12月17日 OA
こんにちは!
@FMアナウンサーの中村謙太です。

今週は名古屋の女子サッカークラブチーム
「NGUラブリッジ名古屋」の練習を取材した模様をお届けします!



簡単にこのチームについて紹介しますと・・・

Topチーム、Youthチーム、Jr.Youthチームの3つのチームがあり、

Topチームは、
男性ではJリーグ3部に相当する「なでしこチャレンジリーグ」に参戦。
そして、中学生、高校生で構成されているYouthチームは東海リーグ2部所属。
小学生、中学生で構成されているJr.Youthチームは愛知県リーグ1部に所属していて、
選手たちは、「地域で頑張っている女性活躍のシンボル」になっています。

これまでの戦績は
・愛知県女子サッカー選手権大会 優勝8回
・東海女子サッカーリーグ 優勝3回
・愛知県女子ユース(U-18)サッカー大会 優勝7回(全国出場2回)
・愛知県女子ユース(U-15)サッカー大会 優勝8回(全国出場5回)
という強豪チームです。

取材に伺ったのは11月17日(金)。
練習が行われていた、口論義運動公園サッカーグラウンドは気温7度という寒さでした。
しかし、選手の皆さんは白い息を吐きながら、元気にグラウンドを走り回っていて、私もなぜか少しだけ温かくなったような気がしていました(笑)

お話を伺ったのは、MFの長谷川葵さん。
七夕の7月7日生まれの24歳で、私と同い年でした。



しかし、これまでに兵庫県の高校、埼玉県の大学、
そして東京 世田谷のクラブチームを渡り歩いていて、
サッカーを心の底から楽しんでいる選手だという印象でした。

収録は写真に写っているグラウンドで練習後に行って、
「写真映えする良いグラウンドだな~」と思ってウキウキしながら収録をしていたんですが、練習後すぐに照明を消さないといけなかったらしく、インタビュー中に照明が消えて真っ暗な中で収録を行っていました・・・笑

ですが、激しい練習の後にも関わらず「良い話」を聴かせてくださった長谷川さんに感謝です!



今年のNGUラブリッジ名古屋は、
WESTリーグで第三位を記録、
そして長谷川さん自身は「得点王」と「決定率一位」を
取るなど、まさにエースとして活躍されています。

8年ぶりに名古屋に帰ってきた長谷川さん。
「これまでに関わってきた方々に見てもらえるのが喜び」と語っていたのが印象的でした。
これからも名古屋で活躍されるのを期待しています。



来週は、名古屋で唯一の女子ラグビーチーム
「名古屋レディースR.F.C」が出場している、
12月3日(日)に行われた
「第26回名古屋市ラグビー祭」を取材した模様をお届けします。
来週はバイスキャプテンの川岸由季奈さんにインタビューしました。

お楽しみに!!

中村謙太
12月10日 OA
こんにちは!
@FMアナウンサーの中村謙太です。

南山大学軟式テニス部の元女子キャプテン 楠えりかさん
2回目の登場です。



今週は、楠さんの大学時代のテニス練習や、
これからの展望についてお話しました。

高校時代は、他県の強豪校に通い、全国レベルの強い仲間たちと切磋琢磨していた楠さん。
その後、南山大学に進学し、高校時代ほど周りと競い合える環境ではなくなってしまったそう。
大学卒業後は、地元静岡の企業に就職し、
もう一度、静岡県の国体選手として全国と対戦したいと
夢を語っておられました。

常に高みを目指す、アスリートの息吹を感じました。

また、楠さんは12月10日(日)に行われた
第43回静岡県インドアソフトテニス選手権大会で
見事、優勝されました!

おめでとうございます!!!



来週は、名古屋の女子サッカークラブチーム
「NGUラブリッジ名古屋」のミッドフィールダー
長谷川葵さんにご出演いただきます。



Player's Zone 初のロケに行ってきました!
乞うご期待!!

中村謙太
12月3日 OA
こんにちは!
@FMアナウンサーの中村謙太です。

12月!師走に入りました。
寒くなってきましたが、
アスリートはまだまだ「アツく」活動しています。

今週と来週は、南山大学軟式テニス部の元女子キャプテン楠えりかさんに出演していただきます。



最近よく「なぜ南山大学出身の選手が多いの?」と聞かれます。理由は、私が南山大学出身なので、どうしても多くなってしまう傾向があるようです。申し訳ないです・・・!
しかし、スポーツを頑張っている沢山の選手をどしどし募集しています!是非リコメンドしてください。

ちょっと話は逸れましたが、実力はお墨付きの楠さん。
これまでの戦績は・・・
・第68回全国高等学校総合体育大会 
 個人戦の部 ベスト16
・2014年、2015年は静岡県の国体選手として
 東海予選出場。
・第41回静岡県選抜インドアソフトテニス選手権大会 
 女子の部 優勝
・第42回静岡県選抜インドアソフトテニス選手権大会 
 女子の部 優勝
・春季東海学生対校リーグ戦(2017)
 南山大学 一部昇格

