防災とラジオ DISASTER PREVENTION &RADIO

東海地震に関する情報

 

地震発生の危険度に応じて3段階の情報を発表いたします。

 

 東海地震観測情報

観測された現象が東海地震の前兆現象であると直ちに判断できない場合や、前兆現象と関係がないことがわかった場合に発表されます。(少なくとも1ヶ所の歪計で有意な観測された場合など)

 

●防災対応は特にありません。

●国や自治体等では情報収集連絡体制がとられます。

 

*ラジオ・テレビ等の情報に注意し、平常通りお過し下さい。

 東海地震注意情報

観測された現象が前兆現象である可能性が高まった場合に発表されます。

(2ヵ所の歪計で有意な変化が観測された場合であって、前兆すべりによるものである可能性が高まった場合など)  

 

●東海地震に対処するため、防災準備行動がとられます。

 ○必要に応じ、児童・生徒の帰宅等の安全確保対策が行われます。

 ○救助部隊、救急部隊、消火部隊、医療関係者等の派遣準備が行われます。

●気象庁において、東海地震発生につながるかどうかを検討する判定会が開催されます。  

 

*ラジオ・テレビ等の情報に注意し、政府や自治体などからの呼びかけや、自治体等の防災計画に従って行動してください。

 東海地震予知情報

東海地震の発生の恐れがあると判断した場合に発表されます。

(3ヶ所以上の歪計で有意な変化が観測された場合であって、前兆すべりによるものと認められた場合など)  

 

●内閣総理大臣による「警戒宣言」が発せられます。

●地震災害警戒本部が設置されます。

●津波や崖崩れの危険地域からの住民の避難や交通規制の実施、百貨店等の営業中止などの対策が実施されます。  

 

*ラジオ・テレビ等の情報に注意し、東海地震の発生に十分警戒して、「警戒宣言」及び自治体等の防災計画に従って行動してください。

防災&ラジオに戻る