有岡&八乙女、仲良しエピソード

『衝撃のアノ人に会ってみた!』に出演するHey! Say! JUMP(左から)八乙女光、有岡大貴(C)日本テレビ
 人気グループ・Hey! Say! JUMPの有岡大貴、八乙女光が、19日放送の日本テレビ系『衝撃のアノ人に会ってみた』(後7:00)に出演する。スタジオでは、VTR内容にちなみ2人がジャニーズJr.時代の仲良しエピソードを披露。八乙女が毎日のように有岡の家に泊まりに行ったりいつも一緒にいたため、ジャニー喜多川さんから「金魚のふん」と言われていたことを明かす。また、八乙女は小学生のとき、とある有名人と一緒にダンスを習っていたことを初告白。紅白歌合戦に12年連続出場し、海外でも絶大な人気を誇る女性アーティストとは…。

 同番組は、テレビやSNSの衝撃動画、新聞などで話題となった「衝撃のアノ人」を探し出し、「今だから話せる真実」「隠されたエピソード」、さらにはその後の人生も描くヒューマンドキュメントバラエティー。

 8年前、『news every.』では、瀬戸内海に浮かぶ人口400人の平郡島に住む1人の小学1年生の女の子を特集。島は過疎化が進んでおり、小学生はその少女ただ1人だった。彼女が通う小学校では、先生1人生徒1人で毎日授業を行っており先生はマンツーマンで彼女に熱血授業。給食はなく、お昼は毎日自宅に戻って家族でご飯を食べる。そんな彼女を島中の人たちが家族のように応援。運動会では、ほかではあまり見られない珍しい光景が繰り広げられる。

 そんな彼女のために先生はあるとき交流学習を計画。山口県の山間部で同じく小学校で1年生は1人だけという女の子が平郡島にやってきた。境遇が似ている2人はあっという間に仲よくなるも、すぐに別れのときが。さらにその後、3年生になると、先生が別の小学校へ異動が決定。2人の涙の別れに有岡らもうるっときてしまう。14歳になった今、果たして彼女はどうしているのか。そこにはさらなる絆の物語が生まれていた。

 また、有岡がジャニーさんから言われた忘れられない言葉を回想。ドラマの撮影で体調を崩した八乙女にある大物俳優がしてくれたプレゼント秘話には、司会の桝太一アナらスタジオ中が「すごい!」と感動する。

(提供:オリコン)


このページのTOPへ