宇宙Six「歴史に残る作品に」

(前列左から)原嘉孝、山本亮太、江田剛、松本幸大 (C)ORICON NewS inc.
 ジャニーズJr.内グループの宇宙Six(松本幸大、江田剛、山本亮太、原嘉孝、目黒蓮)が出演するミュージカル『のべつまくなし』が25日、東京・サンシャイン劇場で開幕した。

 同作は、「笑って、泣けて、考えさせられて、カッコいい」をテーマに、初めて演劇を見る人でもわかりやすい内容のエンターテインメント作品を常に追求し続けている劇団「30-DELUX」とのコラボ企画第2弾。近松門左衛門、紀伊國屋文左衛門ら江戸時代の著名人が多数登場するオリジナル和物ミュージカルを披露する。

 上演直前には、キャスト陣が役衣装のまま取材に対応。江田が「年号が変わるタイミングのミュージカル。歴史に残る作品にしたい」と気合十分に語ると、松元も「宇宙Sixとして、いろんなことに挑戦し続けてきた。『のべつまくなし』もその一つです」と、まっすぐ前を見据えた。

 見どころに話題が及ぶと、山本は「歌、ダンス、芝居、アクションと盛りだくさん」と胸を張る。「個人的には…」と切り出した原は「衣装的に腹チラがあるんですよ。そのために体のケアもやってきました」と、ほほ笑みながらアピールしていた。

 公演は、きょう25日から5月6日まで同所、5月9日に愛知・青少年文化センター(アートピア)、15日から18日まで大阪・サンケイホールブリーゼ、23・24日に福岡・北九州芸術劇場 中劇場で行われる。

 取材にはそのほか、笠松はる、村瀬文宣、竹野内景樹、日野真一郎(LE VELVETS)、清水順二が出席した。

(提供:オリコン)




このページのTOPへ