などなど、国体出場経験もある実力者です。

ラーメン屋でバイトをしていたということからもわかる通り、とても陽気な性格で緊張しながらもかなり喋ってくださいました。



今週はソフトテニスと硬式テニスの違いや、テニスを始めたきっかけ、テニスをしていて大変だったこと、それに対しての克服の仕方などを伺いました。

時間の都合上、OAには載せられませんでしたが、
ソフトテニスは基本ダブルスで試合を行い、
楠さんはコート中央のネットに近い前方を守る「前衛」というポジションをやっています。
それに対して、コートの後ろを守る「後衛」というポジションもあって、それぞれのポジションに向いている性格というのも教えてくれました。
それによると「後衛」は、相手が打ったボールを拾うためにコートを右左に走っていなければならないため、比較的「真面目な人」が向いているという話をされていました。
一方、「前衛」は相手を邪魔する役割をするため、生真面目すぎてもダメだそうです。

「これ言ったらペアの人に怒られる~笑」と言いながらもぶっちゃけた話をしていただいてありがとうございました(笑)




来週12月10日(日)は大学時代の部活の話や、
これからテニスをやっていく上での目標などを伺いました。
ちなみにその日、楠さんは、
第43回静岡県インドアソフトテニス選手権大会に出場されていて、まさに試合中ということです!
是非皆さんも静岡県まで足を運んでください。



来週もお楽しみに!!!

中村謙太
11月26日 OA
こんにちは!
@FMアナウンサーの中村謙太です。

東海エリアのスポーツ選手を紹介していく番組Player’s Zone。
今回も、愛知県名古屋市出身のレジェンド、
元プロキックボクサーで世界4階級制覇という偉業を成し遂げた佐藤嘉洋さんにお話を伺いました。



今週のテーマは「佐藤さんのボクシング以外の才能」。
興味深い才能に巡り合えました。

まず、インタビューの仕込みをする際に佐藤さんのTwitterを拝見したのですが、
アカウント名が「佐藤嘉洋【新明解国語辞典もうすぐ読破】」というキャッチーな名前で、それを見た瞬間から佐藤さんに対しての興味がガクンと上がりました(笑)

OAでもご紹介しましたが、佐藤さんは新明解国語辞典を「読んで」いるんです。
しかもただ単純に意味を調べているだけではなくて、一つ一つの言葉と向き合って、辞書に書いてある意味を一字一句覚えるくらい真剣に、辞書をあたかも本のように熟読している様子を話してくれました。
OAではかなりカットされていますが、「恋」以外にも「愛」と「恋愛」についても意味を完璧に暗記しているのはもちろん、解釈について語り合いました。

来年1月13日(土)には、
新明解国語辞典第7版完全読破記念「#辞書の旅」パーティーも開催されるそうです。
是非佐藤さんのTwitter、オフィシャルブログもご覧ください。

『明るく生こまい 佐藤嘉洋オフィシャルブログ』https://ameblo.jp/sato-kick/entry-12328851315.html

今後はお店の経営をしながら、ボクシング界を縁の下から支えていきたいと語る佐藤さん。
これからも応援していきます。

来週は南山大学軟式テニス部の元女子キャプテン 
楠えりかさんにご出演頂きます。



お楽しみに!!

中村謙太
11月19日 OA
こんにちは!
@FMアナウンサーの中村謙太です。

東海エリアのスポーツ選手を紹介していく番組Player’s Zone。
今回は、愛知県名古屋市出身のレジェンド、
元プロキックボクサーで世界4階級制覇という偉業を成し遂げた佐藤嘉洋さんにお話を伺いました。



佐藤さんがボクシングで世界制覇をしたという話は周知の事実ですが、佐藤さんのすごいところはボクシング以外でも才能で溢れているところです。

今週と来週、2週に渡って佐藤さんとお送りしますが、1週目は「キックボクシング」に関する話を、2週目は「ボクシング以外の才能」についての話をお送りしていきます。



「愛を知る県、愛知県から来ました 佐藤嘉洋です。」というキャッチーな自己紹介から始まったインタビュー。
最初は、「改めてキックボクシングとはどんなスポーツか」ということについて伺い、
キックボクシングとは日本の空手家が作ったスポーツで、ムエタイとはほとんど違いがないと仰っていました。
そして、佐藤さんは最初、キックボクシングではなく、ボクシングをしようと思っていたそうです。ところが、友達と殴り合いの喧嘩になってしまい、佐藤さんがボコボコにされて負けて、それがキックボクシングをするきっかけになりました。

佐藤さんの代名詞と言えば「足技」。
「地獄の膝小僧」の異名も持っています。
「どんな練習をしていましたか?」との質問に、
「キックの練習をひたすらしていました」と語る佐藤さんを見て、誰にも負けない「強み」があるのは、勝負の世界で生き残るために必要不可欠だと感じました。



時間の都合上、OAには乗せられなかったのですが、佐藤さんは試合で激しく打ち合うタイプではなくて、相手の出方をうかがって、相手の嫌な所を攻めていく「玄人好み」なプレースタイルだと語っておられました。
そんな戦い方からもどこか佐藤さんの知性を感じられます。

OAの最後で触れた佐藤嘉洋さんが経営されているお店のURLを掲載します。
是非ご覧ください。

『名古屋JKフィットネス』http://nagoyajkf.com/

『ぶる~と整骨院』http://brht.jp/seikotsuin/


来週は、佐藤嘉洋さんの「ボクシング以外の才能」に迫っていきます。
引き続き興味深いお話を伺うことができました。

乞うご期待!!!

中村謙太
メッセージはこちら 番組Twitter 中村謙太Twitter 中村謙太プロフィール
バックナンバー
このページのTOPへ