山田孝之、広瀬アリスが名推理披露

東京2020の聖火ランナーを担当する広瀬アリスと山田孝之 (C)oricon ME inc.
 俳優の山田孝之と女優の広瀬アリスが6日、都内で行なわれた『2020年 春 ジョージアブランド』戦略発表会に登場。2人は、ジョージアブランドのアンバサダーとして、東京2020五輪の聖火ランナーを担当することが発表になった。

 聖火ランナーに選ばれた山田は「私みたいなものが、神聖な聖火を持ち走れる日が来るとは! 精いっぱい頑張りたいと思います」と意欲満々。一方の広瀬は「生きている間に、こんなに素晴らしいことは一生ないと思います。ビックリしていますけど、とてもワクワクしています」とニッコリと微笑んでいた。

 続けて、2人は意気込みを書いたフリップを披露。山田は「がんばります」と堂々と宣言。広瀬は「全力で楽しむ」と記し、「緊張を楽しめれば。終わってから記憶が飛んでたらどうしよう…。真っ白にならないように一生懸命、楽しみます」と、国民の期待を背負って聖火ランナーを務めることを誓った。

 同じく聖火ランナーを務める一般参加者の中から、東京五輪に関連した職業の4人が登壇。山田と広瀬はそのうちの1人の男性の職業を当てるため、ヒントアイテムが入った箱に手を入れる『箱の中身はなんでしょうクイズ』に挑戦した。

 箱の中身はブラシなのだが、中身を知らず恐る恐る手を入れた2人。山田は「磨く物? ブラシ!?」と気付き、さらに男性について「親指だけが異常に発達している」とサスガの観察眼を披露。そのほかに「丸くて重いものを扱う」などのヒントを得て、広瀬は「メダルを磨く人」、山田は「メダルを作る方」と答えた。正解は『メダルの製造者』で山田が正解となった。

 次の男性の職業について広瀬は、「ミリ単位のフィットが求められて、同じものは作らない」というヒントだけで「義手や義足を作る方」と直感で言い当て見事に正解。2人揃って“名推理”を披露し、イベントを盛り上げていた。

 東京五輪が開催される今年、ジョージアは働くすべての人を応援する「TOKYO2020も、誰かの仕事でできている。」をメッセージとしたキャンペーンを展開。13日からは山田と広瀬が出演する新CMが放映されるほか、同日から東京五輪をテーマにしたデザイン缶が発売される。

(提供:オリコン)


このページのTOPへ