キスマイの初主演舞台に密着

4人での初主演舞台に挑むKis-My-Ft2(左から)横尾渉、千賀健永、宮田俊哉、二階堂高嗣
 人気グループ・Kis-My-Ft2が21日放送のフジテレビ系『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(深0:55)に出演する。玉森裕太はグループの特徴について「アイドルっぽくないところじゃないですかね。キスマイの良さでもある。舞祭組っていうユニットもあるくらいですから」と語る通り、横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永はメンバー内ユニット『舞祭組』としても活躍。今回は4人で初めて主演として臨んだ舞台『○○な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~』に密着する。

 この舞台では、横尾と千賀、宮田と二階堂の二組に分かれ、それぞれのペアが、盲目の兄とそれを支える弟という設定で演じている。盲目の兄を演じる宮田は苦戦。演技経験は4人の中で最も豊富だが、目が見えないことのリアリティーをなかなか表現することができない。宮田は「めっちゃむずい。見ちゃいけないんだよね。音の鳴るところを見ると目が合って会話しているように見えてしまう」と悩ましい表情を見せる。

 舞台のセットも出来上がり、けいこはいよいよ佳境を迎えた。宮田は、動きだけでなくその人物の心をどう演じるのか、葛藤していた。演出家とともに場面ごとの心情を確認していくのだが、不安がぬぐいきれない。普段はグループのムードメーカーの宮田から笑顔が消えた。一心不乱に台本をめくり、役と向き合う。果たして宮田は盲目の兄の役を自分のものにすることができるのか。

 同じく盲目の兄役の横尾は、焦った様子を見せることなく、淡々とけいこをこなす日々。もともと勉強熱心で、バラエティー番組の企画では、全くの素人から俳句名人と呼ばれるまでの実力を身につけた横尾だが、「後輩もたくさんいますし、キスマイもアラサーになりましたし、隙間産業というか、それこそ考えてやっていかなきゃ仕事をもらえない。先輩方に作っていただいたレールに乗っているだけでなく、キスマイや横尾渉から引き継いでいけるものがあるようにしたい」と目指す在り方を語る。

 また、後輩とのかかわりを大切にしている二階堂は、ジャニーズJr.内ユニット・Travis Japanの主演舞台を見に訪れた。「にいに(兄貴)が来ていると聞いて緊張した」と言うメンバーに、愛のあるイジリを交え舞台の感想を伝える。二階堂は「キスマイもそうですし舞祭組も先輩にかわいがっていただいて、すごく愛を感じていた。後輩はかわいいですよ」と受け継がれる先輩後輩の強い絆を語った。

 そんな4人が初めて挑む主演舞台。グループ最年少の千賀は「(前列を担う3人の)玉森と北山と藤ヶ谷は大事な存在だし、たくさん背負ってる部分もあると思う。7人ではなく4人の時は僕たちだけでどこまでできるかがチャレンジだと思っている」と、この舞台への意気込みを語る。どう演じればより観客に伝わるのか、それぞれが自分なりの方法で役と必死に向き合う。果たして4人は、どんな舞台を創り上げるのか。けいこを重ねる中で壁にぶつかりながら自分の役をつかみ取ろうともがく4人のリアルに迫る。

(提供:オリコン)


このページのTOPへ