吉岡里帆、玉森のコスプレに安堵

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』公開記念舞台あいさつに登壇した(左から)玉森裕太、吉岡里帆 (C)ORICON NewS inc.
 人気グループ・Kis-My-Ft2の玉森裕太(29)と女優の吉岡里帆(26)が1日、都内で行われた映画『パラレルワールド・ラブストーリー』公開記念舞台あいさつに登壇。劇中のシリアスな様子から一転して、作品のPRも兼ねて出演したバラエティー番組で“たぬきコスプレ”を披露した玉森に、吉岡は「役と違いすぎて同じ人とは思えない。うれしいというか暖かい気持ちになったし、元気そうで良かったです」とほほえんだ。

 吉岡は「撮影中は、(玉森が演じた)崇史がどんどん辛い状況になっていく上に、玉森さんも痩せていってストイックな現場だったんです」と回顧。そんな様子からのギャップを感じさせる玉森のコスプレに「たぬきの耳をつけしっぽをつけて、小ネタもやってくださった」と笑顔を向けると、玉森も「うん。まあ、ああいう仕事もやらなきゃいけないんです…。本当はめっちゃ楽しかったです」と返していた。

 同作は、人気作家・東野圭吾氏による原作小説を実写化。一つの世界では愛する麻由子(吉岡)と自分が恋人同士。もうひとつの世界では麻由子は親友・智彦(染谷)の恋人になっているという異なる2つの世界に迷い込んでしまった主人公・崇史を玉森が演じている。

 映画の内容にちなんで「解けない謎や困っていること」を聞かれた玉森は「家で物をなくしたくせに、絶対に見つからないことがあるじゃないですか」と前置きして「この間、スリッパを無くしまして。家にあるのはわかっているんですけど」と告白。「見つかりました。デニムの上に乗ってました」と語った

 映画の原作者である作家の東野圭吾氏から手紙が届けられるサプライズも。「これまでに創作したキャラの中でも、飛び抜けて複雑です。引き受けてくれてことに感謝申し上げます」とのメッセージに、玉森も「本当にうれしいし、光栄です。監督にも追い込んでいただき、みなさんの力でできたものなので、みんなに感謝したいですね」とかみしめるように話していた。。

 舞台あいさつにはそのほか、染谷将太(26)、森義隆監督(40)も登壇した。

(提供:オリコン)




このページのTOPへ