「わ」っと楽しいコメントが♪
昨日のエンディングで
「来週は、Oshi☆Men Fun Clubの準レギュラー的な人たちからコメントが届く予定です」
とお話しましたが、先ほど情報が解禁されました!!

その方たちとは、、、


Kis-My-Ft2スペシャルユニットの、、、





舞祭組のみなさんでーす!!!!


いつもリリースのたびにコメントなどを届けてくれるキスマイのみなさん、舞祭組のみなさん、ありがとうございます。

明後日22日(水)にリリースされるLIVE DVD&BD「舞祭組村のわっと!驚く第1笑」についてのお話や、ツアーテーマにもなっていた「和」、「輪」、「話」、「笑」にまつわる最近の出来事についてお話してくれていますよ♪

っていうか、もう明日がフラゲ日なんですね!!!


楽しかったあの曲、かっこよかったあのシーン、いったいどんな感じで映像に収められているんでしょうか。
楽しみですね(*^^*)

さらに初回盤、通常盤それぞれに豪華特典映像も!!

色々気になりますが、特に通常盤収録の「中居正広さんサプライズ登場」の映像がとてもとても気になっています!!!


既に予約済みの方も、まだ購入を検討中の方も、今週26日(日)の20:00からは、@FM「Oshi☆Men Fun Club」で舞祭組4人からのメッセージを要チェックでお願いします。
 
大大大ニュースでTU!!
先日の「90年代邦楽特集」いかがだったでしょうか?

懐かしいあの曲やあの曲、、、

色んなリクエストやメッセージが届いて、読んでいても懐かしくなっちゃう30分でした♪


さて、今週8月19日(日)のOshi☆Men Fun Clubも先週に続いて「90年代邦楽特集」をお届けしていきます。

そしてタイトルの
「大大大ニュース」!!!!!

なんと!!!

みんな大好きなスーパースター
堂本剛さんからオシラジにメッセージが届くことになりました!!!!!



やったー!!!
ばんざーい!!!

堂本剛さんと言えば、今月22日にENDRECHERI Newシングル「one more purple funk...-硬命katana-」がリリースされますよね。

その新曲のお話や先日「名古屋国際会議場センチュリーホール」で開催されたライブのお話などしてくださっています。

お楽しみに♡

さらに今週のオシラジは30分拡大スペシャル!!
19:30~20:30の1時間でお届けしていきます。

あなたからの「90年代邦楽リクエスト」も明日15日(水)まで大募集中ですので、ぜひリクエストにも参加してくださいね♪

ジャニーズ、ハロプロ、小室哲也さんプロデュースのあれこれなど、あなたが聞きたい「90年代邦楽」はなんですか?

メッセージ&リクエストは番組ホームページから簡単に送ることができますよ。
7月22日のゲストはKAT-TUN中丸さん!
7月22日のOshi☆Men Fun Clubは、ゲストコーナーを拡大して、KAT-TUN中丸雄一さんをお迎えしました!!!



番組初登場!ということで、恒例の会員番号も決めていただきましたよ。
中丸さんが選んだのは、94番
9月4日生まれということで、お誕生日からこの数字を選んでくれました。


さて、この日の前日(7月21日)は、中丸さんの先輩でもあるKinKi KidsのCDデビュー記念日!!
原が個人的にKinKiのお2人のファンということで、毎年勝手にこの番組でお祝いしているんですが、せっかくなら今年は中丸さんと一緒にKinKiトークをしたい!!!

ということで、インタビュー前の打ち合わせで「中丸さんとKinKi Kidsとの思い出」をお話していただけないか聞いてみたところ、「ずっとバックにつかせていただいていた直属の後輩なので、そういったエピソードでよければいくらでも」と快諾いただけましたー♪(やったー)

そこから打ち合わせはKinKiトークへと脱線し、、、笑

中丸さん「光一くんと剛くん、どちらがお好きなんですか?」
原「2人とも大好きです」
中「選べませんよね~♪ファンになって何年ですか?」
原「小学生の時からなんで…22~23年くらいですかね。
  中丸さんはKinKiの曲だと何がお好きですか?」
中「(頭を抱えながら)うわーーーー迷うなぁぁぁ
   LOVE SICK、キミは泣いてツヨくなる、Misty、
   雨のMelody、カナシミブルーも良いし…」

と、次々に曲名が出てくる出てくる♪♪♪

そこで、中丸さんに1曲選んでもらって、BGMに使用したいとお伝えすると、打ち合わせの時点では「LOVE SICK」、「キミは泣いてツヨくなる」、「Misty」の3曲まで絞っていただきました。

それを聞いて、事前に用意していた「The BEST」(20周年を記念してリリースされた歴代のシングルを網羅したベストアルバム)の収録曲に、中丸さんが選んだ3曲が入っていないか確認するディレクター。

