『HELLO WORLD』2027Sound監督&P対談

東宝・武井克弘プロデューサー(左)と伊藤智彦監督
 長編アニメーションのヒットメーカー、伊藤智彦監督の最新作『HELLO WORLD』で、主題歌と劇伴を制作したのがOKAMOTO'Sを中心にOfficial 髭男 dism、Nulbarichなど7組が参加した2027Sound。「今もっともおもしろいアーティストたちによって新しい映画音楽の形を創造する」ことをコンセプトとして本作のためだけに結成されたドリームチームだ。その発案者である東宝の武井克弘プロデューサーと伊藤監督に、音楽とアニメーションのタッグが生み出すケミストリーについて聞いた。

■画と音が互いに影響し合う一体となった盛り上がりの実現へ

──まずは、2027Soundプロジェクトの構想の起点を教えてください。
【伊藤智彦】順序としては、まずは一般的なアニメーション映画と同様に脚本家やスタジオが決まり、絵コンテを描き始める頃に音楽周りのディスカッションをしました。その頃はまだ2027Soundの構想は出ていなかったです。
【武井克弘】そうですね。ただ僕としては、企画の段階から「映像と音楽が一体となった盛り上がりを作りたい」というイメージはありました。そのためには、なるべく早い段階で劇伴は揃っていたほうがいい。通常、アニメーション映画の音楽制作ってけっこう最後のほうの工程になりがちなんです。
【伊藤智彦】絵コンテができて、音を乗せたいシーンの尺が決まってオーダーするのが通常の流れ。だいたい編集作業をしている頃に劇伴が上がってくる。劇伴作家さんは、シーンにピタッとハマる劇伴を作ってきてくれるわけです。
【武井克弘】ただそれだとキレイにハマりすぎるというか、もっと画と音が互いに影響し合う工程があったほうが、「映像と音楽が一体となった盛り上がり」が実現できるんじゃないかと。それこそ劇伴を聴きながら絵コンテを描いたりしたら、監督も筆が乗るだろうと考えたのが発想の起点でした。

──そのために劇伴作家に早めにオーダーするという方法もあるかと思いますが、2027Soundというアーティストチームを編成した意図は?
【武井克弘】まず脚本が上がった時点で、通常のアニメ映画のように1人の劇伴作家さんにお願いするよりも、複数の方のお力をお借りしたほうがおもしろくなるというイメージが浮かびました。というのも、本作はSFがベースではありますが、始まりは青春ラブコメで、そのうちアクションにホラーに、タイムサスペンスにスペクタクル、果ては怪獣映画みたいなシーンも出てくる。映画的にいろいろなジャンルが盛り込まれた作品になりそうだから、音楽もシーンごとに違うクリエイターにお願いしたほうがおもしろくなる。あとは、ある種フワッとですが「今の若い音楽リスナーの感性に響く音楽性を持ったアーティスト」に書いてもらいたいと。アニメ映画ファンと音楽ファンが混じり合うような状況を作りたかったんです。
【伊藤智彦】とはいえ、単純にいろいろなアーティストさんを集めて、1本の映画としてまとまりがなくなってしまっては意味がない。全編を貫く柱というか、複数のアーティストのハブとなる存在は必要という話はさせてもらった記憶があります。

──そのハブとなったのがOKAMOTO'S。彼らの人選はどのようにして決まったのですか?
【武井克弘】本作で音楽プロデューサーを務めている成川沙世子さんが、OKAMOTO'Sのメンバーがかなりの映画好きということもあって推薦してくれました。そもそも個人的に、さっき言った「若い感性」を初めて強烈に感じたバンドがOKAMOTO'Sだったんです。彼らのデビューは衝撃で、僕も当時まだギリギリ20代でしたが、音楽性もファッションも「いよいよ感性の追いつかない次世代が現れた」と。「今の時代にそのスタイルでやるか?」という驚きと新鮮さがあって、その感覚がとにかくオシャレでカッコ良かった。それ以来、常に彼らは僕のなかのスターなんです。それから彼らはキャラ的にすごく愛されていると感じていて、いろいろなアーティストと良い交流をされている印象があったので、まさにハブになってもらうのに打ってつけだと思いました。それで、昨年の春頃に成川さん、伊藤監督、僕の3人で会いに行ったんです。
【伊藤智彦】みなさん映画好きなだけに、共通言語が多かったのがありがたかったです。初めてお会いしたときも「音的にはこの映画のこのシーンみたいなイメージなんですよ」と話すと、打てば響くように理解してくれて。主題歌の「新世界」も、初めてお会いしてその少し後くらいに「こんな曲作ったんですけど」とデモを送ってきてくれたんです。それがまさにエンドロールに流れるのにぴったりなメロディー。
【武井克弘】脚本を読んで最初に受けた印象で書いてくれたそうですが、やっぱりアーティストの方って勘がいいなと思いました。
【伊藤智彦】劇伴についても、スケッチ的なものではありますが、かなり初期の頃にOKAMOTO'Sが全43曲分を作ってくれたんです。ただ聴かせてもらってわかったのは、本作においてはロックバンドだけで全編の音楽を作るのは難しいということでした。彼らもそこは理解してくれて、そのうえで「このシーンはこんなジャンルはどうですか」「こんな音色とか楽器が欲しい」「だったらこんなアーティストはどうですか」等々と提案してくれました。それが発展したのが、2027Soundのチーム編成なんです。

