屋外で『五等分の花嫁』コス

『コミケ97』に参加したコスプレイヤー (C)oricon ME inc.
 昨年末、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で4日間にわたり開催された『コミックマーケット97(以下、C97)』は“冬コミ史上最多”となる75万人の来場者数を記録。本イベントの盛り上がりに貢献したレイヤーたちを紹介する。

 『五等分の花嫁』に登場する五つ子ヒロインの1人、二乃のコスプレ姿を披露していたキノみさん。ビビッドなピンクのウィッグと、白シャツ&ニーハイ、紫のアウターに黄緑のミニスカと、ケミカルな色彩が目を惹いた。4年前に徳島のコスプレイベントに参加して以来、コスプレの魅力にハマったという。「普段は室内で撮影することが多いので、屋外で撮られるのは新鮮で気持ちいいです。ポイントは頭につけたリボンで、頑張って自作しました」と自作衣装の魅力をアピールしていた。

 頭頂部に天使の輪をつけたもえさんは、ライトノベル発でゲームや漫画、アニメも展開しているダーク・コメディ作品『撲殺天使ドクロちゃん』のドクロちゃんコスに挑戦。「コミケでレイヤーさんのコスプレを見て、自分もやってみたいなって思って。『撲殺天使ドクロちゃん』は地上波では放送できない(?)過激な内容だけど、グロカワイイところに惹かれます」と、ドクロちゃんの魅力をアピール。自慢の武器は自作で、プラスチック製のバットにクラッカーを取り付けたんだそう。100均はコスプレイヤーにとって宝の山で「安く済ませられる必須のお店です!」と、コスパの良い100均の重要性を強調した。



(提供:オリコン)


このページのTOPへ