片寄、両親の結婚記念日に親孝行

映画『PRINCE OF LEGEND』初日舞台あいさつに出席した片寄涼太 (C)ORICON NewS inc.
 GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル・片寄涼太が21日、都内で行われた映画『PRINCE OF LEGEND』初日舞台あいさつに登壇。黄色い声援を送るファンに「ちょっと自分ごとなんですけど、きょうは両親の結婚記念日で、そういった日に自分も中心となって携わった作品が公開されるということで、ちょっとだけ親孝行になったかなと思っています。きょうは桜の開花宣言があったということで、この映画も開花宣言ということで、この桜はもっともっと長く咲き続けさせたい」とかみしめるように語った。

 劇中でヒロインを務める白石聖のプリンセスっぷりにも触れ「相変わらず、こいつは冷たいなと(笑)。『久しぶり』と言ったんですけど『あぁーどうも』みたいな感じで」と笑顔を浮かべながらポツリ。白石の似顔絵に挑戦するコーナーでは、渾身の作品をアピールするも、白石から「あー惜しいですね。ほくろ3つなんですよ」とバッサリと切り捨てられるなど、息の合ったかけあいで会場を沸かせた。

 同シリーズは、セレブが集う名門・聖ブリリアント学園にて、3年に一度開催される「伝説の王子選手権」がテーマ。優勝した者ただ一人だけが「伝説の王子」として認められ、「三代目伝説の王子」の座を巡り、14人の王子たちが“トップオブザプリンス”は目指し、ハイレベルでし烈な戦いを繰り広げる。映画版ではついに“頂点”に立つ王子が明らかになる。

 舞台あいさつにはそのほか、飯島寛騎、塩野瑛久、鈴木伸之、川村壱馬、佐野玲於、関口メンディー、吉野北人、藤原樹、長谷川慎、町田啓太、清原翔、遠藤史也、こだまたいちも登壇した。

(提供:オリコン)




このページのTOPへ