関ジャニ、息ピッタリの高速ダンス

「ハイチュウ」新CMに出演する関ジャニ∞
 人気グループ・関ジャニ∞が出演する森永製菓『ハイチュウ』新テレビCMが、15日より放送される。同商品の2019年度予想販売量が“8億8千8百万粒”を突破する見込みであることから、新キャンペーンとして高級フルーツを使用した特別なハイチュウ、その名も『∞(エイ)チュウ』が完成。CMでは、メンバーが紋付袴姿で金屏風を背に正座するおごそかなシーンから一転、DJ姿の丸山隆平がハイテンションに盛り上げるクラブシーンに切り替わり、さすがのチームワークを発揮した高速ダンスとキレのある「チュウ」 ポーズが見どころとなっている。

 金屏風の前で、村上信五が日頃の感謝を込めてつくられた特別な『ハイチュウ』を紹介し、横山裕がうやうやしく重箱をオープン。大倉忠義が重箱に入っていた特別な『ハイチュウ』を手に持ち「その名も∞(エイ)チュウ」とお披露目すると、雰囲気は一転、DJ姿の丸山が突然あらわれ「アゲちゃうぜー!」の掛け声とともにダンスミュージックがスタート。安田章大、横山、村上、大倉が息のあったダンスと「チュウ」ポーズを披露する…といった内容。

 撮影現場では紋付袴の衣装に袖を通したメンバーが金屏風の前に並ぶと、正しい座り方や所作をマナー講師の先生から指導を受ける。重箱を開ける役割を担っていた横山は「手の動きはこうしたほうがきれいですか?どうですか?」と、動作を細かく講師に確認する真面目な一面も覗かせる場面も。

 また、安田は「もっとよくしたいので、ダメなところがあったらどんどん言ってくださいね!」と妥協しない姿勢をみせ、ラストの『ハイチュウ』を食べるシーンでは、メンバーから「何度食べてもおいしいなぁ!」と好評。撮影後に行われたテーマソングの収録でも、息ぴったりのチームワークを披露し、最初のテイクから監督が「すばらしいですね!」と感激するほど。わずか数テイクでOKとなり、終始、和やかな雰囲気で進行した。

(提供:オリコン)




このページのTOPへ