YouTubeトレンド音楽 1位ヒゲダン

YouTube「国内トップトレンド音楽動画ベスト10」で1位を獲得したOfficial髭男dism
 Googleは5日、東京・幕張メッセで開催したライブイベント『YouTube Fan Fest ミュージックライブショー』で、2019年の「国内トップトレンド音楽動画ベスト10」を発表。今年国内で最も注目を集めた音楽動画は、Official髭男dism「Pretender」だった。同バンドは7位に「宿命」がランクインし、まさに今年を代表するバンドとなった。

 同ランキングは、2019年中にアップロードされたYouTube上の音楽関連動画の中から、再生、共有、コメント、評価、派生動画の数など、さまざまな要素をもとに選出される。

 2位はKing Gnuの「白日」、3位には菅田将暉の「まちがいさがし」と、今年の『NHK紅白歌合戦』に初出場するアーティストたちがトップ3を独占。4位から6位までは米津玄師による3タイトルが選ばれた。

 発表に併せてコメント動画を寄せた同バンドは「1位というより再生をたくさんしてもらえて観てもらえてうれしいことだなと。この2曲は海外で撮影もできたのであのビデオ(MV)をみると撮影を思い出すしますし、曲にあったビデオがつくれたなと。今年は5人として実りのある年でしたので来年もいい音楽をつくってみなさんに届けていこうと思います」とさらなる飛躍を誓った。

 イベントはYouTube上で高い人気を誇るクリエイターやアーティストとそのファンたちが集うオンライン動画コミュニティの祭典。今回は第6回目、2日間の開催となり昨日4日にはフィッシャーズ、はじめしゃちょー、ヒカキン、アバンティーズ、水溜りボンドなど人気YouTuberたちが参加した。

■YouTube Rewind 国内年間トップトレンド音楽動画2019
1位 Official髭男dism「Pretender」
2位 King Gun「白日」
3位 菅田将暉「まちがいさがし」
4位 米津玄師「海の幽霊」
5位 米津玄師「パプリカ」
6位 米津玄師「馬と鹿」
7位 Official髭男dism「宿命」
8位 RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」
9位 あいみょん「ハルノヒ」
10位 TWICE「FANCY」

(提供:オリコン)


このページのTOPへ