海老蔵、麗禾ちゃん襲名に感慨

(左から)四代目市川ぼたんを襲名する堀越麗禾、市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
 歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)の長女・麗禾(れいか)ちゃん(7)が、日本舞踊の「四代目 市川ぼたん」を襲名することが12日、発表された。都内ホテルで行われた会見には、現在市川流の総代を務める二代目 市川紅梅、若手舞踊の三代目 市川ぼたんも出席し、『市川會』で三代襲名披露を行うことが明かされた。

 三代襲名披露は、8月3日から12日まで渋谷・Bunkamuraシアターコクーンで開催され、紅梅は「初代 市川壽紅」、ぼたんは「四代目 市川翠扇」を襲名。海老蔵や長男・堀越勸玄くんらも出演する。

 大勢の報道陣を前に麗禾ちゃんは「この度、私堀越麗禾は『市川ぼたん』の名跡を四代目として相続いたします。どうぞ、よろしくお願いいたします」と堂々とあいさつ。すでにけいこにも入っているといい「楽しいです」と笑顔をみせた。

 その様子を温かく見守っていた海老蔵は「本人も『舞踊、歌舞伎をやりたい』と。その意志を尊重した」と説明し「歌舞伎というのは、男性中心の伝統文化。しかしながら、それではこの時代はいけないだろうと。私は父も他界して三代襲名ができなかった。女性の方では、叔母、妹、娘が三代襲名ができる。こんなめでたいことはなく、話を進めるうちにやりたくてしょうがなかった」と経緯を明かした。

 海老蔵自身も来年「十三代目市川團十郎白猿」を襲名するが「自分の襲名は重圧が大きいので、自分の襲名よりもうれしいですね」とほほ笑むと「これに参加でき、襲名を見られることは、私にとりましても、父にとりましても、(小林)麻央にとりましても本当にうれしいこと。そこにいられることに感謝します」と感慨深げに話していた。

(提供:オリコン)




このページのTOPへ