【紅白】坂道3姉妹&権之助坂共演

『第70回NHK紅白歌合戦』に出場した乃木坂46(前列左から)齋藤飛鳥、秋元真夏、白石麻衣、松村沙友理(後列左から)久保史緒里、堀未央奈、山下美月、与田祐希 (C)ORICON NewS inc.
■『第70回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
 5年連続5回目の出場となる乃木坂46は、白石麻衣センター曲「シンクロニシティ」を披露した。後輩グループ・欅坂46、日向坂46と初の“坂道3姉妹”合同パフォーマンスを行い、観客を魅了した。

 パフォーマンス前には白石ら3組の代表メンバーと、背中に「権之助坂46」と刺繍された茶色とグレーの衣装を着用した総合司会の内村光良が集結。「目黒からやってきました“権之助坂46”です」と自己紹介した内村は、「坂道ファイト、オー!」と坂道メンバーに気合いを入れた。

 まずは乃木坂46のメンバーだけで優雅にロングスカートをひるがえしながら「シンクロニシティ」を披露。途中から下手側に欅坂46、上手側に日向坂46、センター後方に内村も合流し、内村は自宅で家族にも内緒で練習してきたという成果を披露。ラストはセンターの白石と“裏センター”の内村がツーショットで抜かれ、白組司会の櫻井翔を興奮させていた。

(提供:オリコン)


このページのTOPへ