レペゼン地球 活動休止の理由説明

人気DJ集団・レペゼン地球が活動休止の理由を報告
 YouTubeのチャンネル登録者数が180万人を超える人気DJ集団・レペゼン地球が30日、自身のチャンネルに動画を公開。今月2日に活動休止を発表した理由を明かした。

 動画内で9月7日と8日の2日間、埼玉県・メットライフドームでのライブ開催を発表。同グループのリーダー・DJ社長は「この度はお騒がせして申し訳ございませんでした」と謝罪後「レペゼン地球は明日からドームの活動準備のため活動休止をさせていただきます」活動休止理由を説明した。

 続けて「たった3ケ月程度ですが、メンバーのSNSなど全て止めさせていただきます。念願の夢のドームということもあり、どうしても世間からの注目がほしく、あまり良くない方法だとわかってはいましたが、わざと理由を伝えず、深刻そうに活動休止の発表をいたしました」と話した。

 最後に「ファンのみなさまに多大なるご心配をおかけしました。本当に申し訳ありませんでした。僕にとってドームは本当に特別で来る日も来る日もこのドームに立つことだけを夢見て頑張ってこれました。ドームに来てくれたら僕は死ぬほど幸せです。なのでよろしくお願いします」とあいさつした。

 レペゼン地球はDJ社長、DJふぉい、DJ銀太、DJまる、マネージャー脇の5人組。2016年3月に1thシングル「5454」をアップロードして以来、これまでに65thシングルまでを発表している。新元号が発表された1日には、30分ほどで「令和」のMVを公開し、話題を集めていた。

 活動休止の発表時に、DJ・社長は「まだ詳しくは話せない」とし「ファンのみなさまや、アンチのみなさまに多大なるご心配をおかけすると思うので、活動休止に入る前の4月中には必ず理由を説明できればなと思っております」と話していた。

(提供:オリコン)




このページのTOPへ