■視覚と聴覚情報が異なるほうがシーンに奥行きが生まれる

──OKAMOTO'Sはどのような発想で7アーティストをチョイスされたのでしょうか?
【武井克弘】ジャンルを超えて幅広い交流がある方たちで、まさにOKAMOTO'Sがこの作品のために合うアーティストに声をかけてくれたわけです。我々からしても、その人選は非常に的確でした。僕らは音楽の専門ではないので、その後は彼らのセンスに委ねた部分は大きかったです。

──本作では映画のエンドロールで流れる「新世界」のほか、劇中で流れるOfficial髭男dismの「イエスタデイ」、Nulbarichの「Lost Game」も主題歌としてクレジットされています。
【武井克弘】OKAMOTO'Sさんを含めたディスカッションのなかで決まりました。すでに音楽がかかるシーンは決まっていて、Official髭男dismさんは「時代を代表するポップスのメロディメーカー」、Nulbarichさんは「洋画的なテイストにハマるアーティスト」をイメージしています、というお話をして挙がった2組でした。

──2組にはどのように楽曲をオーダーをされたのでしょうか?
【武井克弘】まず大前提として、「映画抜きに聴ける曲にしてください」というリクエストをしました。つまりシーンをトレースするような歌詞にはしないでくださいと。もちろんシーンに寄り添ってはもらいたいんですが、多少距離を置いてもらいたいというか……。
【伊藤智彦】ようは画面のなかのキャラクターの行動と、歌詞の内容が同じになるのは避けたかったんです。これはあくまで感覚的な話なんですが、視覚情報と聴覚情報がかぶると妙にベタッとしてしまう。それよりも、なんとなくリンクしているんだけど違うことを歌っていたほうがシーンにも奥行きが出て、表現として豊かになる気がするんです。
【武井克弘】微妙なさじ加減の難しいオーダーでしたが、両アーティストとも見事に応えてくれました。おそらく普段のご自身の楽曲制作と近い感覚で作っていただけたのかなと。

──アーティストさんにとって劇伴の制作は「普段の楽曲制作」とはまったく違うものだったと思います。どのようなオーダーをされたのでしょうか?
【伊藤智彦】まずは通常、劇伴作家さんにお願いする際と同様に、シーンと尺を提示してここにハマる音楽を作ってください、というオーダーをしました。ただ、かなり早めにオーダーしているんです。アーティストさんにとっては慣れないクリエイティブをお願いしているわけですし、また我々としても正直どんな仕上がりになるか未知数だったので、余剰期間は必要だろうと。実際、一度上がってきた音をシーンにハメてみて、「ここはもうちょっと盛り上がりがほしい」といったお戻しをさせてもらったこともありました。たゆまぬトライ&エラーをしてくれた彼らには感謝しかありません。

──武井さんがねらっていたように、音が画作りに影響したことも?
【伊藤智彦】それは大いにありました。実際、上がってきた音があまりにもよかったので、音に合わせて尺を伸ばしたシーンはいくつもあります。俺としては初めての経験でした。劇伴作家さんであれば、こちらの意図通りの音を作ってくれるんです。だけどそれが正解とは言い切れない。ようは、音の側面からシーンを検証することができたのが今回はとても新鮮でした。
【武井克弘】まさに当初、想定していた「映像と音楽が一体となった盛り上がり」が作れたのではないかと自負してます。最近の映画館って音響設備が充実していますし、実は音楽を聴くのにもすごくリッチな環境なんです。Yaffleさんが作ってくれたダブステップっぽい劇伴なんてとくにそうで、映画館がクラブになるような感覚を味わってもらえるのではないかと思います。それこそ音楽ファンが音楽を楽しみに映画を観に来るような状況を作れたら、映画会社の人間としてはうれしい。そういうねらいも2027Soundにはありました。

──本作で得た知見を今後どのように活かしていきたいとお考えですか?
【武井克弘】まったく同じ手法はそう簡単にはできないと思います。結果的にかなりのドリームチームになりましたから。ただ作品と企画性にしっかり向き合って、劇伴の作り方そのものを新しく考え直すという経験は、今後確実に活きてくると思います。音楽が映画にもたらす影響の大きさを、今回改めて実感できました。やはり映画制作において、音楽は早めにあったほうがいい。たとえラフでも、映画の企画段階で音楽があったら、また新しいことができるという気もしているんです。そういう意味では、音楽業界とももっと交わりたい。仲間探しをしたいですね。
(文/児玉澄子)

(提供:オリコン)




このページのTOPへ