中村倫也、紅白リハにメガネ姿

『第70回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した中村倫也(写真は過去のもの)(C)ORICON NewS inc.
■『第70回NHK紅白歌合戦』リハーサル初日(28日、東京・渋谷 NHKホール)
 特別企画でディズニー映画の名曲のスペシャルメドレーを披露する中村倫也、木下晴香、中元みずきが登場。名シーンをバックに歌声を届けた。

 中元は映画『アナと雪の女王2』から日本版エンドソング「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」、中村と木下は映画『アラジン』から「ホール・ニュー・ワールド」を歌唱。中村はメガネ&ニット姿のラフな服装で登場すると、木下と入念に音合わせを行い、伸びやかな美声をNHKホールに響かせていた。

 同番組では、2016年から東京オリンピック・パラリンピックが開催される来年2020年に向けて、「夢を歌おう」をテーマに掲げており、オリンピックイヤーを目前にした今年の『第70回』は、そのしめくくりの年となる。司会は紅組・綾瀬はるか、白組・櫻井翔(嵐)、総合司会は内村光良(ウッチャンナンチャン)とNHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。

(提供:オリコン)


このページのTOPへ