書籍『嫌われる勇気』200万部突破

岸見一郎、古賀史健『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』 (ダイヤモンド社/2013年12月12日発売)
 2/24付オリコン週間BOOKランキング(集計期間: 2月10日~16日)で、『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』が週間0.6万部を売り上げ、累積売上部数を200.4万部とし、同ランキング史上6作目の200万部を突破した。同ランキングでの200万部超えは、2016/3/21付で渡辺和子『置かれた場所で咲きなさい』が記録して以来、3年11ヶ月ぶりとなる。

 本作は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称されるアルフレッド・アドラーの思想「個人心理学(=アドラー心理学)」を、青年と哲人の対話という物語形式でわかりやすくまとめた作品。2013年12月の発売からロングセラーとなっており、2014年、2015年に続き、昨年発表の「年間BOOKランキング2019」ジャンル別「自己啓発書」において、通算3度目の1位を獲得している。

※「オリコン週間"本”ランキング」は、「2008/4/7付」よりスタート

(提供:オリコン)


このページのTOPへ