飯豊まりえのビビりに周囲困惑

映画『シライサン』舞台あいさつに登場した(左から)江野沢愛美、飯豊まりえ、稲葉友 (C)ORICON NewS inc.
 女優の飯豊まりえが12日、都内で行われた映画『シライサン』舞台あいさつに登場。ホラー映画初出演ということで、撮影中に起きた自身のビビり過ぎエピソードを展開すると、その内容に共演者は困惑していた。

 同作は、“その名”を知った者のもとに現れ、目をそらしたら殺されてしまうという怨霊の恐怖を描いた完全オリジナルホラー映画。初の単独主演で初のホラー映画に挑む飯豊は恐怖に立ち向かうヒロインを演じる、オファーが届き「うれしかったです」と言いつつも「個人的にお化けが苦手なので、びっくりしました…」と複雑な心境を告白。

 撮影中、常にビビる飯豊を共演者の江野沢愛美、稲葉友はフォローしていたそうで「怖がっている飯豊へ『大丈夫だよ~』と言う時間が多かったですね。誰よりも怖がっていて。撮影に入る前からビビっていたので」と稲葉は苦笑い。撮影に入る前、ホラー映画ということで問題が発生しないようにお祓いをしたそうだが、飯豊は「問題が起きたんですよ!」と暴露。

 具体的には「神主さんがお祓いをする時に私の名前を読み間違えて…噛んだんですね! もともと、滑舌があまり丁寧ではない方でして…。確実に私の名前を言えてなくて、『私はこれで、呪われちゃった。もう、無理…』と。それがすごく怖かったので、友君に『もう私は呪われます』」と嘆きだらけの撮影を振り返った。

 ビビり過ぎる飯豊の行動に稲葉と江野沢は少し困惑していそうで「コートが撮影中にパタンと落ちると、それだけですごく怖くなっちゃって…。『シライサンだ!』と言うので、『なんでもシライサンのせいにしちゃいけんよ!』と」注意したと説明。

 滞在したホテルでも「一番怖かった」という飯豊は清めるために塩を「2キロを持っていました」と明かすと会場から驚きの声が。「塩は毎日取り換えないと、これはダメなレベルだと思いまして…、危機管理。塩を持ち歩いていましたもん。入る前にまず、(塩を)撒いて清めてから部屋に入るということをやっていました」と部屋の内部にも清めの塩を撒いていたと話すと、稲葉から「清掃の人の気持ちを考えて!」とツッコミを入れられていた。

 イベント最後に飯豊が観客へあいさつをしている最中、突然音が鳴り会場が真っ暗になると「怖いっ! えっ!何? 怖い、怖い、怖い」と江野沢と稲葉を巻き込んで抱きつき場面が。明るくなると呆然と立つ飯豊を見て稲葉が「現場でああなる瞬間があった。『本当にやだ、本当にやだ、何っ?』と」とイジると、飯豊は「あー、怖かった」と顔を真っ赤にして照れていた。

(提供:オリコン)


このページのTOPへ