田口容疑者作品 出荷・配信停止

湾岸署に移送される田口淳之介容疑者 (C)ORICON NewS inc.
 歌手・田口淳之介容疑者が22日に大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたことを受け、前所属レコード会社のユニバーサルミュージックは23日、同容疑者のCD/映像商品全タイトルの出荷停止およびデジタル配信の停止を発表した。

 同社公式サイトでは「報道のとおり、元当社所属のアーティストであった田口淳之介が大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。当社と田口淳之介とのアーティスト契約は昨年で終了しておりますが、今回の逮捕を受け、過去の作品の販売について下記の対応といたします」とし、「CD/映像商品全タイトルの出荷停止」「全楽曲/映像のデジタル配信の停止」を発表した。

 田口容疑者は2016年3月、10年間在籍していたグループ・KAT-TUNを脱退し、ジャニーズ事務所を退社。17年2月、ユニバーサルミュージックと2年間の専属アーティスト契約を締結したことを発表した。昨年12月には自身のサイトで、18年11月30日をもって同社との契約が終了したことを報告するとともに、自主レーベルを立ち上げて音楽活動を続けることを報告。7月5日からは全国ツアー(全21公演)を行う予定だった。

(提供:オリコン)




このページのTOPへ