかっこいい!ギターソロとか痺れます!!そのギターに惚れ惚れしていると、藤ヶ谷さん→北山さんのボーカルに鋭く切り裂かれるかのようにして曲の世界に沈んでいきます。
 歌詞の語感の小気味よさがクセになる。
 これにどんなダンスが合わさるんだろう?
 期待が高まります。
 

『REAL ME』(北山さん、藤ヶ谷さんユニット曲)
→出だしからインパクト強めの歌詞と、スピード感のある展開の曲調で終始「攻め」の1曲。ロックでTheエロスですw
2人とも30代になって、大人の魅力全開なユニット曲。これはライブでの演出がめちゃくちゃ気になります。
 「想定外は気に入らない?」の歌い方が特に好きです。


『友+情をくっつけて』
→「7つの夢」、「Seven Hearts」と、これも「7」な要素が入った曲。ミディアムバラードで7人のほっこりする歌声がいいな♪
 アルバム曲で特典映像と連動しているっていうのも珍しいパターン。


『HAPPY☆DAY』
→セリフから始まる、最初から笑顔になっちゃうHAPPYナンバー♪歌いだしが「Ki」→「S」→「M」→「Y」→「F」→「T」→「2」っていう歌順なのも、7人で言葉や音楽を繋いでいる感じが素敵。
 オールディーズな曲調が新鮮。ファルセットも印象的。
 

『We are キスマイ!』
→紹介ソングとしては2曲目なのかな。
 「Kis-My-Calling」は全員分の紹介はしてないから7人全員の紹介曲としては初めて?
 早口部分は妙に挑戦したくなるし、C&Rが多めでライブでも楽しそう。散りばめられた「素っぽい」歌い方のパートも7人のキャラクターが出ていて、改めてカラフルな魅力のあるグループだなって感じた。



以上が、ノートに書きつづっていた私の感想です。
思った以上に長くなっちゃいました(汗

最後まで読んでくれた方、お付き合いありがとうございます。
このアルバムに限らず、あなたも曲を聴いて感じたこととかあったら、ぜひ番組メッセージで教えてくださいね。

このページから簡単に送ることができますよ♪

 
このページのTOPへ