新人歌手新浜レオン、新勝寺で祈願

成田山新勝寺でヒット祈願した新人歌手・新浜レオン
 令和元年の初日となる5月1日にデビューする歌手の新浜レオンが29日、成田山新勝寺でヒット祈願の御護摩祈祷と歌唱イベントを行った。

 ゴールデンウィークでにぎわう同所には、大本山ならではの神聖な空気が漂い、大本堂内は静寂な雰囲気に。午前11時、御護摩祈祷に参加した新浜は真剣な表情で最前列に正座し、覚悟を感じさせる表情を浮かべた。その後の本堂前でのフォトセッションでは、報道陣のカメラに一般参拝客は驚きの表情で周囲を囲んでいた。

 本人が通行人にうちわを配布し、午後1時から総門前広場で歌唱イベントがスタート。まずは「青春時代」をカバーで披露した。「はじめまして、令和元年5月1日『離さない 離さない』という歌謡曲でデビューさせていただくことになりました新浜レオンです」とあいさつし、「大東文化大学でのミスター大東コンテスト2017に応募した際、この曲を歌ってグランプリを獲ったという思い出もあります」と曲の思い出を語った。

 同地でイベントを開催できたことについて「子供の頃から欠かすことなく元旦には初詣に来させていただいた本当に大切な場所がここ成田山新勝寺です。その成田山新勝寺でイベントをさせていただけることに、この上ない幸せを感じています」。改元日にデビューすることについては、「令和元年というまたとない機会でデビューさせていただくことに、まずは感謝の気持ちでいっぱいです。令和の時代を代表するような、そしてたくさんの方々に愛される歌い手になれるように頑張ります」と意気込んだ。

 そして、デビュー曲「離さない 離さない」を披露。MC中の掛け合いの練習も効果もあり、「離さない 離さない」というサビの部分、合間での「レオン」コールで会場一体となっての盛り上がりをみせた。

(提供:オリコン)




このページのTOPへ