木村多江「緊張とグッドバイ」

撮影前に催眠術をかけてもらっていたことを明かした木村多江 (C)ORICON NewS inc.
 女優の木村多江が23日、都内で行われた映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』完成披露試写会に出席。同作のメガホンを取った成島出監督の作品に念願の参加を果たしたが「成島監督とずっとご一緒したくて、リハーサルの子役のオーディションまで一緒にやって、すごく緊張したんです。このまま緊張するとお芝居できないと思って、催眠術かけてもらいました」と打ち明けた。

 驚きの告白に大泉洋や小池栄子が驚く中、木村は「緊張とグッドバイしました。『携帯に録音していい。これがあれば、もう来なくていいから』って言われたんですけど、本当に緊張しなくなった」とにっこり。大泉が「でも、撮影現場で緊張しないっていいのかな。『おい、成島!』みたいになるわけでしょう」と冗談交じりにイジると、小池が「緊張とそれ(態度の悪さ)は別だから」と笑顔でツッコミ。木村は「もう1回(緊張するように)催眠術かけてもらった方がいいかな」と素直に反応していた。

 原作は、太宰治の未完の遺作を、ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲。物語の舞台は、戦後の混乱から復興へ向かう昭和の日本。文芸雑誌の編集長・田島周二(大泉)は、何人もの愛人を抱え、別れる決心をするも彼女たちを前にすると別れを切り出すことができない。困った田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子(小池)に、女房を演じてくれと頼み込む。男は、女と別れるため、女は金のために。2人の“嘘夫婦”の企みが描かれる。

 試写会にはそのほか、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、濱田岳、松重豊、成島出監督も出席。同作は、2月14日より公開される。



(提供:オリコン)


このページのTOPへ