石川由依、所属事務所の退社を報告

石川由依 (C)ORICON NewS inc.
 アニメ『進撃の巨人』のミカサ役などで知られる声優・石川由依(30)が30日、自身のブログを更新し、所属していた砂岡事務所を離れることを発表した。

 石川は同事務所の関連会社である「劇団ひまわり」に6歳の時に入団。「東京ひまわりに編入したのが、小学校5年生の4月。砂岡事務所に移籍したのが、高校1年生の9月。23年半という、とてもとても長い時間を、劇団ひまわりで過ごしてきました」と振り返り、「たくさんのことを学ばせていただいたと同時に、ひまわりが自分の居場所でした」と胸の内を吐露。

 関係者やスタッフに感謝の言葉を並べ「第2の家のような場所を離れるのは、もちろん寂しいし、怖い気持ちもあります」「でも、ずっと同じ場所にいたからこそ、一歩外の世界を見てみたいと思うようになり…ひまわりを離れるという、自分にとってとても大きな決断をしました」と決断の理由を明かした。

 2007年7月から更新したブログも今回が最後となるが「今後の情報は、何かしらのSNSでお知らせできるよう準備していますので、今しばらくお待ちください」と呼びかけ。今後に向けて「新しく一歩を踏み出す私を、これからも温かく見守っていただけたら嬉しいです!皆さまに恩返しできるよう、もっともっと精進していきます」と決意を新たにしている。

(提供:オリコン)




このページのTOPへ