12月29日(日)第38回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

今回は、今年最後の放送ということで、今までお迎えしたゲストさんの「人生を豊かにする言葉」を振り返る総集編をお届けしました。

​​​​​​​
詳しくはオンエアをチェックして下さいね。

■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2019/12/29
12月22日(日)第37回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

今回お迎えしたゲストは、あずきバーや ようかんなど、小豆を使った商品を中心に、カステラや肉まん・あんまんといった幅広い商品展開を行う、井村屋グループ株式会社の代表取締役会長、浅田 剛夫さんです。

浅田さんは1942年、三重県の お生まれで、大学を卒業後、大阪の醸造会社を経て、1970年、井村屋製菓さんに入社。そして、入社4年目の駆け出しの ある日、驚きの新規事業を任されます。それがアメリカ発祥のレストラン「アンナミラーズ」の運営で、最盛期には28店舗を展開しました。その後は、東京支店長、調味料事業部長、マーケティング本部長などを歴任、取締役、専務、社長を経て、現在は、井村屋グループ株式会社の会長を務めていらっしゃいます。そんな浅田さんの味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ・アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。

詳しくはオンエアをチェックして下さいね。


■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2019/12/22
12月15日(日)第36回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

今回お迎えしたゲストは、愛知県蒲郡市で創業100周年を超える老舗の製粉・製麺会社、株式会社 金トビ志賀の代表取締役社長、志賀 重介さんです。

金トビ志賀さんは、明治26年、名古屋市西区で生まれた志賀 八五郎さんが創業。幡豆郡三和村、現在の西尾市の水車小屋での修行を終えると、大正6年に奥様と お子さんと一緒に蒲郡へ移り住み、製粉・製麺業を始めました。三河湾を望む蒲郡では、トンビの群れを よく見かけ、その空 高く舞う姿に事業の夢を重ね、小麦粉のマークを「トビ印」と定めます。一方、名古屋城の金の しゃちほこは、八五郎さんにとっては ふるさと名古屋の誇り。そこで、最高品質の小麦粉を「金トビ」と名づけて売り出したところ、大変な評判となり、特に八五郎さんが作る風味の優れた乾麺は、「金トビめん」と呼ばれるようになりました。そんな金トビ志賀の4代目社長を務める志賀さんの味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ・アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。

詳しくはオンエアをチェックして下さいね。


■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2019/12/15
12月8日(日)第35回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

今回お迎えしたゲストは、CBA世界公認バルーンアーティストで、世界大会で何度も受賞されていらっしゃるバルーンアーティストのFUMICOさんです。

愛知女子短期大学で服飾デザインを学んだFUMICOさんは、短大を卒業後、ベビー服のアパレルデザイナー兼デザイン画をもとに型紙を作るという お仕事に就きます。その後は、POPクリエイターとしての活動をはじめ、数々の賞を受賞。また、服飾デザインからヒントを得て、染めた糸でのイラスト制作もはじめます。そんな中、2002年に、バルーンとの運命的な出会いがあり、CBA世界公認バルーンアーティストの資格を取得。現在は、バルーンギフトを販売するネットショップの運営を行いながら、沢山の方に心に響くバルーンを体感していただこうと、ブライダルの演出、店舗・イベントの装飾、風船を使ったイベント、バルーン教室などを開催。そんなFUMICOさんの味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ・アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。

詳しくはオンエアをチェックして下さいね。


■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2019/12/08
12月1日(日)第34回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

今回お迎えしたゲストは、名古屋在住のシンガーソングライター、YUUCAさんです。

4歳からピアノ、声楽を始め、中学校を卒業後、単身でニュージーランドへ留学。孤独な高校生活を救ってくれたのがピアノでした。高校2年生の時に、クイーンズマーガレット女子高等学校へ転校、そこで、イギリス最古の国立音楽大・トリニティカレッジの教授と出会い、教授の薦めで高校卒業後に、トリニティカレッジのピアノ科へ入学。しかし、卒業試験の直前に手の指を骨折してしまい、1年間のブランクを経て、ご自身の中に湧き上がってきたのがポップスでした。帰国後は東京を中心に音楽活動を行い、現在は東京・名古屋を拠点にシンガーソングライターとして活動。今月 行われた名古屋ブルーノート公演も大成功を収め、12月3日にはニューアルバム「JOURNEY」のリリースも控える・・・そんなYUUCAさんの味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ・アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。

詳しくはオンエアをチェックして下さいね。


■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2019/12/01
三重交通グループ
油そば専門店 歌志軒
朝日屋
このページのTOPへ