『スパイダーマン』吹替声優発表

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(6月28日公開)日本語吹替声優発表(左から)竹中直人、榎木淳弥、高橋広樹
 マーベル・スタジオ映画最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(6月28日、世界最速公開)の日本語吹替版声優が発表された。スパイダーマンこと、ピーター・パーカー(トム・ホランド)役には、榎木淳弥が続投。迫りくる新たな脅威に、スパイダーマンと共に立ち向かう新ヒーロー、ミステリオ/ベック(ジェイク・ギレンホール)役には、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品初参加となる高橋広樹が決定した。

 本作では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界。ヒーローの師匠であるアイアンマン(トニー・スターク)から“鉄の意志”を引き継ぎ、“親愛なる隣人”から世界を守る真のヒーローを目指すスパイダーマン/ピーター・パーカーの成長が描かれる。

 榎木は、「エンドゲーム後の世界で、スパイダーマンの新たな戦いが始まります。ピーターが、スパイダーマンが、ヒーローとしてどのように成長していくのか僕自身も楽しみです。ご期待下さい!」とコメント。

 MCU作品に初参戦となった『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』以降、近年ではアニメーション映画『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』で主人公のヨナ・バシュタ役を演じたほか、テレビアニメ『この音とまれ!』倉田武蔵役、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』パンナコッタ・フーゴ役と、主要キャラクターに起用され、 スパイダーマン同様、作品を重ねるごとに注目を集める。

 本作でMCU作品の吹替声優に仲間入りを果たす高橋は、『HUNTER×HUNTER』のヒソカ役や、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』の城之内克也役、さらに『テニスの王子様』の菊丸英二役などで知られ、絶大な支持を集めるカリスマ声優。以前からギレンホールが出演する作品で吹き替えを担当してきた。

 今回演じるミステリオは、アベンジャーズ最後の戦いの後、別世界の扉が開いたことで異次元から現れる。球状のガラス製シールドをかぶり、緑の光線を操る謎多き戦士だ。高橋は「また、新しいジェイクに会えて嬉しいです。彼は、出演する映画毎に役作りがとても深いので、楽しみです」と語り、ジェイク同様、高橋の新たな魅力も垣間見ることができそうだ。

 さらに、本作のカギを握るニック・フューリー役には長年に渡り本役の吹替を担当し、映画、テレビ、舞台などマルチに活躍する俳優・竹中直人の続投が決定。元S.H.I.E.L.D.長官にしてアベンジャーズを統率してきた彼が、マイティ―・ソー、キャプテン・マーベルら、ほかのアベンジャーズのヒーローたちが不在の中、ヨーロッパ各地に突如現れた脅威を前に、スパイダーマンに共に戦うことを要請する。スパイダーマンに異次元からきたミステリオを引き合わせ、自らも今だかつてない戦いに身を投じていく。

 竹中は「とうとうこの日がやって来た…!! そう!! あのニック・フューリーが《ファー・フロム・ホーム》に登場するその時がっ!! スパイダーマンとニック・フューリーの夢の共演!!! そして…この私が、再びニック・フューリーの声優を務めさせていただくとはっ! 我が心臓が音を立てて軋みだす!わたくし竹中直人、全勢力をかけて挑みたい! そう思っております! どうかよろしくお願い致します!!」とビックリマークだらけのコメントを寄せ、その興奮の度合いを伝えた。

 これまでトニー・スタークのサポートを行い、本作ではピーターをテクニカル面のみならずメンタル面も支えるハッピー・ホーガン役に、大西健晴。ピーターが密かに恋心を寄せるMJ役に、真壁かずみ。ピーターの同級生でもあり、一番の親友でもあるネッド役に、吉田ウーロン太。彼らが通うミッドタウン高校のニュースチャンネルのパーソナリティーであるベティ役に、水瀬いのり。ピーターの叔母であるメイおばさん役に、安藤麻吹らが続投する。

(提供:オリコン)




このページのTOPへ