大府!
みなさん こんにちは〜 役場を訪ねて三千里マルコです。

晩秋に入り、紅葉の本格的なシーズンになりました。

みなさんは今秋どこの紅葉を見ましたか。

その質問をする僕は、自主取材をしながら各地の落葉を見るものの、紅葉の名所と

言われる場所へはまだ足を運んでおらず、近日中に行きたいと思っています。



今回のブログ旅は、大府市!




この写真は、大府市民の方々に見覚えのある建物でしょう。大府市役所です。

11月はリスナーの方々と共にゴルフレッスンに参加する企画があり、

その練習場であるゴルフクラブ大樹大府店に行く機会に併せて、

市役所やその周辺の店々に伺いました。

大府市には以前も同様の街取材等で訪れたことがあり、

勤労会館(写真下)をはじめ、見覚えのある場所がいくつかありました。




(↑たまたまコニシキさんのトークショーが行われていました)



話は戻りますが、まぁ大府市役所の立派なこと!


建物自体が比較的新しく、


市役所というよりはコンサートホールのような感じ。





上記の写真は所内のロビー。とっても見事で美しいアトリウムです。

上階にはレストランがあり、

リスナー情報によれば、定期的にロビーコンサート等のイベントが行われるとか。

僕が訪れた日が土曜日で、市役所の業務は休み。

しかし、その静かなロビーの窓際がカウンター机と椅子が並び、

テスト勉強する学生の姿がありました。 ここだったら勉強もはかどるかも?!



大府市の公共施設はどこも比較的新しくていいですね。時間を作って訪れたくなります。

そして、大府市と言えば、僕がちょくちょく訪れるケーキ店があります。

それは、パティスリー深谷。



10年ほど前に雑誌の取材で訪れて以来、こちらの人気商品・エフショコラという

深い味わいのチョコレートケーキが気に入って、


そのケーキを買うために大府までドライブに出かけます。 

ここしばらくご無沙汰していましたが、店主夫妻が僕を覚えて下さっていて

その日も少しお話をしました。今もそのケーキを食べながらブログを書いてます!



そして、今回の大府訪問の目玉となったのが、駅前のとあるレストランです。

ラジオネーム 大府のUCOさんに頂いたメールをもとに、

パソコンでさらに情報を集め、11月2週目の土曜日にいざ訪問。

すると、訪問直前に予約した僕が原因でしたが、その日のランチは満席で入れず・・・

しかし、諦め切れなかった僕は当日キャンセルが出ないかと願って、

とにかく店まで行きました。 が、その願いが叶わずダメ・・・

店内を少し覗いた時、とっても雰囲気が良さそうだったので、急遽その日の夜に

予約を入れることが出来ましたが、今度は僕の都合が悪くなって断念・・・

そして昨日のランチ。この日は前もって予約したら、遅めの時間ならと、

3度目の正直でようやく食事することが出来ました!(とってもシブトい僕。)

カウンター席にいくつかのテーブル席の、こじんまりとした店。


まず扉を開けて目に入るのが、美人女性オーナーシェフの笑顔!

スペインやイタリアの美女か?!と思う端正な顔立で、仕事振りはキリっと男らしく、

且つとても優しい接客をして下さる素敵な方でした。

ランチは、5種〜6種の温冷前菜盛り合わせにバゲット、3種のパスタからひとつ

選びます。僕が選んだのが生パスタ・テリアッテレときのこクリームソース。

3度チャレンジした甲斐がある美味しさでした!

その日は車で出かけたのでワインが飲めず、また日を改め電車でディナータイムに

伺いたいです。



店の名前は ラ・ファルファーラ 

必ず予約を・・・  


大府も非常に素敵な町でした。
飛島村!
みなさん こんにちは。 役場を訪ねて三千里のマルコです。(遥か〜草原の〜♪)

今回訪れたのは飛島村役場です!






飛島というと、僕がたまに行く公共ゴルフ場が弥富にあり、途中通過する伊勢湾岸高速の

飛島インターを知る程度でした。今回カーナビに飛島村役場を入力すると、

最寄インターは蟹江と表示され、蟹江=飛島??と、(最先端ながらもどこか信用仕切れない)

カーナビを一応信じて、目的地に向かいました。



蟹江インターを降りてしばらく走ることおよそ十分。


平地に広がる田んぼの中に現れた茶色の立派な建物群!

人口およそ4,500人の飛島村と聞いて、結構小さな村役場を想像していましたが、

その正反対!ドーンと構える役場に広い駐車場、そして隣接する公民館等の建物−

とても立派な役場でした。



今回飛島村を訪れた理由は、突然やってきました。 

その前日に友達と食事をしようと店に行ったら、何と!アコーディオニストのCobaがいました。

僕とコバは、知り合って以来非常に仲が良いので、呼び捨てすることをお許しください。


彼との出会いは、今から15年くらい前の、僕の担当番組。 

当時、アイスランド出身の歌手・ビョークと共に世界ツアー中だったコバは、

各地のライブ会場のステージ袖や、音楽フェス会場の楽屋、滞在先のホテルに

レストラン、バーなど、ありとあらゆる街から音楽や食・文化にまつわる

話を伝えてくれました。


当時は、現在ほどインターネットが普及する前で、コバ自身がMDレコーダーを携帯し、

自分で録音しては速達エアメールで送る作業を繰り返していました。

以降、コバが名古屋でコンサートをする時は必ず見に行き、その前後で食事をしたり、

飲みに行ったりと、僕が今まで出会ったミュージシャンで最も仲良しの中の一人です。



先日、そのコバとバッタリ再会したのは、昔僕が彼に紹介した栄の中華料理店。

「すっごくダイナミックな料理人がいるから!」と紹介したら、彼はすぐに気に入り、

ライブの打ち上げや、私用で名古屋に来る時は必ず立ち寄るみたいです。

(僕に連絡無しの時も多々・・)


その夜も一緒に食事をし、翌日は飛島村中央公民館でライブがあるからと

誘われたので、役場巡りと兼ねて、飛島村に伺った訳です。



村役場の隣にある公民館と聞くだけでは、まず想像が付かない立派なコンサート会場!!!