その姿を見た瞬間、中丸さんと原は同時に

「3曲ともアルバム曲なんで、それには入ってないですよ」

まさかの言葉で見事にハモリました(笑)
これにはレコード会社の方々も「はっやっっ!!!」と驚きの様子w

そして一緒にこの言葉を発した中丸さんからも
「これは、原さんもガチですね」
と認定いただきました。光栄です。


その後もインタビューの合間など、KinKiの話をしていたんですが、「年末年始は毎年KinKiのコンサートやカウントダウンライブを観に行くため夫と新年を迎えたことがない」という話をした時に

「それは仕方ないでしょ。だって、旦那さんと出逢うより前にKinKiのお2人と出逢ってしまったんだから」と、間髪入れずに言っていただいたことにも驚きました。

この言葉を胸に、これからもコンサート会場で新年を迎えようと思います。

他にも「KinKi Kidsにはストーリーがある」by中丸さん
など、素敵な言葉を沢山残してくださったので、書きたいことは尽きないのですが、そろそろKinKiの話題は終わりにして、、、。


別の角度からこの日のインタビューを振り返っていきましょう。この日は、ネイビーの無地のTシャツにストレートデニム、黒のスポーティーなリュック姿でいらっしゃった中丸さん。

ほとんどの方は、控室に荷物を置いて手ぶらでスタジオに入るんですが、中丸さんはリュックを背負ってスタジオ入り。
珍しいパターンです。



これが実際に使用したスタジオと、中丸さんが座っていたお席です。生憎この日は1番小さいスタジオしか空きがなく…3人並んだらいっぱいいっぱいというカウンターが1つあるだけのスタジオでのインタビューに、、、

「狭くて申し訳ないです…」

というスタッフに
「いや、この空間いいっすね!無駄なスペースがなくてむしろ落ち着きます!!」
と言っていただき、中丸さんの優しさに番組チーム皆で感動でした。


そうした中、この日1番お話いただいたのが
KAT-TUN約4年ぶりのアルバム「CAST」について!!!
(7月18日に発売されています)

充電期間を経て発売された今回のアルバム、めちゃくちゃ濃厚です!!!
メンバーの「個」を大切にしてきたというKAT-TUN。今回のアルバムでは、その「個」の魅力も感じてもらえるんじゃないかなと中丸さんも話していましたね。

その「個」の魅力を1番ストレートに楽しめるのが、それぞれのソロ曲。亀梨さんは全編英語詞の「One way love」をセクシーに。上田さんはロックな「World's End.」で力強い歌声を披露。

そして中丸さんのソロ曲は、自身も作詞に参加したという「Marionation」。男性が翻弄されるラブソングなんですが、歌詞が生々しい!歌声が…特に「黙ってくれ」のところが…
(まだの方は是非聴いてください)

この曲の作詞については
「自分はあまり頻繁に作詞するわけではないし、普通に勝負するとプロの方にかなわないと思っているので「生々しさ」という部分だったら勝負できるんじゃないかと思って」
というようなお話をされていましたね。

むしろ「生々しさ」で勝負できちゃうって色々ドキドキしちゃいます。

もちろん、ソロ曲以外の楽曲も素敵な作品が多くてバリエーション豊か!!色んな表情のKAT-TUNを堪能できます。

その中から中丸さんに選曲していただき、インタビュー終わりには「READY FOR THIS!」をお届けしました。
この曲もKAT-TUNには珍しいHIP HOP調が新鮮で、ライブでも盛り上がる1曲になりそうですね。中丸さんのヒューマンビートボックスやラップもかっこいいです。


この日は本当に色々なお話をしてくださった中丸さん。
アルバムの制作についてなど貴重なお話が聞けました。

しかし!インタビューが終わっての第一声は
「いや~、KinKiさんの話楽しかったですね!」

そっちですか!!??笑
いや、もちろん楽しかったです。

是非またKAT-TUNのお話とKinKiのお話をしにいらしてください。お待ちしております。
7月15日のゲストは「UNIONE」
7月15日のゲストコーナーは、メンバー全員がメインボーカル級の歌唱力をもった5人組グループ「UNIONE」から、この
2人が登場してくれました!!


