竹野内豊、ぎぼむすParavi編で主演

『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』のオリジナルストーリーをParaviで独占配信決定(C)TBS
 女優の綾瀬はるかが主演するTBS系『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』(2020年1月2日、後9:00)の放送を前に、動画配信サービス『Paravi(パラビ)』では本編のメインキャストである竹野内豊、佐藤健、井之脇海を主演とするParaviオリジナルストーリー『義母と娘の間のフェルマータ』が配信されることがわかった。

 『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴氏による同名4コマ漫画を原作に、2018年7月期に連ドラとして放送。今回のスペシャル版は、連ドラの物語の1年後をドラマオリジナルストーリーで描く。そして、Paraviオリジナルストーリーは主人公の義母・亜希子(綾瀬はるか)と娘・みゆき(上白石萌歌)のブルースの間にある男性3人の物語。もちろん、綾瀬や、上白石、浅利陽介ら連ドラのレギュラーキャストも登場する。

 SPドラマとParaviオリジナルストーリーは、同じ時間軸で物語が進行するので、両ドラマがところどころで複雑に絡み合い、リンクするのもみどころのひとつ。フェルマータとは、楽曲の途中で小休止する記号のこと。SPドラマの劇中、どこかが“小休止”をした時、竹野内、佐藤、井之脇が主演のそれぞれの物語が動き出す、という構成。連ドラの中で病気で亡くなった亜希子の夫・宮本良一(竹野内)が、どのような形で出演するのかにも注目だ。

 飯田和孝プロデューサーは「『義母と娘の間のフェルマータ』は、ただの「小休止」的なサイドストーリーではありません。本編のシーンとシーンを繋ぐ接着剤のようであり、本編をさらに面白く仕立て上げる調味料のようでもあります。本編を見た後にオリジナルストーリー、そしてまた本編を見る…という風に、『義母と娘のブルース』を楽しんでいただければうれしいです」とコメントを寄せている。

 Paraviオリジナルストーリー『義母と娘の間のフェルマータ』は、SPドラマ放送後から3夜連続で配信される。

(提供:オリコン)


このページのTOPへ