藤井フミヤ、16年ぶり個展

16年ぶりにアート作品の個展を開催する藤井フミヤ=『デジタルとアナログで想像する 藤井フミヤ展「THE DIVERSITY 多様な想像新世界」』(8月21日~9月1日)
 「TRUE LOVE」などのヒット曲を持つ藤井フミヤが、画家として制作した作品を展示する個展『デジタルとアナログで想像する 藤井フミヤ展「THE DIVERSITY 多様な想像新世界」』が、あす21日から東京・代官山ヒルサイドフォーラムで開催される(9月1日まで)。開幕前夜の20日、同所で内覧会が行われ、レセプションにはフミヤも出席。「16年ぶりに個展をやらせてもらうことになりました。この日が来るのをワクワクしていた」とあいさつした。

 1993年に自身のパソコンで制作したCGアートを発表し、2003年まで国内外で展覧会を開催。それ以来となる今回の個展は、約25年間に制作した新作を含む約100点を展示するもの。

 初期のCGアートや2003年に発表した線画、カッターを駆使した「ハリエ」や「キリエ」などの作品に加え、初公開となるアナログ作品(ボールペン、水彩、アクリル、油彩、ほか)で見せるのは、個展の名称にもあるように、豊かな想像力から生じた「多様性」。

 「美大に行きたかったんですが、途中でバンドに目覚めて、勉強しなかったので行けなかった」と冗談めかしつつ、「日本画や洋画をならった専門的なものはないので、画材はホームセンターなどで手に入るもので、なんかこれでできそうだな、と思ったもので作っている」と、ひらめいたものを自由に、欲求のまま創作していることを明かした。

 展示の中には、針金で女性を描いた作品も見ることができる。最新作は、紙にさまざまな色のボールペンで描いた《ボッティチェリへのオマージュ『Venus and Mars』の模写》。自宅のダイニングテーブルを1ヶ月半占領して制作していたという大作だ。個展に寄せたメッセージでは「常にいろいろな技法を試すので、今なお発展途上。作風というのは一生定まらぬままかもしれない」と自己分析している。

 今回、展覧会の図録製作から会場構成におよぶアートディレクションを担当した、グラフィックデザイナーのおおうちおさむ氏もレセプションに登壇。「デジタルとアナログの多様性もあるが、一つひとつの作品の中にも多様性があって、向き合う人によっていろんな解釈ができる作品が多い」と、魅力を分析。「一つの作品を右回りで見た時と、左回りで見た時とでは、感じるものが違ってくるような、見る人が自分でどう感じるか、編集できるようにした」などと、会場構成のこだわりを熱く語る一幕も。

 フミヤは「おおうちさんにお任せしてよかった。美術館のように感じられるセッティングにしてくれた。図録もすばらしい」と感謝を伝え、「いろんな人に観に来てもらいたい。本当に観に来たほうがいいよ」と来場を促していた。

■開催情報
会期:8月21日~9月1日 前11:00~後7:00(入館は~後6:30)※12日間、会期中無休
入場料:一般・大学生700円、高校生以下無料

(提供:オリコン)




このページのTOPへ