YUUKIさん(左)とSAMさん(右)

選んでくれた番組会員番号は
YUUKIさん→0322番
SAMさん→1125番

番組会員証をお渡しすると、裏面の「会員規定」を声に出して読み上げながら盛り上がっていただきましたw
ぜひまた会員証を持って番組に来てくださいね♪


UNIONEの皆さんといえば、5人それぞれが個性の異なる美声の持ち主!!ぜひ番組でもその歌声を聴いてみたい!ということで、いつも番組でやっているコーナーをスペシャルバージョンにしてお付き合いいただきました。


その名も、、、
『発表!MYレジェンドル~生歌バージョン~』

ゲストの方に、自分にとって特別なアーティストの1曲を発表してもらう「発表!MYレジェンドル」。
いつもは、CDの音源をかけながら曲について話を聞いていくんですが、今回はお2人にアカペラで歌っていただいてから曲についてお話を聞いていく方式に♪♪♪
なんとも贅沢なバージョンです。

ちなみに、それぞれの選曲は
YUUKIさん→UVERworld「美影意志」
SAMさん→清水翔太「HOME」 でした。

詳しいお話の内容は、ぜひ「radiko」のタイムフリー機能で聴いてみてください。7月22日(日)まで聴くことができますよ♪


さて、UNIONEのNewシングル「Summertime/LOVE OCEAN/Higher」が今月11日にリリースされています。

今回はトリプルA面ということでジャケットデザインも3曲ぞれぞれのバージョンでリリースされていてとてもお洒落。
そして、どの曲も夏にぴったりの楽曲になっています。

「Higher」はサッカーチーム『ジュビロ磐田』の2018年シーズンタイアップソングにもなっていますよ。

また、来月も色々な予定が控えていて、、
8月11日からは夏全開のUNIONE「SPECIAL SUMMER LIVE」がスタート☆
8月29日にはUNIONE初のライブDVDの発売も!!!

この夏もUNIONEの音楽と一緒に盛り上がりましょう~♪
7月8日~ゲスト2組目「A.B.C-Z」~
7月8日のOshi☆Men Fun Club!
2組目のゲストも番組初登場の方々でした。

A.B.C-Zの戸塚祥太さん&五関晃一さん

選んでくれた番組会員番号は
戸塚さん→32番
五関さん→551番  でした♪

番組会員証をお渡しすると、しっかり隅々まで読んでくださり「失くさないように財布に入れときます!」と戸塚さん。
五関さんは、会員証の裏面がメンバーカラーになってることに気付いてくださったりと嬉しい反応でした。



インタビューしたのが、名古屋ライブの翌日だったので収録の合間にはライブの話や名古屋での食事の話をしていたんですが、今回のA.B.C-Zのツアーと言えば、グッズも何かと話題ですよね。

それで、どうしても気になってたペンライトについて
「今回、すごいデザインですね」とお伝えすると

戸塚「そうなんですよ。すごく話題になって、トレンド入りもしたんですよ!」と、メンバーの耳にもその話題っぷりは届いていた様子!

五関「うちの橋本が考えたんです」

そうだったんですね!!!
勉強になります。

私、前に1度だけA.B.C-Zのライブを観に行ったことがあるんですが、その時のペンライトもなかなか斬新なデザインで驚いたことがあったって話をしたら

五関「どのペンライトだろう」

原「こうこうこういう形で。。。」

戸塚「メリケンサックの時ですね」

あ、その呼び方、公式だったんですね!笑
(形を説明するときに、「メリケンサックみたいな」って言っていいのか躊躇して、その言葉を避けて説明してたのにw)

いやはや、これまた勉強になりました。

今後も色々なグッズ、楽しみにしています。


さて、A.B.C-ZのNewアルバム「VS5」が5月にリリースされています。今回のアルバムはタイトル通り『対決』がテーマになっているということで、戸塚さんと五関さんにもVSしてもらいました。

『戸塚祥太VS五関晃一 3番勝負!!!!!』

このコーナーでは、より対決してる感じを出したい!
というディレクターのこだわりで、ちょっとした演出を。

普通の放送の時にはステレオで聞こえている声を「L」と「R」に振り分けてお届けしたんです。

戸塚さんの声は右側「R」からのみ聞こえる設定に。
五関さんの声は左側「L」からのみ聞こえる設定に切り替え。

切り替える時のマイクテストでは
「あ、あ、あー!R戸塚です!!」
「え…(笑) どーも、L五関です。」
と、新しいリングネームのようなネーミングも飛び出しましたw

勝負内容と結果は、、
『30秒1本勝負!指相撲』→勝者/五関さん
『21ゲーム』→勝者/戸塚さん
『長く声を出した方が勝ちゲーム』→勝者/戸塚さん

ということで、2勝した戸塚さんの勝利となりました!

残念ながら負けてしまった五関さんには罰ゲームとして、Newアルバム「VS5」での戸塚さんの聴きどころを30秒でプレゼンしてもらいました。
五関さんの細やかな聴きどころ紹介も素晴らしかったですし、隣りではにかみながら聞いてる戸塚さんの表情も絶妙で、スタジオがほんわかした空気に包まれていた気がします。

聴きどころ満載のアルバム「VS5」!
ぜひあなたも隅々までお聞きください♪
 
このページのTOPへ