横浜流星、ファン3000人と握手

写真集『流麗』重版記念イベントを開催した横浜流星
 俳優の横浜流星が29日、都内で2nd写真集『流麗』4度目の重版を記念したイベントを開催。わずか3日で応募総数1万5000件が集まり、厳正な抽選の結果チケットを手にした約3000人のファンと握手で交流した。

 今年1月期に放送された連続ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)でピンク髪の不良高校生“ゆりゆり“こと由利匡平を演じた横浜。ドラマ終了後は”ゆりゆりロス”のワードがSNSを駆け巡り、自身の公式Instagramのフォロワー数はドラマスタート前の14万人から82万人(29日現在)へと激増するなど、一躍大ブレイクを果たした。

 人気に伴い、2nd写真も4度目の重版が決定し、累計発行部数は5万部に到達。この状況に横浜は「本当にうれしいです…! 3月にあった東京や大阪のイベントに来られなかった方々もたくさんいらっしゃったと伺って、ドラマ後に応援してくだる方が増えたんだなと実感しますね」とにっこり。イベントで「天下を目指して」「新人賞を獲って」といった声を掛けられたことから「その期待に応えたいです。いつか本当に天下を取れる くらいに…気合いを入れます!」と意気込んだ。

 3000人のファンの中には「小さい子から60代の方まで、本当に幅広い方々が来てくださって、すごくパワーをもらえました。5年前に出演した『トッキュウジャー』の変身道具を身に付けて来てくれたお子さんもいて、すごくうれしかったです」と充実感たっぷり。「中には『年上だけど好きでいていですか?』と言われる方もいらっしゃったんですけど、全然年齢なんて関係ないです! 応援してくださること自体が光栄ですし、励みにもなります。自分も恩返しができるように頑張るしかないと、あらためて思いました」とさらなる飛躍を誓った。

(提供:オリコン)




このページのTOPへ