Travis Japan松田、餃子で激走

7月20日放送、『調べるJ』。Travis Japan・松田元太が有名餃子チェーンの餃子だけで東海道を走る!?(C)テレビ朝日
 20日に、テレビ朝日で放送される『調べるJ』(後2:59~4:25)。ジャニーズJr.による番組で、同局では20年ぶりとなる。歌あり、トークあり、そしてJr.たちによる体当たりのロケあり、と盛りだくさんの85分間。その中で、Travis Japanの松田元太は、“餃子”だけで東京・日本橋から静岡・沼津までの140キロを3日間で走り抜く、という過酷なロケに挑戦。この企画にあたり、滝沢秀明氏から直々に指名を受けたという松田が、根性の走りを見せる。

 番組では、ジャニーズJr.たちが、世の中に存在する“怪しいウワサ”の真相を解明するロケ企画を敢行。松田は「餃子だけで東京から京都まで600キロを走るランナーがいる」というウワサを調査する。

 有名餃子チェーンの店舗を見つけるたびに止まり、そこで餃子を食べながら、東海道を走る“東海道餃十三次”を敢行しているという男性に、東京から静岡までの140キロを同行することになった松田。滝沢氏からの「このネタだったら松田がいい」という、まさかの指名に本人も気合い十分。メンバーたちも「一番年下だけどパワフルだし、よく食べるから大丈夫!」と太鼓判を押す。

 東京・日本橋を出発し、すぐに有楽町、新橋…と軽快に餃子を食べていく松田たち。ひたすら走り、ひたすら餃子を食べ、そしてまた走る――最初の13キロほどを驚異のハイペースで走っても、松田は「まだ余裕です」と笑顔を見せる。

 途中にはTravis Japanのメンバーも応援(?)に駆けつけるなど、快調かに見えた松田の“東海道餃十三次”だったが、中盤に差し掛かるころ、まさかの試練が彼を襲う。「餃子しか食べてはいけない」というのがこのチャレンジの絶対ルール。炭水化物、タンパク質、ミネラル、ビタミンなど、必要な栄養素を一気にとることが出来る“完全食”だとはいえ、餃子しか食べられないという条件に、松田にも限界が…! 果たして松田の“東海道餃十三次”には、どんなドラマが待ち受けているのか?

 さらに、前日までに松田から「過酷なロケがある」とだけ聞いていたというメンバーの宮近海斗。「つらいことがあったら連絡しろよ」と声をかけていたそうで…。2泊3日の“東海道餃十三次”、Travis Japan・松田の気迫の走りに注目だ。

■Travis Japan(トラヴィス・ジャパン)・松田元太のコメント

 最初にこの企画を聞いたときは「いや、これはキツそう!」「無理かもしれない!」と思いました。あと、シンプルに「なんで餃子?」と(笑)。餃子はとても好きなんですが、さすがに今回は食べ過ぎましたね…。有名な餃子チェーンなので、近いところだと1キロも走らないうちに次の店舗に出会ってしまうんです(笑)。僕は普段でも、餃子を食べるときは3、4個くらいしか食べないのですが、今回はお店で必ず一皿食べなくてはいけないので、それが一番キツかったですね…! 口にしていいのは餃子と水のみ。ライスすら許されないルールだったので、本当にストイックでした! メンバーたちには、勇気づけてもらおうと思って挑戦する前に「何かあったら電話していい?」って宣言していたんです。結局電話はせずに終わってしまいましたけどね(笑)。

■出演
SixTONES、Snow Man、Travis Japan、HiHi Jets、美 少年
MC:ヒロミ
進行:弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

(提供:オリコン)




このページのTOPへ