浜中文一、宇宙Sixに誘われるも…

ミュージカル『ELF the musical』公開ゲネプロ後囲み取材に登壇した(左から)松本幸大、浜中文一 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の浜中文一、ジャニーズJr.内グループ・宇宙Sixの松本幸大が6日、品川プリンスホテル ステラボールで上演されるミュージカル『ELF the musical』公開ゲネプロ後囲み取材に登壇した。

 日本初上陸となる同ミュージカルは、北極でサンタクロースに育てられた人間の男の子がニューヨークに実の父親を探しにいく奇跡の物語。子どもの心を持ち続けるピュアな主人公・バディを演じた浜中だが、松本への印象を聞かれると「特にないですね」とツンデレを全開に。松本は「ずっと東京と大阪で環境が違うジャニーズとして生きてきたので、文ちゃんのお芝居のすごさを聞いていましたが、改めてバーニーを演じてる文ちゃんを見て、この期間で作り上げるのはすごいなって」と感心した。

 内容にちなみ、理想のクリスマスの過ごし方を聞かれた浜中は「家でゆっくりしたい」と淡々と答える一方、松本は「僕がお世話になっている相葉(雅紀)くん、兄貴の誕生日がイブなので、兄貴と過ごす時間もあるのでお祝いできたら。あとは宇宙Sixでクリスマスパーティーがしたいと思います」と願望を告白。

 隣の浜中の肩を叩き「そこにバディも来てくれたら。どうですか」と誘う松本だったが、浜中は「ちょっと行きたくないです。ちょっと宇宙Sixはいいかな。共演が続いてたから…」と塩対応。報道陣から「(共演が続いた)今年の締めくくりにいいのでは?」との提案には「ホンマにやるんですかね?」と疑いの眼差しを向けながら「やったらいきます」と渋々了承。松本は「じゃあ企画します!」とめげずにアプローチしていた。

 このほか共演の沙央くらま、東山義久、吉田メタル、鳳翔大、ブラザートム、一路真輝らが登壇した。

(提供:オリコン)


このページのTOPへ