佐久間由衣、主演作に目潤ませる

『“隠れビッチ”やってました。』公開記念舞台あいさつで目を潤ませる佐久間由衣 (C)ORICON NewS inc.
 女優の佐久間由衣が7日、都内で行われた映画『“隠れビッチ”やってました。』公開記念舞台あいさつに登場。初主演映画が無事に公開日をむかえ「とても吐きそうです…」と緊張しながら「最初、脚本を読んだ時に『この主人公は果たして応援してもらえるようなキャラクターになるのか』という不安があった。言葉使いだったり、行動だったり…」と声を震わせながら撮影を振り返った。

 同作は、見た目は清楚だが思わせぶりな言動で男を翻弄する“隠れビッチ”の女性・ひろみ(佐久間)の恋愛模様を描いたもの。異性からモテ続けることで承認欲求を満たしてきたひろみが、本気で気になる男性が目の前に現れて、自分の本音と向き合っていくストーリー。ひろみが本気で好きになる安藤役を小関裕太が担当している。

 厳しい指示が監督から飛んだそうで「いろんなことをご指導いただきました。演出面では細かいところだったあり、何回も『違う』と言われたのですが、作品に挑む姿勢としてクランクインする前に教えていただいたのが『作品に参加する意識ではなく、自分の作品を世に残す意識を持って挑みなさい』と言われました」と振り返る。「こんなに優しく言ってくれなかったのですが、お尻を叩かれまして、そこから自分の意識が変わり挑んでいたった形になりました」と女優としてさらに成長できたことに感謝していた。

 作品に挑んだ心境は「生きていくのは自分のままでいられない時もあるし、わがままになれない時もあるし、嘘をつかなくてはいけない時もある。この映画は承認欲求を満たす女の子ということで、恋愛を軸にそういった話を描けたらいいなと思っていた」と説明。「それは、いけないことではないし、間違っていることではない。でも、いっぱい失敗しながらも、ちょっとずつ前に行けたらいいというメッセージを込めて作品に関わらせていただきました」と熱弁したが、言い終えて「はぁっ~…」と感極まり目を潤ませていた。

 この日は、小関裕太、大後寿々花、森山未來、三木康一郎監督も出席した。

(提供:オリコン)


このページのTOPへ