名古屋市内のライブ会場に劣らぬ広さと音の良さにビックリしました。


その日は村をあげての秋のお祭りで、中でもコバのライブはメインイベントでした。

数ある楽曲の中でも、テレビ番組やコマーシャルで耳馴染みのある曲を多く

演奏し、僕同様村民の方々も楽しんだようです。



さぁ、次はどこに行こうかな〜

現在、大府市役所・瀬戸市役所・尾張旭市役所が候補地です。

このブログをご覧の皆様!! どうか、それら3市の周辺情報をお聞かせください。

僕が訪ねたいのは、役場周辺の観光名所・美味しいレストラン・カフェ、名物etc..



email address / mg@fma.co.jp  

まで情報をお寄せください。お待ちしています!!
七宝町〜美和町〜甚目寺町編!
みなさん こんにちは。 

ホント、ポツポツのブログ更新ですみません! こうやって、いざ書こうと決めるまで、あっという

間に半月が経ってしまいました。


さて、マルコの役場巡り旅、今回は海部郡3町を駆け足で訪ねました。

愛知県庁の次がなぜ七宝町??

確かに、県庁の横にある名古屋市役所とか、中区役所とか、近いところから行こうと思いました。

が、朝の放送で皆様の町情報を募ったところ、真っ先に情報を頂いたのが、七宝町民でした!それも

数通の七宝情報を、ほぼ同時に頂いたのです。モーニンググルーブは、七宝町民の皆様に特に親しみ

やすい番組なのかな?と、僕は一人勝手に喜んでいます。


そして、行って来ました七宝町!ラジオネーム・マスコミュールさん!情報ありがとうございます

町の名前は、はるか昔の美しい七つの宝に似た、とても高貴な焼き物=七宝焼に由来するそうです。

そしてこの度訪れた隣町、美和町と甚目寺町の3町が、来年いよいよ合併されることになり、

まずはその合併前に行っておかなくては!と、先急いだのです。


僕が伺った日はあいにく雨の月曜日・・・アートヴィレッジでの七宝焼見学は出来ませんでしたが、

行って来ましたよ、七宝町役場! 町の人達にとってのランドマーク?!みたいな体育館を右手に、

小川を渡れば、役場が見えてきます。(写真1)




前回の愛知県庁も同様、七宝町民ではない僕は、役場に直接用がなく、何となくソワソワして役場内

に入り、真っ先に目が合った男性職員に訪問の旨を伝えると、快く総務課に案内して下さり、

七宝町はもちろん、隣町を含めた海部郡各地の資料を頂きました。


アッと、役場に行く前に立ち寄ったトンカツ屋のことを書き忘れていた!

七宝町に実家があるというラジオネーム・シエルさぼてんさんから頂いた情報を頼りに、名古屋高速

千音寺インターを下車→中部健康センターを超えて七宝方面に進んだ左側にありました。

頂いた情報通り、注意していないと見逃しそうになった、こじんまりと佇む店。(写真2)





建物や看板を見て分かる様に、昔からこの町にある、暖簾をくぐってみたくなる店でした。

いざ、店内へ。

すると、昼休憩中であろうサラリーマン風の団体一組と、近所のご夫婦であろう60歳から70歳の

カップルが一組。カウンターに座った僕の目の前では、”この道云十年!”というベテランらしい鋭

い雰囲気が漂う店主が、カツにパン粉をまぶし、その姿をじっと見つめるイケメン息子は、父親の

精魂込めたカツが手渡されるのを待っている。あとは、揚げるだけ。そして、出来上がったカツに

味噌をかけ、盛り付けが終わった最高に美味しそうな味噌カツを、笑顔いっぱいで運ぶお母さん。

ここは、家族愛であふれた絶品の一品だった。いやぁ、美味しかった。ボリューム150点。


そして、味噌カツ→役場の次は、七宝町のラジオネーム・愛聖ママの情報を元に訪れた町屋カフェ、

太郎茶屋鎌倉。(写真3)


 


情報メールに記された通り、地元の人々絶賛のわらび餅を頂こうと、

なんと、お水と一緒に早速付出しとして、わらび餅が出てきました!

これで、僕の目標はすでに達成されましたが、付出しと水だけ頂いて帰ることも出来ず、かと言って

その前の味噌カツですでに満腹だから、あまり食べる訳にも・・・といいながらも、結局グリーンテ

ィーと和菓子3種の盛り合わせを頂きました。


そんな胸もお腹もいっぱいの僕でしたが、合併されてしまう前の役場の姿をせめて写真に収めたい

と、お隣の美和町(写真4)、





そして、その役場の前の道を一直線であっという間に到着した

甚目寺町役場(写真5)まで足を伸ばしました。





まぁ、どちらも非常に立派な建物でした。特に印象的だったの

が、美和町役場。建物に入ると、ニコっと非常に素敵な笑顔のおじさんが立っていて、胸元を見ると

「コンシェルジェ」のバッジが。そう、役場内のことから町のことまで、美和町のことなら何でも

応えてくれる、ホテルや銀行の様なサービスをしてくれます!

町役場というと、なんとな〜く暗いイメージで、なるべく用事を早く済ませて出て行こうとする場所

のイメージが、あんな笑顔のおじさんがいたら、少し話をしてみたくなります。


さぁ、次は飛島村役場編! お楽しみに。
このページのTOPへ